宝塚の花組の特徴とは?公演の楽しみ方と歴代トップをご紹介

2019.04.13

圧倒的な歌唱力と惹きこまれる演技力で、夢中になる人続出中の宝塚歌劇団。宝塚には5つの組とどの組にも属さない専科があります。組それぞれに特徴があり、魅力も様々。そんな宝塚歌劇団から今回ピックアップしたのは「花組」。花組の特徴をはじめ、公演の楽しみ方、歴代トップの役者など内容も盛りだくさんです。ぜひ、チェックして宝塚「花組」の世界を楽しんでみてください。

宝塚歌劇団の花組とは

宝塚花組は、どのような特徴があり、どのような魅力があるのでしょう。ここでは、花組の特徴、そして、魅力についてご紹介します。現在の花組男役・娘役のトップも載せていますので、魅力と一緒にご覧ください。

花組の魅力

「芝居の月組」「歌の雪組」「芝居の月組」といったように、それぞれの組にはそれぞれの特徴があります。

ご紹介する花組は「ダンスの花組」。花組は宝塚歌劇団創設当初からあり、伝統や歴史も深い組の一つです。宝塚ではお芝居の後にショーを行うのですが、数々の歴史的なショーを世に送り出してきたのも花組だと言われています。

宝塚の原点や伝統を見たいという方には、花組がおすすめ。 The正統派男役とスター素質のある娘役のコラボは、まさに圧巻。ダンスが得意な役者が多数在籍しているため、見ていても楽しくなります。

現在の男役と娘役トップ

現在の花組男役のトップは「明日海りお」さんです。明日海りおさんは、静岡県出身で身長は169センチ。これまでに「エリザベート-愛と死の輪舞-」「ME AND MY GIRL」「邪馬台国の風/Santé!!〜最高級ワインをあなたに〜」など多数の作品に出演しました。

2019年6月には「恋スルARENA」、8月〜11月には「A Fairy Tale −青い薔薇の精−/シャルム!」に出演予定です。ですが、実は8月~11月までの作品が明日海りおさんにとって最後の公演となります。ファンにとっては寂しいですが最後の最後まで応援しましょう。

続いて、娘役のトップですが、現在トップとして活躍している方は「仙名彩世」さんです。仙名彩世さんは、これまでに「仮面のロマネスク/EXCITER!!2017」や「Delight Holiday」など数多くの作品に出演。2019年3月には「Sen-se」、2月~4月には「CASANOVA」に出演しています。4月の公演は仙名彩世さんにとって最後の公演です。花組娘役のトップとなって2年ほどで、これからの活躍を期待していただけに、こちらも少し寂しい気持ちになります。

花組歴代トップ

それではここで、花組歴代トップの方々をご紹介していきます。一度はテレビで拝見したという方もいると思いますので、ぜひチェックしてみてください。

蘭寿とむ

まず最初にご紹介する方は「蘭寿とむ」さんです。蘭寿とむさんは、2011年~2014年まで花組のトップスターを務めていた方。トップ時代には「ファントム」や「戦国BASARA-真田幸村編-」、「アイと革命の詩-アンドレア・シェニエ/Mr. Swing!」など多くの作品に出演。退団後は、舞台やドラマ、コンサートなどを中心に精力的に活動を続けています。

真飛聖

続いてご紹介する方は「真飛聖」さんです。真飛聖さんは、2008年~2011年まで花組のトップスターを務めていた方。主な出演作品は「外伝ベルサイユのばら-アラン編-」「相棒」「愛のプレリュード」「Le Paradis!!-聖なる時間」など。退団後は、映画やテレビに多く出演し、大人気の女優さんになっています。因みに、真飛聖さんは2019年4月から始まる新ドラマ「あなたの番です」に出演予定です。

春野寿美礼

続いてご紹介する方は「春野寿美礼」さんです。春野寿美礼さんは、2002年~2007年まで花組のトップスターを務めていた方。主な出演作品は「エリザベート」「マラケシュ・紅の墓標」「うたかたの恋」「アデュー・マルセイユ」などです。退団後は、舞台やコンサートを中心に活躍しています。

匠ひびき

続いてご紹介する方は「匠ひびき」さんです。匠ひびきさんは、2001年~2002年まで花組のトップスターを務めていた方。主な出演作品は「いっきにパラダイス」「カナリア」「琥珀色の雨に濡れて」「ダイヤモンド・アイズ」など。退団後は、舞台や映画、ドラマやバラエティーなど幅広く活躍しています。

愛華みれ

続いてご紹介する方は「愛華みれ」さんです。愛華みれさんは、1998年~2001年まで花組のトップスターを務めていた方。主な出演作品は「春ふたたび/サザンクロス・レビュー」「〜夢と孤独の果てに〜 ルードヴィッヒII世/Asian Sunrise」「ミケランジェロ ―神になろうとした男- /VIVA!」などです。退団後は、舞台やドラマ、映画を中心に活躍しています。

真矢みき

続いてご紹介する方は「真矢みき」さんです。真矢みきさんは、1995年~1998年まで花組のトップスターを務めていた方。主な出演作品は「ベルサイユのばら」「風と共に去りぬ」「ブルー・スワン」などです。退団後は、舞台や映画、ドラマやCMなど、テレビに引っ張りだこの人気女優として活躍しています。

花組の公演を楽しむには

花組の公演を楽しむ方法は2つあります。その方法についてここで少しご紹介します。

公演チケットを予約

まず最初の花組公演の楽しみ方は、公演チケットを予約して、実際に観劇する方法です。花組の公演スケジュールは宝塚の公式ホームページで確認することができますが、チケットの予約もできます。

「宝塚友の会会員」に入会していればどこよりも早くチケットの販売情報が届くため、誰よりも先にチケットを予約することが可能。もちろんその他にも、宝塚歌劇Webチケットサービスや電話受付、プレイガイドに、劇場窓口など選択肢はいろいろ。

もし、チケットを予約することができなくても、数に限りはありますが「当日券」というのもあります。劇場で観劇すれば、感動はもちろん、宝塚そのものの雰囲気を肌で触れることができます。ぜひ、様々な方法を試して実際に足を運んで観劇してみましょう。

DVDなら自宅で動画鑑賞できる

花組の公演を楽しむもう一つの方法は、DVDで観賞することです。宝塚歌劇団のDVDはネットでも購入できますし、レンタルショップで借りることもできます。

自宅ということもあり、周りの目を気にすることもないですし、好きな時間に見れるというメリットがあります。

DVDを購入、借りに行くのが面倒という方には、スカパーやAmazonのプライムビデオがおすすめです。宝塚歌劇団では、「スカイステージ」という宝塚専門チャンネルがあります。これはスカパーや光テレエビなどと契約してみることができるサービス。スカパーであれば月3377円で視聴ができ、豪華なプレゼントが当たるチャンスや過去の公演を見ることもできます。

一方のプライムビデオは、レンタルとして視聴する方法です。値段もDVDによって異なりますが、レンタルショップにわざわざ行く手間が省けるためおすすめなのです。もちろん、返し忘れるということもなくなります。

華やかな舞台が観たいなら花組

花組は宝塚の中で最も歴史のある組で、歌やダンスで魅せる華やかな舞台が特徴的です。ぜひ劇場やDVDで花組の魅力を堪能してほしいです。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME