宝塚出身女優10選。テレビドラマや舞台で活躍中なのは誰?

2019.04.09

兵庫県宝塚市に本拠地を置いている宝塚歌劇団。宝塚歌劇団に入所するためには、倍率何十倍ともいわれている狭き門を突破しなければなりません。そんな厳しい世界で活躍してきた役者の中には、現在テレビドラマや舞台で活躍している女優がたくさんいます。ということで今回は、宝塚出身女優について。皆さんもご存知の女優をたっぷりと紹介します。

元宝塚男役の女優

宝塚は、5つの組と専科から成り立っています。組それぞれに男役・娘役のトップが存在し、それぞれの特徴を生かした舞台を公演中です。

そんな宝塚のトップスター・トップ娘役の中には、テレビや映画へと舞台を移し、大活躍されている女優も数多く存在します。宝塚時代に出演した作品と合わせて、ここからご紹介していきます。まず最初は、元宝塚男役の女優からです。

天海祐希

まず最初にご紹介する方は「天海祐希(あまみゆうき)」さんです。天海祐希さんは、1993年~1995年まで月組のトップスターを務められた方で、通常10年はかかるといわれるトップスターへの道のりをわずか6年半で成し遂げるなど、伝説的な人気を誇りました。

宝塚時代の主な出演作品は、トップスターとして初主演を果たした「ミー・アンド・マイガール」のほか、「風と共に去りぬ -バトラー編-」「Beautiful Tomorrow!」などがあります。現在は、ドラマや映画、CMにアニメの吹き替えなどあらゆる分野で大活躍なさっています。

真矢ミキ

続いてご紹介する方は「真矢(まや)ミキ」さんです。真矢ミキさんは、1995年~1998まで、花組のトップスターを務められました。

当時宝塚の男役の常識であった「派手なメイク」や「リーゼント」といったビジュアルを破壊し、より男性らしい「ナチュラルメイク」や自由な「長髪」を導入するなど、革新的な演出を取り入れました。そのため、宝塚時代の真矢ミキさんは『ズカ(宝塚)の革命児』と呼ばれるほどだったとか。

宝塚時代の主な出演作品は「エデンの東/ダンディズム!」「Ryoma 〜硬派・坂本竜馬!II〜」「失われた楽園/サザンクロス・レビュー」「風と共に去りぬ」など多数。現在は、映画やドラマへの出演のほか、キャスターとしても活躍しています。

真琴つばさ

続いてご紹介する方は「真琴(まこと)つばさ」さんです。真琴つばささんは、1997年~2001まで月組のトップスターを務められました。

『華の71期』と謳われた実力派ぞろいの同期の中でも、4つの組のトップスターを占めた『71期四天王』の1人です。伝説的な黄金世代の中でも、さらにトップの座に君臨されていたわけですね。

主な出演作品は、トップスター就任公演である「EL DORADO」や、「チェーザレ・ボルジア/プレスティージュ」「黒い瞳/ル・ボレロ・ルージュ」「うたかたの恋/ブラボー!タカラヅカ」など多数。現在は、女優や歌手としても活躍されています。

紫吹淳

続いてご紹介する方は「紫吹淳(しぶきじゅん)」さんです。紫吹淳さんは、2001年~2004年まで月組のトップスターを務められました。宝塚トップスターとしては珍しく、花・星・月・専科と、4つの所属先を経験した方でもあります。

主な出演作品は「愛のソナタ/ESP!!」「薔薇の封印-ヴァンパイア・レクイエム」など多数。現在は舞台を中心に、ドラマやバラエティーで活躍しています。

元宝塚娘役の女優

元宝塚男役の女優をご紹介したところで、ここからは元宝塚娘役女優についてご紹介していきます。

檀れい

まず最初にご紹介する方は「檀(だん)れい」さんです。檀れいさんは、2つの組で2度も娘役トップになられた方です。一度目は1999年~2001年までの月組娘役でトップ。二度目は2003年~2005年までの星組娘役でトップを務めました。

主な出演作品は「うたかたの恋/ ミリオン・ドリームズ」「夢幻花絵巻 / ブラボー!タカラヅカ」「LUNA-月の伝言- / BLUE MOON BLUE 月明かりの赤い花」など多数。現在は、舞台や映画、ドラマにCM、ナビゲーターなど幅広く活躍しています。

黒木瞳

続いてご紹介する方は「黒木瞳(くろきひとみ)」さんです。黒木瞳さんは、1982年~1985年まで月組の娘役トップを務めていた方です。

宝塚史上最速の、入団2年目でトップ娘役に抜擢されるという快挙を成し遂げるなど、当時からその才能は高く評価されていました。

主な出演作品は「あしびきの山の雫に 」「翔んでアラビアン・ナイト – 」「二都物語」など多数。現在は、ドラマや映画で大活躍の、押しも押されもせぬ大女優ですね。また、アニメの吹き替えやCM、映画監督など他方面に活躍の場を広げています。

紺野まひる

続いてご紹介する方は「紺野(こんの)まひる」さんです。紺野まひるさんは、2002年に雪組の娘役トップを務めていた方で、同年に退団しました。

主な出演作品は「虹のナターシャ/La Jeunesse!」「SAY IT AGAIN」「ささら笹舟」「宝塚 雪月花/サンライズ・タカラヅカ」「アンナ・カレーニナ」「追憶のバルセロナ/On the 5th」など多数。現在は、ドラマや映画、CMやナレーションなどで活躍しています。

純名りさ

続いてご紹介する方は「純名(じゅんな)りさ」さんです。純名りささんは、1995年~1996年まで花組の娘役トップを務めていた方。純名りささんは雪組も経験しています。

主な出演作品は「哀しみのコルドバ/メガ・ヴィジョン」「エデンの東/ダンディズム!」「紅はこべ/メガ・ヴィジョン」「花は花なり/ハイペリオン」「ハウ・トゥ・サクシード」など多数。退団後も様々な舞台で活躍し、現在は、映画やドラマ、アニメの吹き替えなどで活躍しています。

宝塚の歴史。ベテラン女優

元宝塚男役・娘役のトップをご紹介しましたが、ここでは、宝塚の歴史と伝統を象徴する、ベテラン大女優2人をご紹介します。

大地真央

まず最初にご紹介する方は「大地真央(だいちまお)」さんです。大地真央さんは、現在63歳で、1973年に宝塚に入団。1982年に月組のトップに就任し1985年に退団しました。黒木瞳さんが月組でトップ娘役を務めていた時のトップスターでもあります。

主な出演作品は「情熱のバルセロナ」「まい・みらくる」「ムーンライト・ロマンス」「二都物語」など多数。現在は、ドラマに映画、アニメの吹き替えやCMなど幅広く活躍しています。私生活では2度の結婚を経験しています。

八千草薫

続いてご紹介する方は「八千草薫(やちぐさかおる)」さんです。大女優としてのイメージが強く、宝塚出身と知らない方も多いのではないでしょうか?

宝塚時代には花組と雪組を経験。主な出演作品は「文福茶釜」「ジャニンヌ」「源氏物語」「ジャワの踊り子」「人間萬歳」「みにくい家鴨の子」など多数。退団後も精力的に舞台で活躍しました。

現在は、映画を中心にドラマやCMなどで活躍しています。八千草薫さんはこれまでに「日本アカデミー賞」「毎日映画コンクール・田中絹代賞」「山路ふみ子映画賞・功労賞」など数多くの賞を受賞しています。宝塚は、日本を代表する大女優をも育ててきたのですね。

2019年2月、肝臓ガンであることが発覚し、現在は休養中。多くの方が一日でも早い回復を願っています。

元タカラジェンヌはテレビや舞台で活動中

いかがだったでしょうか?宝塚出身の女優はテレビドラマや舞台、ミュージカルなど様々なジャンルで活動している人が多く、中には「あの人も宝塚だったの?」と思う意外な方も。

宝塚の舞台を彩ってきた、元タカラジェンヌの演技は折り紙付き。ぜひ出演作をチェックしてみてください。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME