ボウリングで上手く投げるコツをおさらい。負けず嫌いなあなたに

2019.04.02

ボウリングで球を上手く投げるには、目線からボールの持ち方、手首の動きのコツを覚えるのが大切です。コツを掴んで、より球の回転を意識できればスコアアップにもつながるでしょう。高いスコアを得るためのコツを参考にしてみてください。

ボウリングが上手くなる簡単なコツとは?

まずは、ボウリングが上手くなる2つのコツからチェックしてみましょう。

ピンを見ない

初心者だと、ボールを投げるときに『ピンを見て投げる』という人がほとんどなのではないでしょうか?しかし、ピンを見ていると遠くの目標に合わせなければいかないため『狙いがズレて』しまいます。この、ピンを見て投げることはピンボウリングと呼ばれ、初心者の多くがこの方法で投げているのです。

しかし、プロの目線を見てみると『ピンは見ていない人』がほとんどです。プロボウラーを含む上級者は、レーンに付けられている三角形の目印『スパット』を見て投げています。この方法をスパットボウリングと呼び、スパットを目標にして投げることで安定した軌道を実現しているのです。

レーンに付けられたスパットを目安に投げれば、コントロールが狂いにくいので安定したスコアに繋がります。また、あごを引いて投げられるので余計な動きがなく、自然に近い状態のフォームで投げられるのもメリットです。

右利きの人は、右から2番目のスパットを目安に『自分のカーブボールの軌道に合わせて』ピッタリくるスパットを見つけて投げてみましょう。

速度をレーンコンディションに合わせる

レーンにはレーンコンディショナーと呼ばれるオイルが塗られています。レーンを保護する役割のあるレーンコンディショナーのコンディションによっては『ボールの曲がりに差』が出てしまうのです。

オイルがしっかりと塗られているレーンでは、投げたボールが曲がる前にそのままピンに当たってしまいます。オイルが擦れてなくなってくると、ボールが予想よりも手前で曲がってしまうでしょう。

そこで、レーンコンディションに合わせた速度でカーブを調節します。オイルが多いときには『遅め』のボールを、オイルが少ないときには『速め』のボールを投げるとカーブの位置が調節できるのでおすすめです。

左利きは有利?

左利きの人は、ボウリングでの基本がすべて反対向きなほか、右利きの人に教えてもらうケースがほとんどで上達しにくいイメージがあります。しかし、基本のフォームさえできていれば、レーンコンディションに影響されにくいメリットがあるのです。

左利きの人が少ないのでレーンが荒れることが少なく、比較的綺麗なまま維持されています。ある程度きまったコンディションで投げられるため、投げ方がしっかりしていればスコアも伸ばしやすく、プレーしやすい環境と言えるのです。

左利きだから上達しないということはなく、ボウリングのコツも右利きの人と同じなので力を入れすぎないようにボールを送り出してあげましょう。

目標スコアを決めて上を目指そう

目標スコアを設定するというのは、達成感と上達の実感を味わうためにも必要です。今のスコアよりも20ピンほど多めに目標スコアを決めてプレーしていきましょう。スコアを伸ばすコツを紹介するので参考にしてみてください。

150を超えたい場合、スペアを確実に

アベレージが140前後のプレーヤーは、ストライクなどもある程度出していることと思います。しかし、まだ安定してストライクを出せないことからスコアがバラつきやすい時期とも言えるのです。

ストライクにばかりこだわってしまうと、ストライクが出せなかったときのフォローがおろそかになりがちです。150を超えたいのであれば、スペアを意識してみましょう。スペアを確実に決めていけると、高いスコアを維持できます。

ボウリングの魅力は1球ですべて倒すストライクかもしれません。しかし、スコアを作り上げるポイントは失敗したときにスペアを確実に決められるかどうかと言われているので、スペアを確実に取れるようにコントロールを養っていきましょう。

アベレージ200はプロレベル

アベレージ200が出せるようになっていれば、プロレベルと言えます。ボウリングのプロテストで行われている実技テストは1日15G(ゲーム)、トータル60Gのアベレージが基準です。

男子のプロテストの合格アベレージに設定されているのが『200』です。もし、アベレージ200を超えているようであれば、プロを目指してみてはいかがでしょうか。プロの世界では、より学べる機会が多いので上達するにはピッタリです。

ボウリングに必要なメンタル

ボウリングは技術が必要ですが、もっとも重要なのが『メンタル』です。重要な場面でストライクが出せるか、難しいスペアにも落ち着いて対応できるかは、メンタルの部分が大きく関わってきます。

同じ動作を行い、気持ちを整える

ボウリングに必要なメンタルは、毎日の積み重ねで鍛えられます。

例えば、毎日同じルーティーンで毎回投げ続けておきます。何度も積み重ねたルーティーンがあれば、重要な場面でも、いつもと同じように落ち着いて投げられるのです。

他にも、悪いプレー・良いプレーなどができたときには一喜一憂してしまいます。しかし、良いプレーの後に悪いプレーがあると気分は落ち込み平常心で投げられなくなるのです。

どんなに良いプレーでも悪いプレーでも、気持ちを切り替えて常に同じ気持ちを整えて『メンタル』に左右されないようにしましょう。何より、どんなスコアやプレーでも『ボウリングを楽しむ気持ち』は忘れないでおくのがポイントです。

呼吸を整えて平常心を保とう

どれだけルーティーンを守って平常心を保とうとしても、大きな1球の前ではプロでも緊張してしまうものです。また、大会では、目の前で繰り広げられる相手のプレーも見えるため、練習とは違いなおさら平常心を保つことが難しくなってしまいますqq。

そんなときは『呼吸を整えて平常心を保つ』ようにしてみましょう。自分が感じている気持ちは相手も同じです。ここで心拍数が乱れてしまうと平常心を保てなくなるので、深呼吸などを活用しリラックスして投球に集中できる強さが、勝負強さに繋がります。

持ち方はハウスボール、マイボールでも異なる

ボールの持ち方はハウスボールとマイボールでも違いがあるので、普段使っているボールに合わせた持ち方を覚えるのがスコアアップの秘訣です。

コンベンショナルグリップ

コンベンショナルグリップとは、中指と薬指の第2関節まで指穴に入れてボールを持つ方法のことです。回転を与えにくい持ち方で、フック・カーブボールを投げるのには不向きと言われています。

ハウスボールの重心は、多くの人がまっすぐボールを投げられるように調節されており、フックボールなどには不向きです。コンベンショナルグリップはハウスボールと相性が良いので、ハウスボールを使うときに活用してみましょう。

セミフィンガーグリップ

セミフィンガーグリップは、中指と薬指の第1関節と第2関節の間でボールを持つ方法のことです。コンベンショナルグリップよりも浅めに指を引っ掛けるので、強い回転をボールに伝えられます。

マイボールは、フックボールなどの曲がるボールを投げやすいように重心が調節されているため、回転を与える投げ方と相性が良く作られています。セミフィンガーグリップは、マイボールで曲がるボールを投げるのにピッタリな持ち方と言えるのです。

フィンガーチップ

最も一般的な持ち方と言われているフィンガーチップは、中指と薬指の指穴に第1関節まで入れてボールを持つ方法です。ハウスボール、マイボールどちらでも持ちやすく、適度な回転とスピードをボールに伝えられます。

カーブボールをより曲げたいときにはセミフィンガーグリップが良いですが、やや曲がりぎみでスピードを活かした投げ方をしたいときにはフィンガーチップを試してみましょう。

ただし、ハウスボールを曲げるには回転が足りないため、曲がるボールが投げたいならマイボールを用意するのがおすすめです。

助走や足の動かし方とコツ

コントロールを正確にし、バランスの良い投げ方に近づけるためのコツを紹介するので参考にしてみてください。

助走は何歩?

助走は、一連の流れを組み上げるために重要な役割を持っています。助走でのステップが乱れてしまうと、リリースまでのリズムが悪くなり、上手く力をボールに伝えられません。

一般的な助走は『4歩』と『5歩』があります。中でも自然に歩ける4歩の助走は初心者におすすめです。5歩の助走は余裕を持って動けるためプロに多いですが、4歩の助走に慣れてからチャレンジしてみましょう。

4歩の助走は、右利きの場合は右足から踏み出し、最後は左足を軸足にボールを投げる方法です。

リズムよくステップを踏むことを意識

4歩の助走を音で例えると『タン・タタ・ターン』のリズムです。2歩、3歩目は小刻みに早くステップして流れるように力をボールに伝えます。リズム良く助走をするためには、適切な助走距離が必要です。

助走距離が人によって違うのは、人によって歩幅が違うからです。4歩助走の場合はファウルラインのちょっと前にかかとを合わせて、レーンとは反対方向に大きめのスタンスで4歩、そこからさらに半歩進んだところを助走距離のスタートとして決めます。

決めたスタートから実際に何度か投げて調節をしたら、立ち位置をしっかりと記憶して、何度やっても同じ位置から投げ始められるように覚えておきましょう。

重心のかけ方も意識する

1歩目の右足の重心を、リズムよくステップを踏みながら2歩目、3歩目と徐々に左に寄せていきます。4歩目には左足に重心を寄せて『振り子の原理』でボールを投げられるようにしっかりと体のバランスを支えましょう。

助走からリリースまでの動作をリズムよく行えるようになれば、より自然な形の体運びができるため『ボールが安定してコントロールが増す』のです。初心者は特にフォームを意識しながら投げてみましょう。

腕や手の動かし方とコツ

プロのフォームはいつも一定で、投げ方を少しだけ変えて曲がる方向を調節しています。この調節を上手くするためにも、基本的な腕や手の動かし方を覚えておくのが大切です。

爪の向きを変えないように

ボールを持って投げる前に、親指の爪の位置を確認するようにしましょう。ストレートを投げるときには、レーンを12時としたときに爪の位置も12時の位置が基本です。リリースし終わったときに爪の向きがズレていれば『投げたときの軌道もズレて』しまいます。

基本的にストレートボールは、爪の向きを決めたら変えないように投げます。ただし、カーブやフックといった曲がるボールを投げるときには『爪の向きがズレる』のが基本です。

カーブボールの場合には、極端に言えば親指を12時の位置から9時の位置に向きを変えて投げます。手首のひねりを加えて爪の向きを変えることで、回転を生み出して球を曲げるのです。指のリリースタイミングもストレートとは違います。

投げたい球の種類にもよりますが、基本的には爪の向きを変えないように投げられるようになってからカーブなどに挑戦しましょう。

ボールを離すタイミングに注意

ボールを離して投げるタイミングにも注意してみましょう。投げるとは言われていますが、ボールを離すタイミングが遅くなり、ボールを本当に投げるように浮かせてしまうと、力が上手く伝わらず転がっていきません。

また、レーンに衝撃を与えて傷つけてしまうこともあり、これは『ロフトボール』と呼ばれるマナー違反に該当します。

ボールは投げるとは言いますが、意識としては『転がす』のが正解です。必要以上に力を入れすぎてロフトボールにならないように注意しましょう。怪我や思わぬトラブルを予防するためにも大切なことです。

カーブをつけるコツ

手から離れたボールを綺麗に曲げてポケット(1番ピンと3番ピンの間のこと、ストライクがもっともでやすい位置)に当てるためにはカーブボールを投げる必要があります。

回転軸を意識しよう

実際に投げてみると、回転していても曲がらないケースや、回転が足りないでそのまま真っすぐいってしまうケースが多くあるものです。回転をしていても曲がらない原因は、回転軸のズレにあります。

レーンを転がるボールの進行方向に回転軸が立ち、コマのように回転していては、回転の力が加わらないのでボールが曲がりません。回転軸を寝かし、進行方向に垂直に回転が加われば、レーンとの摩擦でボールが曲がります。

回転軸を意識して、回転の方向を調節すれば目的の方向へ曲がるようになるでしょう。そのためにも、ボールをリリースするときの親指の角度が大切なのです。

フックボールでは親指の角度が大切

前述したように、イメージ通りの進行方向へボールを投げるためには、親指の角度に気をつけることが大切です。これはストレートだけでなく、カーブボール、フックボールでも同じで、親指の角度がボールの回転軸を決めていると言っても過言ではありません。

親指の角度が12時であれば、ボールの回転軸は進行方向に垂直になるため、回転を付けてもコマのように回るだけです。

フックボールを投げるときには、親指をレーンを12時としたとき10時あたりに来るようにします。親指の向きを変えないで、そのままリリースし『人差し指と薬指で回転』をかけると、回転軸を寝かせて回転するのでボールが曲がるのです。

親指の角度はどうなっているのか、回転軸がどこにあるのかを観察しながら、理想的なカーブに近付くように調節していきましょう。

思うように投げられないときの対処法

最後に、イメージはできあがっていても思うように投げられないときに行いたい対処法を紹介します。

振り子をイメージする

ボールを真っ直ぐ投げるために意識したいのが振り子のイメージです。ボールは力を入れて投げれば良いものではなく、振り子のように動かしながらボールに力を伝えて、前に押し出しましょう。

リリースしたボールが真っ直ぐ投げられるようになってからカーブやフックの練習をすると、より安定感が増します。

毎回立ち位置が変わっていないか確認

立ち位置によって球が進む方向は異なります。右側、左側のどちらのガターに寄っているのか、投げてチェックしてみましょう。バラバラなときには、毎回立ち位置が変わってしまっているかもしれません。

立ち位置が変わると、同じフォームで投げていてもボールの動きが安定しません。カーブなどの回転を変えなくてはいけなくなるでしょう。何度も新しい挑戦をして調節を繰り返すのと同じなので、投げ始めの位置は固定しましょう。

左右のズレは立ち位置で調整

先ほど説明したように、毎回立ち位置が変わってしまっていては、練習効率が上がりません。まだ立ち位置が決まっていない人は、基本の立ち位置を決める必要があります。

自分が普段投げている立ち位置からボールを投げてみて、左右どちらにズレているのかを確認し、立ち位置を調節してみましょう。

ベストな立ち位置を見つけたら、その場所で固定して練習を続けるのがおすすめです。

スペアは倒したいピンの反対側を狙う

スコアを大きく左右するスペアは、ただピンに当てて狙うものではありません。例えば、ピンが左右の両端に2本並んでいるとします。ピン1本だけに当てていても、反対側のピンには球が当たらないので倒れません。

そこで、倒したいピンの反対側を狙い、当てたピンでもう片方のピンを倒す狙い方が必要となるのです。対角線を意識して狙えるようなれば、スペアの回数が増えてスコアアップにもつながるため、練習してみましょう。

ゲーム前に意識するポイントを確認しよう

ボウリングのゲームの前には、どこを意識して練習するのかをチェックしておきましょう。試合では、どの点に注意して投げていくのかを考えます。

意識するポイントをはっきりと理解して投げた経験は実力として積み重なるので試してみてはいかがでしょうか。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME