日本酒のおつまみのお取り寄せグルメ9選。定番の品から珍味まで紹介

2019.04.02

日本酒のお供と言えば、欠かせないのがおつまみですね。今回は、自分へのご褒美にいつもよりちょっと豪華なおつまみを選びたい人や、いつもお世話になっている人に贈りたい、とっておきのおつまみをピックアップして紹介していきたいと思います。

日本酒のおつまみのお取り寄せ【魚介編】

日本酒といえばまず思いつくのが刺身など魚介類との相性の良さ。ここでは王道の「魚介」にしぼって、おすすめおつまみをご紹介します。

ほたるいか沖漬け

まさに王道とも言える日本酒のおつまみ・ほたるいか沖漬け。富山県名物で、モンドセレクション金賞受賞の成績を誇る人気商品です。

富山湾産のほたるいかは、特別天然記念物としても指定されているほどの希少性高い生物。そんなほたるいかにお醤油とみりんを加え、深層水でじっくり煮込み塩辛漬けにしています。

まるで旅行先のホテルで食べられるような味わいを、まるごとご家庭に届けられます。特別な日の贅沢用としてお取り寄せするのも一興です。

コクと旨味がギュッと詰め込まれているのでそのまま食べるのがオススメ。日本酒とほたるいか沖漬けのコンボで、白ご飯もすすんでしまうかもしれません。栄養の偏りにご用心!

金華さば 生ハム燻製

平成22年度宮城県水産加工品品評会にて、「水産庁長官賞」を受賞したおつまみです。雑誌やテレビなどでも紹介され、人気に火が付きました。

脂がのった金華サバに、火を通さないで桜チップでじっくりと燻した上品な仕上がり。桜の香り豊かでとっても柔らかく、魚特有の生臭さもありません。

醤油をはじくほどに脂の含有量が多く、脂も身も旨味がぎっしり詰まっているのも美味しさのポイント。お値段の方も本格的で、かの築地市場では1キロ1万円の値がつくこともあったのだとか。

クセが無く上品で、日本酒だけでなくワインにも合うと口コミでも評判。玉ねぎをスライスして一緒に食べるのもオススメです。

博多なかなかドライ

明太子の本場・博多名物の乾燥明太子ですね。旨味豊かな明太子を干して作られています。

軽く炙ってから日本酒とチビチビ頂くという定番の食べ方もアリですが、適度な大きさにカットしたり刻んだりして、おにぎり・パスタ・トーストの具材としても応用できます。

過去にテレビ放送された時には注文が殺到して、届くまでに1ヶ月以上かかる人もいたようです。(現在はそこまでかからずお取り寄せできるはずですが…。)

1枚ずつ真空パックされていて、日持ちもするしかさばらないので、お土産や贈り物にも大人気。お酒好きの上司や家族へのお土産にお取り寄せするのはいかがでしょうか。

日本酒のおつまみのお取り寄せ【肉編】

日本酒に合うのはなにも魚だけではありません。すっきりとした味わいの日本酒は、肉などの強い味との相性も抜群なのです。次に日本酒のおつまみとして人気のお肉のお取り寄せグルメをご紹介します。

東坡煮

皮付きの三枚豚バラ肉を、しょう油・砂糖・みりんなどでじっくり甘辛く煮込んで作られた角煮です。一般家庭での定番夕食メニューかつ、長崎の郷土料理としても有名ですね。

ところが東坡煮の製法は、普通の豚角煮とはひと味違います。豚肉を長時間かけて茹でる事で豚の脂をしっかりと抜き、ゼラチン質をあえて残しているところが旨味の秘密。

その後は特製のタレに付け込んで、こまめにアクを取りながらじっくりと煮込んでいくそうです。

長時間の煮込みにも耐える上質な豚肉を使っていることもあって、その味わいはまさに格別とも言えるもの。一度食べたら他の角煮が食べられなくなってしまうかも?

夜の和食メニューの一品としてはもちろん、様々な日本酒と合わせて、和のコラボレーションを堪能してみましょう!

松坂牛納豆

納豆と松坂牛のコラボレーションが話題のおつまみです。すき焼き風に味付けされている松坂牛の佃煮と、大粒の納豆が美味しさの秘密。

どちらかといえば濃い甘めの味付けですが、納豆特有の臭さが無いので、納豆が苦手な人にもとっつきやすい味わいです。まるですき焼きをおかずにご飯を食べているかのような、贅沢感・満足感を感じさせます。

もちろん、日本酒のおつまみとしても一級品。松坂牛納豆の甘みと日本酒の苦みが非常にマッチする為、宅飲み・1人酒であってもグイグイお酒が進んでしまうこと間違い無し!

贈り物としてもチョイスしやすいので、日本酒好きの親戚・上司へのお中元などにお取り寄せしてみてはいかがでしょうか。

酢もつ

選りすぐりの新鮮な豚肉の「もつ」をポン酢で味付けしているおつまみです。脂身が少なくコリコリとした歯ごたえは、もつの本場・福岡でも大人気の味。

特に売れ筋なのが「黄金屋名物 酢もつ」です。1パック50gで小分けに入っているので、解凍してそのままお皿にインして食べられるのもお手軽。

日本酒のおつまみとしてそのまま食べるのはもちろん、たっぷりの玉ねぎと和えてももつの存在感を損なうことがありません。

お酒のおつまみであると同時に、晩御飯のおかずの一品にもピッタリなので、マンネリ化した夕食メニューの新しい風としてお取り寄せするのも一興。

柚子胡椒と合わせるのも美味しいし、唐辛子をかけて少しピリ辛風にしても、日本酒とマッチするのでオススメですよ。

 

日本酒のおつまみのお取り寄せ【その他編】

お豆腐の味噌漬け

まるでチーズのような食感がやみつきになりそうな、クリーミーなお豆腐の味噌漬けで、遠い昔、平家の落人達がもたらした保存食であったとも言われています。

田舎で作られる堅いお豆腐に、さらに押して熱を加え、特製もろみ味噌に漬け込んでじっくり熟成されて作られています。昔ながらの純和風な製法でありながら、流行りの新食感を楽しめる、なかなか粋な逸品です。

ねっとりとした舌触りは本当に豆腐なのか思わず疑ってしまうほど。その濃厚なコクを一度味わってしまうと、思わず一升瓶に手を伸ばさずにはいられません。野菜やナッツと合わせてクラッカーに乗せても楽しめそうですね。

モチモチとしていて飽きのこない味で、健康にも良さそうだと女性からも大評判。年上の女性へのプレゼント用にお取り寄せするのもオススメです。

モッツアレラチーズのだし溜漬け

飛騨の小京都とも呼ばれる古川町にて、チーズや牛乳などの乳製品を作っている「牧成舎」のモッツァレラチーズおつまみです。

新鮮な生乳で作られた淡く繊細な雪のようなモッツァレラチーズを、だし溜醤油に漬け込んで、トロトロの新食感に仕立て上げられています。

チーズでありながらも和風の味付けが、これまた日本酒のおつまみとしてベストマッチ。飛騨のミルクの濃厚な旨味がぎっしり詰め込まれていて、まさに乳製品最高峰の味わいを楽しめます。

姉妹品に「モッツァレラチーズ」「大人の素っぴんチーズ」などもありますが、オーソドックスなチーズの味わいを求めたい時にはこちらをお取り寄せするのもオススメ。

九平次生チョコレート

日本酒がブレンドされているホワイト生チョコレートです。ラグジュアリー感のある木箱に入って送られてくるので、ちょっとした贈り物にもピッタリ。

3種類のベルギー産チョコレートと新鮮なクリームを使って、滑らかで芳醇な味わいに仕立て上げられているのが特徴です。

一口サイズにあらかじめカットされていて、口に入れるとまるで高級な白ワインのような香りが口いっぱいに広がります。もともと日本酒が練り込まれているので、日本酒との相性も抜群です。

大切な人とお酒を楽しみたいときに、日本酒と一緒にこちらを持参して、ハイセンスな一面をアピールしちゃいましょう。バレンタイン用にお取り寄せするのもアリですね。

おつまみのお取り寄せで日本酒をより楽しく

普段よりちょっと贅沢な気分にさせてくれるおつまみのお取り寄せ。 自分用へも良し、日頃お世話になっている人への贈りものにしても良しと、日本酒好きなら喜ぶおつまみのお取り寄せをぜひ試してみてください。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME