サーフィンをクールな趣味にする方法。コツやボードの選び方をご紹介

2018.07.31

大人のクールな趣味として人気のサーフィンは、何歳からでも気軽に始められます。サーフィンを安全に楽しむための基本知識や、初心者に向けたサーフボードの選び方などを解説します。東京近郊でサーフィンができる場所もピックアップしました。

サーフィンの基本知識

サーフィンは、子供から大人まで幅広い年齢層に人気のスポーツである反面、海の事故やトラブルに巻き込まれる危険性もはらんでいます。

サーファーは、波の上を自由に動き回っているわけではありません。安全にサーフィンを楽しむためには、ルールやマナーが必要なのです。

安全に配慮したルールを厳守

基本的に、『1本の波に乗ることができるのは1人』というルールがあります。

波にはピークがあり、そのピークに一番近く、且つ1番先に乗った人が『優先』です。

波に乗ることを『テイクオフ』といいますが、優先権を持つ人がテイクオフしているときに、同じ波にテイクオフするのはNGです。この行為は『ドロップ・イン』とよばれ、初心者が最も気をつけるべきルールの1つです。

また、テイクオフの準備をしているサーファーが目の前にいながら、その前を横切る行為(横取り)を『スネーキング』といい、これも禁止されています。

フリーサーフィンの場合は、ルールをしっかり守らないと、多くの人の反感を買うだけでなく、大けがにも繋がります。相手を邪魔してしまったら、一言「ごめんなさい」と声をかけるのを忘れないようにして下さい。

知っておきたい最低限のマナー

ボードに腹ばいになって移動することを『パドリング』といいます。パドリングしながら、テイクオフエリアを探す必要があるのです。

その際、波に乗っているサーファーの進行方向を妨げないように移動するのがマナーです。波の影響を受け、漕ぎにくいかもしれませんが、サーファーの背後を移動するのがベターでしょう。

初心者は波に乗り損ね、水中で放り出されてしまうことがあります。これを『ワイプアウト』といいます。ボードが体から離れ、流されないように、『リーシュコード』というボードと体を繋ぐ紐をつけておくことが必要です。

ボードはロングサイズの重いもので10kg以上になることがあります。ボードが他のサーファーを直撃しないように、身体から離さないようにしましょう。

また『海にゴミを捨てない、汚さない』ことは海を利用する人の最低限のマナーです。

初めてのサーフィンに備えて

初めてのサーフィンでは、コンディションを整え、無理をしないことが大切です。

まずは陸で体づくり

サーフィンはエキサイティングなスポーツで、体のさまざまな筋肉を使います。体力、筋力がないとすぐにスタミナ切れになってしまうので、陸での体づくりが重要です。

特に、自分の両腕で漕いで移動する『パドリング』は、波のある状況では、体力的に相当きついものです。肩の内側にあるインナーマッスルや体幹を鍛えるためのトレーニングをしておきましょう。

また、波の下を潜って波をかわす『ドルフィンスルー』という動作は、大胸筋を使うので、ベンチプレスや腕立て伏せで鍛えておきましょう。

波待ちとは?

サーフィンは波に乗るスポーツなので、『いい波を待つ』ことが必要になります。初心者が必ず習得しなければいけないのが『波待ち』の姿勢やポジショニングです。

ボードにまたがった状態で、上半身はほぼ動きませんが、水中では両足をクルクル回しながらバランスをとります。一見簡単そうですが、初心者はバランスを崩しやすいので、波がないところで練習を重ねましょう。

波待ちのポジションは、他のサーファーの邪魔にならないことが前提となります。沖でもなく、波打ち際でもない中間は、ライディング(波乗り)してくる人とぶつかる可能性があるので注意して下さい。

初心者は、適度な深度があり、波が崩れにくい沖の方を目指すか、人があまりいない場所を選ぶのがおすすめです。

基本動作のコツやポイント

サーフィンの基本動作である『パドリング』と『テイクオフ』のポイントについて解説します。

パドリングのやり方

『パドリング』はボードの上に腹ばいになり、クロールで漕いで移動する動作です。サーファーは波に乗っているよりも、パドリングしている時間の方が長いといっても過言ではありません。

  • ボードの重心の中心と体の中心を合わせる
  • 肩甲骨同士をつけるように体を反る
  • 手の指は自然に開いた状態にする
  • 手、腕の力を抜いて漕ぐ

クロールする際は、時計の1時方向(右腕)から、ボード中心に向かって動かすのがポイントです。普段から、肩を中心とした上半身の筋肉づくり及び柔軟運動をしておきましょう。

テイクオフのやり方

パドルに続いて覚えるべきテクニックが『テイクオフ』です。パドリングの状態から、波の上に立ち上がる瞬間の動作を指します。

  • パドリング時は前傾姿勢で滑り出しの準備をする
  • 立つときは進行方向を見て、目線は下げない
  • 後ろの軸足から前足の順番に立つ
  • 後ろ足の膝を内側に入れて(八の字の足)腰を落とす

テイクオフは波のタイミングを逃さないことが重要です。『ボードに手をつくタイミング』や『足のポジション決め』、そして『立ち上がる姿勢』の一連の動作を素早く行うのがポイントです。

立ち上がったときは、前足にほとんどの重心がかかる姿勢になります。何度も練習し、『前足荷重』を体に覚えさせましょう。

また、『棒立ち』にならないように、『目線』や『腰の落とし方』にも意識を向けてみて下さい。

サーフボードはどう選ぶ?

初心者が失敗しないサーフボードの選び方を解説します。

初心者はロングやセミロングがおすすめ

サーフボードには、『ショート』『セミロング』『ロング』などのさまざまな長さがあり、自分の体重や身長などに合わせて適切なものを選びます。

初心者の場合は、ロング、セミロング、ファンボード(ロングとショートの中間)などがおすすめです。

『ロング』は、面積が広いぶん、浮力が高く、安定感があるというメリットがあります。波の影響を受けにくい点では、最も初心者向けといえるでしょう。

ロングは重くて持ち運びが不便という人や、女性に好評なのが『セミロング』や『ファンボード』です。浮力と操縦性の高さがポイントで、初級~中級向けです。

将来的にショートボードに乗りたい人は、セミロングやファンボードを購入するのがよいでしょう。

サーファー御用達の有名ブランド

サーファーに人気のブランドを3つピックアップしました。ぜひ、ボードを購入する際の参考にして下さい。

オーストラリア発 Stacey

『STACEY SURFBOARDS』は、オーストラリアの人気サーフボードブランドです。

ボードをシェイプする『リー・ステイシー』は、若年ながら、豊かな経験を持ち、どんなにオーダーが殺到しても、自らの手で1つ1つ作業を行うという姿勢を貫いています。

そのため、彼の削ったサーフボードは、多くの有名サーフライダーや世界のトッププロに愛されています。

マルチボードが人気 Rusty

14歳からサーフボードに親しみ、16歳からボードのシェイプをはじめたという『ラスティ・プレゼンドファー』が手掛けるブランドです。

1985年の創業以来、世界でも最高レベルの品質と機能を誇るブランドとして、多くのトップサーファーに認められています。発売前には、テストやフィードバックが何度も重ねられているそうですよ。

中でもマルチボードの『Dwart』は、リリース以降爆発的な人気を得ています。

環境に優しく軽量 FIRE WIRE

サーフボードの軽量化は、壊れやすくなるリスクがありますが『FIRE WIRE』はデザインと素材を絶えず研究し、軽く壊れにくいサーフボードを開発しています。

また、環境のことを考え、竹などの自然素材を使用しているところにも好感が持てます。

日本の波や、日本人の体に合わせたボード作りを得意としているところもポイントといえるでしょう。

早く上達したい人はサーフィンスクールへ

初心者は、自己流よりも、サーフィンスクールで基本を学ぶのがおすすめです。スクールの選び方のポイントや、レッスン料の相場について説明します。

場所や雰囲気、レンタルの有無で選ぶ

サーフィンスクールは技術を学ぶ場所なので、コーチの技量やスクールのプログラムが重要です。しかしそれだけでは、『サーフィンの楽しみ』は体感することができません。

「分からないことがあったら気兼ねなく聞ける」というアットホームさや、生徒同士が切磋琢磨して成長できるスクール全体の雰囲気が大切です。

また、サーフボードやウェットスーツなどの道具の貸し出しを行っているスクールが理想です。

道具は高価なので、何も分からない状態で購入するよりも、ある程度慣れてからの方が、よいボード選びができるでしょう。ただし、中には、物販目的のスクールもあるので、見極めは必要です。

自宅との距離や、『初心者向けのサーフポイント』を多く有するかどうかも確認しましょう。

初めての人はレンタルで体験レッスン

「サーフィンがどんなものか試してみたい」という人におすすめなのが、スクールやサーフショップで開催している『体験レッスン』です。

必要な道具は全てレンタルできるので、ふらりと1人で訪れる参加者も少なくありません。なお、前日のお酒が残っている、寝不足でひどい疲れが溜まっているという人は、レッスンへの参加は控えて下さい。

レッスンの流れは?

体験レッスンの流れは、スクールによって異なりますが、ほとんどは以下のような流れになります。

  • サーフボードやウェットスーツを選ぶ
  • 説明と準備運動
  • 陸上トレーニング
  • 海の上で実践
  • シャワー&着替え
  • レッスン後のフィードバック

陸上トレーニングでは、パドリングからテイクオフまでの流れを全て、陸上で再現します。サーフボードのセット方法、及びボートから落ちたときの対処方法もしっかりと説明があります。

実践では、コーチが傍についてくれるので、初めての人も不安は少ないでしょう。レッスン後は、次回に向けての改善点などをフィードバックしてもらえます。

料金はいくらぐらい?

体験レッスンの料金は各スクールによってさまざまですが、相場としては5000円~6000円(2時間~3時間)です。

ウェットスーツやサーフボードのレンタルも含まれていることが多く、ほとんど手ぶらで参加することができます。シャワー時のタオルや着替えなどは持っていった方がよいでしょう。

あらかじめネットで予約をしておくとスムーズです。

東京近郊でサーフィンをするならどこ?

波はどこの海にもありますが、サーフィンに適した波が発生する地形というものがあります。また、重いサーフボードを担いで移動するため、駅や駐車場などからのアクセスも考慮したいところです。

東京近郊でサーフィンができるおすすめスポットを2つ紹介します。

千葉 片貝新堤

千葉県にある『片貝新堤』は、多くのサーファーが集うサーフィンスポットで、駐車場、トイレ、シャワーなどが完備されています。

サーフィン用語で、波が崩れることを『ブレイク』といいますが、片貝新堤は、ブレイクした後に、ゆっくりと流れていく『トロい波』が多い傾向があります。そのため、ゆっくりと練習したい初心者に向いているといえるでしょう。

一方で、場所やうねり方により、さまざまな波が発生するので、中級者以上でも十分楽しめます。常にコンスタントな波があることも人気の秘密です。

堤防が続いているため、堤防を歩いて先の方から飛び込むサーファーがいますが、右側にテトラポットがあり、流れによっては非常に危険です。

また、アクセスの良さから、非常に混雑するので、マナーを守って楽しみましょう。

神奈川 由比ヶ浜、鵠沼海岸

神奈川県には数多くのサーフスポットがあります。

まず、初心者におすすめといえば、海水浴でお馴染みの『由比ガ浜』が挙げられます。海底にも砂浜が続く『ビーチブレイク』という地形で、足がつく位置でサーフィンが楽しめる安心感があります。

普段は穏やかな波ですが、台風や低気圧など強いうねりが現れるときには、いい波を求める多くのサーファーたちで賑わいます。

もう1つ、初心者に外せないのが神奈川県藤沢市の『鵠沼海岸』です。由比ガ浜と並ぶ人気のサーフスポットで、遠浅の砂浜が続いているのが特徴です。

駐車場、トイレ、シャワーが完備され、近くには飲食店が並んでいるので、不自由することはないでしょう。ただし、オンシーズンは非常に混み合います。

目指すはハワイの美しい海でのサーフィン

サーファーにとってハワイの美しい海でのサーフィンは憧れといえるのではないでしょうか。

しかし、日本の海とハワイの海は勝手が違います。レベルごとにポイントがあったり、日本と季節の感覚が違ったりして、初めての人は戸惑うことも多いでしょう。

注意点が多く、最初はガイド付がおすすめ

ハワイにはいくつかのサーフポイントがあります。日本人観光客が多いワイキキは、比較的緩やかな波が多くロングボーダーや初心者向けですが、中級以上の人や、ショートボードを楽しむ人には向いていません。

一方で、ショートボーダーに人気なのは『アラモアナ』です。

しかし、このポイントは、岩や珊瑚礁のある『リーフブレイク』が多く、足場には沢山の危険が潜んでいます。ウニや岩礁で、体を傷つけてしまうケースもあるので、十分注意が必要です。

環境、気候、マナーなど、ハワイには日本とは違った条件が存在するので、最初はガイド付きでサーフィンを楽しむことをおすすめします。

ワイキキビーチ近くのMoku Hawaii

ワイキキビーチから徒歩30秒の近さにあるサーフィンショップ『Moku Hawaii』では、サーフ用品のレンタルはもちろん、レベルに合わせたサーフィンレッスンなどを受けることができます。

日本人スタッフが常駐しているので英語が苦手な人でも安心ですよ。

ショートボード、ロングボード、ボディーボードなどあらゆるタイプのボードがあり幅広いニーズに対応してくれます。

サーフガイドのプランもある

『Moku Hawaii』には『わがままサーフガイド』というものがあります。これは、ハワイ在住のプロサーファーが、波のある場所まで案内してくれるというものです。

リクエストがあれば、さまざまなスポットに連れていってくれるので、観光気分も味わえます。

  • 店舗名:Moku Hawaii
  • 住所:2446 Koa Ave. Honolulu HI 96815
  • 電話番号:808-926-6658
  • 公式HP

Taka Surf Hawaiiのサーフツアー

ハワイ歴17年以上のサーファー『TAKA KUDO』が運営する『Taka Surf Hawaii』では、レンタルボード、サーフレッスンの他に、『サーフツアー』を行っています。

Takaが当日の海の状況や波などを判断し、その人に合ったベストスポットに連れていってくれるというツアーで、日本人ならではのきめ細やかなガイドが特徴です。

  • 店舗名:Taka Surf Hawaii
  • 住所:2310Kuhio Ave,Ste 136, Honolulu,HI 96815-5050
  • 電話番号:808-778-8364
  • 営業時間:9:00~21:00
  • 定休日:無休
  • 公式HP

大人も熱中できるクールなスポーツを趣味に

1日の体験レッスンだけでも、参加者のほとんどは、ボードに立って波に乗ることが可能といわれています。波に乗る気持ち良さは、陸上ではけして味わえないでしょう。

体力勝負ではありますが、遠浅の海であれば初心者でも安全です。この機会に挑戦してみて下さい。

「サーフィン」のその他の記事
    その他のテーマ

    ART

    CULTURE

    CRAFT

    FOOD

    TIME