大相撲の場所とは?場所名や会場、日程をくわしく解説

2019.04.09

ニュースなどを見ていれば一度は「大相撲〇〇場所」という言い回しを聞いたことがあるでしょう。ファンでなくても相撲の試合であることは察しがつくと思いますが、これから相撲ファンになっていこうという人にとって、この言い回しの意味はとても重要なものとなってきます。本稿ではそんな大相撲における『場所』について詳しく解説します。

大相撲の場所とは?

冒頭でも述べている通り、相撲において「〇〇場所」という言い回しを聞かない日はありません。何かとても大きなイベントであることはニュース映像を見ていれば理解できます。

しかしこの言葉の意味をどれだけの人が理解しているでしょうか。力士にとって『場所』は相撲人生における最も重要な戦いの場を指す言葉なのです。近年人気が再燃しつつある相撲の場所とは何を示すのかを解き明かしていきます。

本場所とは力士にとっての公式戦

「〇〇場所」の言葉の意味。それは「力士たちにとっての公式戦」を指す言葉です。

現在日本の相撲業界を運営している『日本相撲協会』が行う最大の興行イベントであり、力士たちはこの本場所に出場して結果を出すために日々厳しい稽古に打ち込んでいます。

本場所で行われる『取り組み』は力士の評価に直結し、場所ごとに出される成績を元に出世や降格の審判が下るようになっています。そのため、力士たちはこの本場所で自分の日頃の成果を出せるか否かでその後の相撲人生にも大きな影響を与えることになります。

場所数は年6回、開催地域は4つ

力士にとって非常に重要な本場所。1年のうち1月・3月・5月・7月・9月・11月の計6回行われ、開催地も東京、大阪、愛知、福岡の4つがあります。

詳しくは後述しますが、興行日数を計算すると1年のうちの90日間を公式試合に費やしていることになります。これら本場所ごとの白星・黒星の数で成績がつけられ、その都度力士の階級に当たる『番付』に影響を与えるのです。それだけチャンスがあると同時に、ピンチがあるともいえます。

本場所の進行スケジュール

本場所は基本的に15日間の日程で行われます。

開始は必ず日曜日と決まっており、1日目のことを『初日』と呼称します。初日には前場所の優勝旗返還が執り行われ、そこから幕下力士が1日置きに計7回、幕内力士は休みなく計15回の取り組み(試合)を行います。

1日の日程は朝8時に開始され、番付が低い順に取り組みを行なっていき終盤で大関や横綱の取り組みが行われたあと、最後に勝った力士が弓を使った演武『弓取り』を行なって18時に1日が終了となります。

この日程を15日間繰り返して最終日に当たる千秋楽で優勝者を決定し、授賞式を行なって本場所は終了となります。

各場所の名前や会場、日程をくわしく解説

前項でも軽く触れましたが、各場所にはそれぞれ名前があり日程も少しづつ違うものとなってきます。

開催地については、戦後の日本において復興が進んでいた主要都市に興行目的で行われていたものの名残であり、深い意味はありません。しかし、それぞれの場所には、季節や開催地にちなんだ様々な特徴があります。

ここからは各場所それぞれの呼称や特徴、日程の違いなどを詳しく解説します。

一月場所(初場所)

相撲興行1年の始まりである一月場所は『初場所』とも呼ばれています。

開催日程は初日が第1または第2日曜日となっており、新年が明けてから非常に速いペースで開催される本場所です。会場は言わずと知れた相撲の聖地、東京都墨田区の『両国国技館』です。

特殊な行事として、1年の始まりの本場所であるため、開催初日に優勝額の除幕式と年間最優秀力士の発表が行われます。ちなみに、両国国技館が完成する前は台東区にあった『蔵前国技館』が使用されていました。

三月場所(大阪場所、春場所)

3月に行われる本場所は『大阪場所』または『春場所』と呼称されます。

開催日程は初日が第2または第3日曜日となっており、初春のまだ冷える時期に行われることから体調管理が難しく、欠場する力士も多くなりがちです。

また春場所は卒業シーズンと重なるため新弟子検査を受けてデビューする力士が多く、通常1日で終わる出世披露行事を2日かけて敢行します。会場は大阪市浪岡区にある『エディオンアリーナ』です。

五月場所(夏場所)

五月場所はまだ涼しいながらも『夏場所』と呼ばれます。

会場は初場所同様に、東京の両国国技館です。日程は初日が第2日曜日と確定しています。

この頃は気候が穏やかであるため力士たちのコンディションも上々で、万全の力士たちによるダイナミックな相撲観戦が楽しめることでしょう。

七月場所(名古屋場所)

夏真っ盛りの七月場所は『名古屋場所』と呼称されます。

会場は愛知県名古屋市にある『ドルフィンズアリーナ』です。日程は夏場所同様に初日が第2日曜日に確定しています。

名古屋場所の一番の特徴は、『暑さ』です。椅子席の場合は会場のエアコンにほど近く肌寒く感じるほどですが、反対に土俵近くの溜席には空調の効果が薄く、力士たちの熱気も相まって汗だくで相撲をみることになります。

名古屋場所に出向く際はかならずうちわなどを持っていきましょう。しかし「力士の熱気を間近で感じたい」という人であればぴったりの本場所かもしれません。

九月場所(秋場所)

九月場所は『秋場所』とも呼ばれ、初場所・夏場所と同様に、東京の両国国技館で開催されます。

日程は第1もしくは第2日曜日に初日が行われます。この頃になると暑さも多少和らぎますが、それでも残暑は厳しく、しっかりと対策して行かなければ大変な思いをします。

そして秋場所最大の特徴は新人力士たちの成長でしょう。相撲ファンは、「夏巡業の成果がストレートに出る」といわれるこの秋場所を通じて、将来有望な力士を見極めます。

十一月場所(九州場所)

1年の興行を締めくくる十一月場所は『九州場所』とも呼称されています。

会場は福岡県福岡市の『福岡国際センター』です。日程は第1もしくは第2日曜日に初日が開催されます。

九州場所の特徴は、他の3箇所に比べてダントツの広さがある点でしょう。また、九州場所には他の本場所にはない独特の熱がこもった声援があり、福岡の人々の相撲好きオーラを楽しむことができます。

また、11月の福岡とはいえ冷えることがあるため防寒対策も用意した方がよいでしょう。

場所ごとの豆知識

ここまで本場所それぞれの会場について解説してきました。しかしここまでの解説した特色の他にも場所ごとに大きな特徴が存在しており、それが相撲ファンにとって1つの名物となっているのです。ここからはそんな『場所ごとの豆知識』を紹介します。

天覧相撲は1・5・9月場所のいつが多い?

天皇家とゆかりがある相撲業界は時折東京で行われる本場所に天皇皇后両陛下を招待することがあります。これを天覧相撲といい、遭遇できることは稀です。

もし天覧相撲に遭遇したい場合は、比較的確率が高い『初場所の中日(8日目)』にチケットを取ることをおすすめします。天覧相撲の際は普段の本場所と少し違う雰囲気を楽しむことができます。

3・7・11月場所の「相撲列車」って?

相撲列車とは大阪、名古屋、九州場所に東京から力士が団体移動する際に乗車することを相撲列車と呼びます。

相撲列車は本場所前の番付発表前日に見られることが多いので、この日を狙って駅を張り込むといいでしょう。駅のホームを力士たちが一斉に移動する光景は圧巻です。

場所ごとの雰囲気のちがいにも注目

1年間のうち1・5・9月に東京の国技館で、3・7・11月には大阪・名古屋・福岡でそれぞれ行われる大相撲の本場所。本稿で紹介したことを参考にテレビ中継の際には場所ごとの雰囲気のちがいにも注目して見てください。

またぜひ1度は生で本場所を観戦したいというときも、場所ごとの違いを知っていれば大相撲がもっと楽しくなります。ぜひ観戦のおともにこの記事を参考にしてみてくださいね。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME