ビールをカルピスで割ると?甘くておいしいダブルカルチャード

2019.04.10

ビールを飲むのが苦手だから何かと割りたい、最近カクテルにハマっているという人におすすめなのが、ビールとカルピスのカクテルです。美味しいの? と思うかもしれませんが、実は非常に人気がある組み合わせで、甘いものが大好きな若い女性などに人気なカクテルです。

ビールとカルピスのカクテルが話題に?

子どもの頃に一度は飲んだであろうカルピス。しかし大人になると、最近飲んでいないという方も多いのではないでしょうか?

そんな方におすすめなのが、大人ならではのカルピスの味わい方である『ビール×カルピス』の組み合わせです。

一時期Twitterなどで話題にもなり、大評判だったこちらのカクテルについて掘り下げていきます。

名前はダブルカルチャード

ビールとカルピスを混ぜたカクテルの名前はダブルカルチャードといいます。なんともおしゃれな名称ですね。

「カルチャード」とは発酵という意味。ビールとカルピス、2つの発酵飲料を組み合わせているため、ダブルカルチャードというわけです。

ビール会社もおすすめの飲み方

実はダブルカルチャードというネーミングの発案者は、カルピス株式会社の社員の方だそうです。カルピスを販売しているアサヒが運営する公式サイトでも、レシピが紹介されるほど有名な飲み方です。

ビールが嫌いな人も飲めちゃう?

ダブルカルチャードの魅力は、カルピスがビールにもたらしてくれる濃厚な甘味とほのかな酸味です。

ビールといえば苦いイメージで、実はあの味が受け付けられないという人も少なくはないでしょう。

しかしカルピスを加えることで、カルピスの濃密な甘さが苦味を調和し、ビールが嫌いな人でもジュース感覚で楽しめます。ビール嫌いな人にも勧められるカクテルですので、機会があればダブルカルチャードを振る舞ってみてください。

ダブルカルチャードの作り方

実際にダブルカルチャードを作るポイントを3つ紹介します。用意するものもほとんど必要ないため、簡単に作れますよ。

用意するものは?

用意するものはビールとカルピス、グラスだけです。どんなビールが適しているのかは後ほど説明しますので、まずはカクテルの作り方を見ていきましょう。

ビールとカルピスの分量

諸説ありますが、鉄板の割合は、『カルピス原液1:ビールは5』となります。カルピスの原液は非常に濃いため、カルピスは少量でも十分です。

甘すぎるのは苦手、ビールの苦味を味わいたいという方は、カルピス原液1に対し、ビールの割合を8程度にまで増やしてみましょう。

作り方は非常に簡単で、カルピスの原液をグラスに入れた後にビールを注いで、後は軽くかき混ぜるだけ。時間がない時でもさっと作れますね。

ダブルカルチャードをおいしく作るコツ

やはりお酒はキンキンに冷えた状態でいただくのが一番です。材料にするカルピスの原液やビール、可能ならばグラスも冷やしておきましょう。

ビールを注ぐときは、ビールを全て注がず、はじめに7割投入。ビールの泡が落ち着いてきたら残り3割を注ぎましょう。また、レモン汁を加えると、甘酸っぱい風味をプラスすることができます。

また使用するカルピスの原液をレモン味やマスコット味など、通常とは違うものにすることで、異なる風味を楽しめます。いろいろなカルピス原液とビールを混ぜ合わせて、自分だけのダブルカルチャードを作ってみてください。

カルピスで割るときにおすすめのビール

ダブルカルチャードを作るにあたって、おすすめのビールを2つほどピックアップして紹介したいと思います。

ダブルカルチャードは使用するビールによって風味や苦味を調整できますので、いろいろな組み合わせを試してみましょう。

ビール好きならアサヒスーパードライ

カルピスはアサヒ飲料が販売する飲み物ですから、ビールもアサヒのものを使いたいところです。

アサヒのビールといえば、やはり鉄板とも言えるアサヒスーパードライですね。アサヒが誇る長年の酒造ノウハウにより生まれた苦味と辛味、そしてキレ味抜群な飲み心地。

ダブルカルチャードは濃厚な甘さが特徴的なカクテルですので、多少苦いビールでも程よく合うことでしょう。アサヒスーパードライ以外ですと、キリン一番搾りもおすすめです。

ビールが苦手な人は黒ビールもあり

カルピスと割ってもやはりビールの風味が苦手という方には、黒ビールがおすすめです。黒ビールの濃厚でこっくりとした苦みとほのかな甘みが、カルピスの甘みとよく合います。

黒ビールといえば、やはりギネスがおすすめです。カルピスも甘いため、黒ビールの比率は多少多めにした方が、程よい味わいに仕上がります。

カルピス以外にも飲みやすいビールカクテル

カルピスとビールのカクテルを知って、もっといろんなビールと飲料の組み合わせを試してみたくなったのではないでしょうか。

そこでカルピス以外でもビールと割ったら美味しくなる、絶品カクテルを厳選して2つ紹介します。

シャンディガフ

ジンジャエールとビールを1:1の比率で割ったカクテルです。

名前の由来は不明ですが、イギリスではパブなどで昔から飲まれているという歴史あるカクテルです。

ビールの苦味を抑えつつ、ジンジャエールの爽快感と甘さを味わえるため、ビールが苦手な方や女性でも美味しくいただけると定評です。

作り方は簡単で、ビールをグラスの半分まで注ぎ、静かにジンジャエールを加えます。後は炭酸が抜けないよう、静かにかき混ぜるだけで完成です。

市販のジンジャエールでも良いですが、甘いのがあまり好きではないという方は、ジンジャエールではなくウィルキンソンを代用することで、辛口に仕上がります。

最近はシャンディガフを取り扱っている居酒屋も増えているため、ジンジャエールが手元にないという方は、居酒屋で注文するのも1つの手です。

ディーゼル

ビールとコーラを使ったカクテルです。ビールにコーラは合うのかと思いますが、アメリカではレストランなどでも取り扱っている有名なカクテルです。。

使用するコーラしだいで味が大きく変わりますが、コーラの甘さがたまらないカクテルです。ビールとコーラの割合は1:1が一般的です。

甘党な人はコーラを多めに、ビールが苦手な人はビールの量を多めにするなど、自分の好みに応じて調整が簡単です。

ディーゼルに使用するビールは一般的なビールでも良いですが、ギネスなどの黒ビールを使うことで、コーラの甘味とギネスの苦味が調和し、ほどよい味わいに仕上がります。

ディーゼルはそのまま飲んでも美味しいですが、ソーセージやピザなどジャンクフードとの相性も抜群です。疲れた日やがっつり食べたいときなどは、晩酌のお供にしてみてください。

こちらの記事では、ディーゼルの作り方やアレンジをより詳しく解説しています。

ビールとコーラでつくるおしゃれカクテル。ディーゼルの基本をご紹介

ビールのカルピス割は甘くてさわやか

子どもの頃は一度は口にしたであろうカルピス。大人になると飲む機会は減りますが、ビールと混ぜ合わせることで、ビール嫌いな人でも楽しめるダブルカルチャードに変身します。

ダブルカルチャードの作り方は非常に簡単で、まろやかで濃厚な甘味とかすかな酸味が絶妙にマッチしたカクテルです。またダブルカルチャードは使用するビールによって味が変わるため、自分にあった組み合わせをみつけてみてください。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME