風水には観葉植物がいい?玄関、寝室、トイレどこに飾る?

2019.04.18

風水において観葉植物が取り入れやすいと聞いたけど、具体的にどんな種類のものをどこに置けば良いかわからないという人へ。今記事では、主に「風水と観葉植物」をテーマに、オススメ観葉植物や置く位置、方角などについてお話していきますね。

観葉植物が風水にいい理由は?

観葉植物には自然の力が集まっている

観葉植物が風水に効果的とされている理由。それは観葉植物に宿る「自然のパワー」が関係しているののだそうです。

太陽の光に向かって伸び続ける植物そのものの生命力はもちろん、土に根を張る力、水を吸収してグングン成長する力など、観葉植物そのものがエネルギーにあふれたインテリアなのです。

自然の恵みやエネルギーをふんだんに取り入れられる観葉植物を生活空間に置いておくことで、部屋全体に自然と調和した良い「気」が流れ、家全体の運気を上げてくれるといわれています。

開運のために部屋の環境を変える風水テクニックは色々とありますが、その中でも特に観葉植物は取り入れるのも手軽ですし、また高い効果が期待できる方法のひとつと言われています。

観葉植物は形と向きに注目

観葉植物には丸い葉っぱや尖った葉っぱ、背の低いものや高いものなど様々な種類のものがあります。

その観葉植物の種類によって、風水効果もまた変わってくるので、観葉植物を風水で取り入れたい場合は、上げたい運気によって使う観葉植物の種類を変えるのがオススメ。

置く方角・位置、葉っぱの伸びる向きなども大切です。風水において観葉植物はどの方位にどの種のものを置いても基本的には全て吉とされていますが、方角によって司る運気も変わってきます。

より効果的に観葉植物のパワーを取り入れたい場合は、それぞれの方角に適した植物や、上げたい運気に合わせた植物を選ぶのがオススメ。方角はお家・お店・事務所等の中心から見た方角をベースに考えるのが目安です。

観賞植物を置くときの注意点

観葉植物を置くときは鉢に注意

風水で観葉植物を取り入れる時に意外と見落としやすいのが「鉢」です。用いる植木鉢の種類は、自然のパワーを発揮しやすい陶器や籐など、自然素材の鉢をチョイスしましょう。

反対に気を付けたいのが自然のパワーを発揮しにくくさせてしまう「プラスチック製の鉢」。これを取り入れるのはなるべく避けるか、やむをえず使うにしても、陶器や籐の鉢カバーに入れるようにしてください。

風水は掃除が基本。観葉植物はきれいに

風水を取り入れるにあたり、何よりも先に始めてほしいのが「掃除」です。掃除はすればするほど、自身の運気が大幅に上昇するとされています。

人生が成功している人の部屋は常に綺麗に整っていて、反対にうまくいかない人の部屋は汚れていることが多いとも言われるほど、風水と掃除は切っても切れない関係にあるのです。

よって観葉植物や、観葉植物の周りを清潔に保つことはとても大切です。いくら開運アイテムを、開運しやすい方角にたくさん取り入れていたとしても、不潔な環境では風水の効果は期待できません。

たとえば観葉植物で気を付けたいのが「葉」ですね。葉っぱや鉢の縁部分にはホコリが溜まりやすいので、まめにふき取ることを習慣づけましょう。

観葉植物を置く効果的な場所とは?

玄関には葉っぱが尖った観葉植物

玄関の観葉植物は「気」の流れを改善させ、活力を与えてくれる効果があります。鉢は清潔感ある白色、または明るいパステルカラーがオススメです。

そして、特に玄関に置きたい観葉植物はユッカ・ドラセナ・コンシンネ・ヒイラギなどの「葉っぱが尖っている植物」です。先が尖った葉っぱを持つ観葉植物は、鋭く強い「気」によって、成長運・発展運・成功運などをアップさせてくれます。

さらに邪気などの悪い「気」の侵入を防いでくれる効果もあり、玄関先や各部屋の出入り口に置いておくことで、厄除け・魔除けなどに活用できます。

「鬼門」と言われる北東や「裏鬼門」の南西に玄関がある場合には、葉っぱの尖った観葉植物を置いておくと良いでしょう。

寝室には癒される丸い葉の観葉植物

寝室に置く観葉植物には目に優しく癒し効果があって、不足している運気やパワーを補う役目も兼ね備えています。鉢のカラーは清潔感ある白色、もしくは温かみある暖色系が良いでしょう。

寝室に置くのにオススメなのはパキラやベンジャミンなどの「丸みを帯びた葉もしくは樹木の観葉植物」です。

上記の植物には調和と財をもたらす効果があり、特に人間関係運や金運の上昇効果が得られやすいとされています。さらに金運アップの場合、西や北西の方角であればより高い効果が得られるでしょう。

金運と健康運が気になる人はトイレに

風水におけるトイレは、放っておくとどんどん汚れが溜まり、家中に汚れた気を広めてしまいやすい場所と言われています。

どうしても悪い気が出てしまいやすいので、それをいかに最小限におさえられるかが運気アップのポイントになるようです。

さらに金運や健康運の要となる場所でもあり、トイレが汚れているだけで金運や健康運が損なわれてしまいやすいとされています。

そんなトイレに置くのにオススメなのが、気を落ち着かせてくれるリラックス効果がある丸い葉の観葉植物がオススメ。サイズが小さめなら威圧感も払拭されるのでより良いでしょう。

ちなみに金運アップに良いとされている丸い葉っぱの観葉植物は、パキラ・ベンジャミン・モンステラ・アロカシア・ガジュマルなどが該当します。

人間関係をよくするならリビング

風水におけるリビングは、家庭運や人間関係運に影響を与えやすい場所です。観葉植物には本来邪気を吸収したり、強すぎる陽気を中和する効果があります。

リビングの中でも気が滞りやすい場所や、陽の気が強い場所に置いてみましょう。たとえば窓の近くに置くことで、リビング全体の「気」の流れを効率的に促すことも可能です。

また、TVなどの電化製品は陽気が強いので、その近くに観葉植物を置くと気のバランスがうまく調和されるのでオススメ。

リビングの空間的に余裕がある場合は、1~1.5mほどの高さの大きめな観葉植物を、少し狭いリビングなら小さめの高さ1m未満の観葉植物がベターです。

リビングにたくさん配置された家電製品は、気を乱してしまうものと考えられています。その為、落ち着きを与えて気持ちを優しくしてくれる「丸い葉」や「下向きの葉」を持つ「陰」の観葉植物を置くとバランスが取れて良いとされています。

自宅以外にも?観葉植物は幸運をもたらす

お祝いには上にのびる観葉植物を

青年の樹・パキラ・コニファーなど、真上の向きに伸びる力の強い観葉植物は、成長・発展のシンボルとして仕事運や勉強運アップなどに取り入れやすいです。

成長・発展・成功を意味する植物でもあるので、オフィスやお店など仕事場のインテリアグリーンとしてもよく用いられます。

基本的に縁起物にあたるので、誕生日などのプレゼントにはもちろん、開店・開業・新築祝いなどに贈っても喜ばれます。また、葉っぱが上向きに伸びる観葉植物を選んでも良いですね。

オフィスにも?ミニ観葉植物

オフィスに観葉植物をポンと1鉢でも置いてあると、それだけでオフィス全体の癒し・リラックス効果がアップします。

机の上など仕事をする場所には、サンスベリア・ドラセナ・ユッカなどのミニサイズの観葉植物を置くのがおすすめです。

仕事の邪魔にならない大きさですし、角が丸い木製のインテリアと一緒に置いておくことで、より癒し効果も得られやすいです。

風水で観葉植物を取り入れよう

風水における観葉植物は、簡単に取り入れられて、かつ高い効果が見込めるアイテムの一つです。恋愛運・仕事運・健康運など、上げたい運気に合わせてお気に入りの観葉植物を見つけ、効果のあるといわれる方角に飾ってみれば、運気が上向いてくるかもしれません。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME