宝塚歌劇団を東京で観るには?アクセスやチケット購入方法について

2019.04.03

豪華な衣装を身にまとい、見る人すべてを魅了し続ける宝塚歌劇団。出演している役者が全て女性というのも魅力の一つです。宝塚歌劇団の本拠地は、兵庫県宝塚市にありますが、実は、劇場は東京にもあります。今回は、宝塚の本拠地ではなく東京で宝塚歌劇団を見る方法についてご紹介。アクセスの仕方やチケット購入方法までたっぷりとご紹介します。

東京宝塚劇場とは

ではまず最初にご紹介するのは、東京宝塚劇場についてです。座席や設備、場所やアクセス方法について説明しますので、初めての方でも迷うことなく行くことができます。

座席や設備

それでは最初は、東京宝塚劇場の座席や設備についてご紹介します。

東京宝塚劇場の座席数は、SS席で133席、S席で1440席、A席で229席、B席で263席です。ステージの中央一番前から7席あたりまでがSS席。その後ろに行くにつ入れてS席、A席、B席とランクが下がり、金額もランクに合わせて異なります。

また、設備に関しては、小さなお子様のための座席クッションの無償貸し出しや舞台のスターの表情が鮮明にわかる双眼鏡の有償貸し出しなどのサービスもあり、安心して鑑賞を楽しむことができます。

また車イスに座ったままでも楽しめる専用スペースも設けられており、子どもや身体に不安のある方でも気兼ねなく鑑賞できるような工夫が随所になされています。

さらに、小さなお子さんが公演中騒がないか心配な方のために、チャイルドルームまで用意されており、専門のベビーシッターが責任を持って子供を預かってくれます。また、レストランやショップも併設していますので、休憩もできます。

場所とアクセス方法

東京宝塚劇場は、日比谷の帝国劇場のすぐ横にあります。JR有楽町駅(日比谷口)から徒歩5分とほど近いため、迷う心配もなし。さらに東京メトロ日比谷線・千代田線の日比谷駅からも徒歩圏内のため、都内外からのアクセスは抜群です。

もちろん駐車場も完備していますので、車での来場も可能です。

東京宝塚劇場のチケット購入方法

東京宝塚劇場のアクセス方法が分かったところで、チケットの購入方法をご紹介します。チケット購入方法はいろいろとありますので、諦めずに購入してみましょう。

宝塚歌劇Webチケットサービス

まず最初にご紹介するチケット購入方法は、宝塚歌劇Webチケットサービスを利用する方法です。この宝塚劇団Webチケットサービスは、利用登録を行うことなくインタネットで気軽にチケットを購入することができるサービスです。

宝塚歌劇のチケットは全国どこからでも購入が可能。公演スケジュールはもちろん、取り扱いの公演の詳細も見ることができますので、購入前にはチェックすることをおすすめします。

プレイガイド

続いてのチケット購入方法は、プレイガイドです。コンサートなどのチケットをとるために利用したことがあるという人も多くいると思いますが、プレイガイドでは宝塚歌劇のチケットも販売しています。

プレイガイドは全国各地にありますし、直接購入することができるため、チケットが届かないということもありません。プレイガイドでは、公演によって販売方法が異なるため、詳細は各プレイガイドに問い合わせることをおすすめします。

窓口または電話

続いてのチケット購入方法は、窓口または電話で購入する方法です。

電話での購入は公演や劇場によって異なるため、まずは各公演のスケジュールをホームページなどで確認しておきましょう。また、宝塚歌劇Webチケットサービスやプレイガイドで取扱予定枚数を終了した場合、販売はありません。そのため早めの購入をおすすめします。

窓口販売は、一般前売開始日の翌々日から可能になる、各劇場のチケットカウンターでチケットが購入できる方法です。その他の公演については、各公演ページを確認する必要があるとともに、宝塚歌劇Webチケットサービスで取扱予定枚数を終了した場合には販売はないため、こちらも早めの購入がおすすめです。

東京宝塚劇場で上演予定の作品

東京宝塚劇場のアクセス方法やチケット購入方法が分かったところで、ここから各組の上演予定作品についてご紹介します。興味のある方は、ぜひ、チケットを購入して観劇へ出かけてみましょう。

花組『CASANOVA』

まずご紹介する上演作品は、花組の「CASANOVA(カサノヴァ)」です。花組の現在の男役トップスターは「明日海りお」さん、娘役トップは「仙名 彩世」さんです。

「CASANOVA」は、18世紀ヴェネツィアに生まれたジャコモ・カサノヴァが主人公。詩人や作家、聖職者、詐欺師、錬金術師など様々な顔を持つカサノヴァが辿った数奇な人生にオリジナルストーリーを交えた名作です。2019年3月29日~4月28日まで、東京宝塚劇場で現在上演中です。

月組『夢現無双』

続いてご紹介する上演予定作品は、月組の「夢現無双」です。月組の現在の男役トップスターは「珠城りょう」さん、娘役トップは「美園さくら」さんです。

「夢現無双」は、吉川英治のベストセラー小説をもとに、天下無双を目指す剣豪・宮本武蔵の生き様と、彼を慕い続けるお通との恋を交えた歴史大作となっています。東京宝塚劇場での上演は2019年5月3日~6月9日までです。一般前売りは2019年3月31日ですので、チェックしてみてください。

宙組『オーシャンズ11』

続いてご紹介する上演予定作品は、宙組の「オーシャンズ11」です。宙組の現在の男役トップスターは「真風 涼帆」さん、娘役トップは「星風まどか」さんです。

「オーシャンズ11」は、ハリウッド映画でも大ヒットした作品がモチーフ。ラスベガスにあるカジノホテルを舞台に、11人の男達が金庫破りに挑むハラハラ・ドキドキのストーリーです。2011年、星組が世界で初めてミュージカル化した作品でもあります。東京宝塚劇場での上演は、2019年6月14日~7月21日まで、一般発売は2019年5月19日です。

雪組『壬生義士伝』

続いてご紹介する上演予定作品は、雪組の「壬生義士伝」です。雪組の現在の男役トップスターは「望海風斗」さん、娘役トップは「真彩希帆」さんです。

「壬生義士伝」は、浅田次郎氏のベストセラー小説「壬生義士伝」がモチーフとなっている作品。近藤勇や土方歳三、斎藤一など新選組の名だたる隊士が一目おいた田舎侍・吉村貫一郎がこの物語の主人公です。武士らしい忠義と友情が凝縮された心熱くなる作品となっています。東京宝塚劇場では、2019年7月26日~9月1日が上演予定。一般発売は2019年6月30日です。

星組『GOD OF STARS-食聖-』

上演予定の星組公演は「GOD OF STARS-食聖-」です。星組の現在の男役トップスターは「紅 ゆずる」さん、娘役トップは「綺咲 愛里」さんです。

「GOD OF STARS-食聖-」は、天才料理人として世界に名をとどろかせる主人公を中心としたコメディー作品。上海・マカオ・シンガポールなどの異国情緒あふれるアジアを舞台に、主人公と仲間たちが繰り広げる笑いあり・感動ありのドラマは見逃せません。2019年7月12日~ 8月19日まで、東京宝塚劇場で上演予定です。

宝塚を観るなら東京宝塚劇場へ

宝塚の公演は兵庫県宝塚市にある宝塚大劇場だけではなく、東京宝塚劇場でも鑑賞できまする。宝塚トップスターを東京で観たいなら、ぜひ東京宝塚劇場へ足を運んでみてください。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME