バイクのメンテナンス費用はどれぐらい必要?国産と外車の違いは?

2019.04.01

バイクは1年ごとの法定点検など、定期的なメンテナンスが必要です。国産車か外車かでもメンテナンス費用にも違いもあります。そこで、バイクメンテナンスの費用はどれくらい必要かを解説します。ぜひ、バイク購入時の参考にしてください。

メンテナンス費用の傾向

はじめに、バイクメンテナンスの費用について傾向を解説します。

修理やメンテナンス費の目安

バイクはさまざまなパーツから構成されています。走行距離や年式度に応じて、適切なメンテナンスが必要です。修理メニューごとのメンテナンス費用目安は以下を確認しましょう。

修理メニュー 費用目安
バッテリー修理 1000〜2000円
ランプ等電気関係 1000〜3000円
スパークプラグ 1本あたり1000円
オイル交換 125cc以下は1000円 251cc以上は2000円以上
ブレーキバッド交換 1つ5000円
チェーン関係 2000〜3000円
ワイヤー 2000〜6000円

なお、表に記載していないタイヤの修理は目安が出しにくい修理メニューです。それだけ幅広い修理内容があるからです。

タイヤサイズにもよりますが6000〜3万円くらいの余裕を持った予算プランを立てましょう。

1年点検時での費用の目安

バイクは年に1度の法定12カ月点検があり、点検費用と整備費用がかかります。

点検費用は排気量により費用差が生じ、5500〜2万円程度が全体的な相場になるでしょう。点検内容はオイル・液類、ブレーキパッドなどの摩耗部品、クラッチホースなどのホース類です。点検した結果、部品に異常があれば交換することになります。

部品交換をすると、パーツ代金や工賃の整備費用が必要です。

125ccなどの排気量によって違う

1年点検の費用は排気量で異なります。排気量による点検費用の目安は、以下の表を参考にしてください。

排気量 費用目安
125cc以下 5500〜8500円
126cc〜250cc 8100〜1万5000円
255cc以上 9500〜2万円

費用目安をみてもらうとわかるように、バイクの排気量により最大で1万5000円程度の差があります。

修理メニューによる費用にも言えることですが、点検を依頼するショップによって価格に差が生じます。複数のショップで見積もりを取るなど、事前に費用を調べましょう。

外車の場合はさらに異なる

外車は高級感があり、ライダーにとって憧れではないでしょうか。ただし、覚えておきたいのは外車のメンテナンス費用です。

BMWなどのバイクは高くなる傾向が

BMWなどを中心とした外車はメンテンス費用が高くなる傾向にあります。理由は外車はパーツの仕入れが難しいことです。

国産車であればパーツは市場に数多く出回っているので、費用を安くおさえることができます。しかし、外車は海外からパーツを輸入するために、時間と手間がかかり、メンテナンス費用も高くなるのです。

パーツ代や作業費が上乗せされる

外車のメンテナンス費用を見ていくと、パーツ代や作業費が追加され、割高になります。

例えば、BMWのモデルは年2回分のオイル交換費用が3万円になるなど、国産車に比べて高いです。タイヤ交換に6〜7万円、ブレーキフルード交換は1〜2万円などさまざまな修理をすると1年間で14〜15万円になるケースもあります。

また、パーツ代だけではなく、外車特有の部品などを扱う作業費用も加算され、高額になると考えられます。

作業者がいない場合も

外車はバイクの構造が特殊なモデルが多く、国内の作業者が少ない傾向にあります。また、外車のメンテナンス経験が浅い作業者は、トラブルを防ぐために整備を引き受けないことも考えられるでしょう。

そのため、仮に出先でバイクに不具合が起こると、最寄りのショップに作業者がいない場合もあります。そうなると、メンテナンスできずツーリング続行が難しくなります。

バイクメンテナンスの依頼はどこにする?

ここまで、バイクメンテナンスの費用を見てきました。続いて、どこに依頼するかを検討していきましょう。

比較的安くできるバイクショップ

メンテナンス費用をおさえたいならば、バイクショップがおすすめです。相場よりも安い価格でメンテナンスしてくれる可能性が高いでしょう。交渉次第ではサービスをしてくれることもあります。

注意点とすれば、高度な知識や技術を持ち合わせたスタッフがどれだけいるかです。バイクショップによってはアルバイトスタッフが受付をする場合もあり、不安を感じるかもしれません。

安さだけを求めるのではなく、質の見極めも必要です。

安全面が高いバイクディーラー

メンテナンスの知識や技術で信頼できるのは、バイクディーラーです。メンテナンス費用の相場はバイクショップより高いですが、しっかりとした技術力は期待できます。

メンテナンスでは純正パーツに交換ができるので、作業後の使用感に変化が表れにくいのもポイントです。パーツの取り寄せも、ニーズに合わせて行ってくれるでしょう。

多少の費用はかかっても信頼面や安全面を重視するならバイクディーラーでのメンテナンスを検討してみてください。

困ったら近くのショップに相談してみよう

バイクのメンテナンス費用は、国産車と外車で異なります。一般的に外車のメンテナンス費用は高くなり、また、排気量により費用相場に違いも出ます。

費用について知りたい場合は、近くのバイクショップやディーラーに相談してみましょう。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME