漫画おすすめ完結済みランキング。今だからこそ読みたい漫画の数々

2019.04.04

過去に名作と言われつつも、完結してしまった漫画はたくさんあります。その中で今だからこそ読んでおきたい漫画とは、いったい何があるのでしょうか。

今回は完結した漫画の中で読んでもらいたいおすすめの漫画を、短編・中編・長編・王道編に分けてご紹介していきます。

1〜5巻で完結する短編おすすめ漫画

1位 君の名は。/琴音 らんまる

2016年に映画化して話題をよんだ「君の名は。」ですが、漫画になっているのを知らない人も多いのではないでしょうか。

東京生活に憧れている田舎で過ごす『宮永三葉』と、東京に暮らす『立花瀧』。2人はまったく違う場所で暮らしているにも関わらず、ある日突然お互いの体が入れ替わっているという現象に陥ります。

最初は戸惑いながらもお互いの生活を過ごしていくうちに、2人は互いを意識するように。しかしある日を境に、入れ替わりがなくなってしまう…。

なぜ体が入れ替わったのか?なぜ急に入れ替わりがなくなったのか?そして、2人は出会うことができるのか?

謎に包まれつつも、必ず感動を与えてくれるラストを漫画でぜひ感じてみて下さい。

2位 orange/高野苺

「orange」は世界9か国で翻訳出版をされるほど話題を呼んだ、学園ストーリーになります。

ある日『高宮菜穂』が高校2年生になった日、一通の手紙が届きます。差出人は自分。出した覚えのない手紙は、26歳になった自分が書いた未来の手紙でした。

内容は東京から引っ越してくる『成瀬翔』が自殺するのを阻止してほしい、という内容。17歳の時に事故にあい死んでしまったが、救うことができたのにできなくて後悔していること。そして『成瀬翔』のことを愛している、ということ。これらが記載されていた。

果たして『高宮菜穂』は、『成瀬翔』を救うことができるのか?また本当に事故だったのか?2人の関係はどうなるのか?

謎に包まれつつも、好きな人を助けるために必死になる彼女の恋心も見逃せません。映画化にもなっていますが、ぜひ漫画を読んで感動を感じてみてください。

3位 僕だけがいない街/三部けい

数々の漫画賞を受賞したミステリー漫画になります。映画化もしており、2016年の代表的日本映画となりました。

主人公の『藤沼悟』は過去に戻ることができる「タイムリープ」という能力を持っていました。発動条件は「事件や事故などの悪いことが起こった時」。事故や事件を防ぐことで、時間をそのまま進めることができる、というものでした。

そんなある日、悟の母親が何者かによって殺される事件が巻き起こる。犯人にされつつも逃げ出した悟は、18年前に戻ることに。なぜこんなに昔に戻ったのか分からなかったが、18年前、同級生が犠牲となった連続誘拐殺人事件と母の死がつながっていることに気づく。

果たして悟は運命を変えることができるのか?先のストーリーが全く読めないので、漫画を見ていても飽きることがない作品となっています。

10〜20巻で完結する中編おすすめ漫画

1位 新世紀エヴァンゲリオン/貞本義行

聞いたことがない人はいないであろう、日本代表アニメ『新世紀エヴァンゲリオン』も実は漫画化しています。連載していた当時のほとんどの人が、作品に引き込まれていきました。

西暦2015年、まだ14歳だった『碇シンジ』は父親に呼び出され、第3新東京市を訪れることに。父親にいきなり言われたのが、エヴァンゲリオンに乗って地球外生命体「使徒」と戦え、という内容でした。

次々と襲ってくる使徒を仲間と共に倒していく碇シンジだったが、若さゆえに常に疑問と戦い続けるようになっていった。果たして、使徒を殲滅することができるのか?

漫画では映画にはないオリジナルストーリーも描かれているので、映画から見ている人も必見です。

2位 JIN―仁―/村上もとか

JIN―仁―は日本でドラマ化もした、タイムスリップをした医師の話です。2011年には手塚治虫文化賞を受賞しており、話題沸騰となりました。

脳外科医を務めている『南方仁』は、ある日突然幕末の江戸時代である江戸時代にタイムスリップしてしまいます。侍たちが斬りあいをすような時代に降りたってしまった仁は、この時代に何をすべきなのかを考えるようになる。

その結果、現代の最先端の知識を用いて近代医療を実現していくことを決めたのだった。実際にいつ戻れるかはわからないが、自分は人を助けることが求められていると言い聞かせあらゆる難病を治していきます。

テレビでは話しきれないストーリーを、漫画で体感してみてください。

3位 金色のガッシュ!!/雷句誠

アニメ化もして少年漫画の中では、知らない人はいないであろう作品になります。

ある日『高嶺清麿』のもとに父からの誕生日プレゼントが。そこには赤い本と共に不思議な少年『ガッシュ』と出会うことに。呪文を用いながらあらゆる敵を倒していきながらも、互いの友情が芽生えていくというワクワクが止まらない作品となっています。

少年が読むべき、『バトル漫画』と呼んでも大丈夫でしょう。

21〜30巻で完結する長編おすすめ漫画

1位 るろうに剣心/和月伸宏

過去に「人斬り抜刀斎」と呼ばれ、人を斬らないと決めた『緋村剣心』が主人公の時代劇漫画になります。原作があまりにも有名になったので、今となっては映画化もされています。

全28巻と長編漫画となっていますが、キャラクター一人ひとりが特徴的で飽きることがありません。主人公だけでなく他のキャラクターのストーリー性も面白さの秘訣なので、何度も読みこんでしまう作品と言えるでしょう。

2位 封神演義/藤崎竜

個性豊かなキャラがあふれる『封神演義』は中国時代の小説をモチーフにしており、少しコミカルな作風から小さい子供たちに人気を博しました。全23巻となっていますが、途中途中出てくるギャグ要素が忘れられない作品となっています。

中国秘伝の術を使ったり、霊獣が出てきたりと子供心をワクワクさせるこの作品は、大人でも楽しく見れるストーリー性あふれるものとなっています。少し大人な漫画に飽きてきたのでしたら、一度昔流行った漫画を見返してみてはいかがでしょうか。

3位 東京喰種 トーキョーグール/石田スイ

ヤングジャンプコミックスにて連載し、爆発的人気を出した漫画となります。アニメ化も決定し、初回放送時にはあまりの作品内容に反響がすごかったと評価をいただいている作品となっています。

一般人だった『カネキ』が人間を食らう「喰種(グール)」へと変わってしまい、人間と喰種とどちらで生きるのかを問われるようになっていきます。そこから人間と喰種の戦いに巻き込まれていき、どう生きていくのか。

残酷な描写とは裏腹に、しっかりと盛り込まれたストーリー性にハマっていくこと間違いありません。一度手に取っていただき、人間と喰種の戦いを除いてみてはいかがでしょうか?

漫画の王道。完結済みおすすめ漫画

1位 NARUTO/岸本斉史

漫画界で知らない人はいないと断言できるほど、話題を呼んだ作品になります。連載が終了するという流れになった時は、多くのジャンプファンを悲しませました。

忍者という中でも最高ランクとされる「火影」に憧れる『NARUTO』。落ちぶれた忍者だった『NARUTO』が、数々の試練を乗り越えていき成長していく様を見て、心動かされた若者は多いのではないでしょうか。

そんな『NARUTO』は全72巻をもって終結しましたが、いまだに多くのファンから愛され続けています。『NARUTO』が成長していく様を、自分に当てはめながら作品を見てみてはいかがでしょうか?

2位 BLEACH/久保帯人

『NARUTO』と同じく、少年ジャンプに連載されていた作品で、アニメだけでなくゲームや映画にも進出するなど多くの評価を得た作品になっています。

少し霊感の強かった『黒崎一護』は、死神である『朽木ルキア』によって死神へと変わってしまう。ただそれは家族を守るためであり、悪霊・虚を退治するためのものだった。ここから様々な事件に巻き込まれながら死神界を生きていくのであった。

この作品は第50回小学館漫画賞をもらっていて、世界累計部数は1億2000万部に到達した。それだけ評価を得ているには、何かしら理由があります。まだ見ていない人は、見ておくことをおすすめします。絶対に見て後悔しないと断言できる作品と言えるでしょう。

3位 鋼の錬金術師/荒川 弘

作品は全部で27巻となっていますが、ストーリーや言葉の重みが他の漫画とは全く違い、命や生き方に関して考えさせられる内容となっています。

禁術とされている人体錬成のせいで、左足と右腕をなくしてしまった兄『エドワード』。そして身体を失い魂だけ鎧に定着された『アルフォンス』との、体を取り返すため旅に出るというファンタジー漫画になっています。

独自の世界観が話題を呼び、世界中から愛される漫画となっています。何か過去の名作を読みたいと感じたときには、一番に読むべき漫画と言えるでしょう。

今こそ長期連載漫画を一気に読んでみよう

長年連載されてきた作品が次々最終回を迎えました。その中でまだ読むのが途中になっている作品はありませんか?今なら最終巻までサクッと読むことができますよ。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME