靴選びでオシャレになろう。選び方やおすすめのメンズブランドを紹介

2019.03.29

『おしゃれは足元から』という言葉があるように、靴は全体のコーディネートで気を抜いてはいけない重要なポイントです。靴の選び方次第で、コーディネートの格が変わります。そんな靴の選び方や、おすすめのメンズブランドについて紹介します。

おしゃれは足元からといわれる理由

『おしゃれは足元から』そんな言葉を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか? そもそも、なぜこのように言われるようになったのか、その理由について知っていきましょう。

せっかく洋服でこだわりを持ったコーディネートをしても、足元で気を抜いてしまったら台なしです。まずは、なぜ足元に気を配る必要があるのか見ていきましょう。

人は末端に目が行きやすい

おしゃれだと思ってもらうためには、『人がどこを見ているのか』を理解する必要があります。私たちは普段、どのようなポイントを見ておしゃれを判断しているのでしょうか?

実は、『他人の目線は人間の末端に集中しやすい』といわれています。そのため、足元に身につける靴には目線が集中しやすいのです。

そのような特性から考えて、足元で気を抜くわけにはいきません。人の目線が集中する足元は、全体のコーディネートで最も注目されるポイントだといえます。

すみずみまで気を配れる内面性をあらわす

もう一つ、足先まで気を抜かずにおしゃれを楽しんでいる人は『すみずみまで気を配れる』という印象を与えます。

トップスとボトムスのコーディネートに力を入れがちですが、脚の先端まで気を配れるかどうかで内面性もあらわれてしまうのです。

靴と洋服の合わせがちぐはぐになってしまうと、『この人は気が利かない人だな』というイメージがついてしまうかもしれません。おしゃれだと思われるためにも、細かいところまで気を配りましょう。

おしゃれな靴の選び方

トータルコーディネートでおしゃれだと思わせるために、足元が重要だといわれる理由を説明しましたが、実際に靴を選ぶときにはどのような点に着目すればよいのでしょうか?

靴の選び方には、いろいろな方法があります。洋服とのバランスを重視したり、靴を主役にしたりと、手段もさまざまです。一般的な靴の選び方をまとめていくので、チェックしてみましょう。

デザインから選ぶ

多くの人が靴を選ぶときに重視するのが、『デザイン』ではないでしょうか?

さまざまなメーカーから多種多様なデザインが販売されているのが靴の魅力です。そのため、自分の好みや趣向を反映しやすいファッションアイテムでもあります。

デザインから靴を選ぶときにおさえたいのは、『自分に似合っているか』という点です。優れたデザインの靴でも、自分には似合わない場合もあります。

どんなに好みでも自分のいつものスタイルやイメージに合わないものは履かなくなる可能性もあるので注意が必要です。

カラーや素材を見る

カラーや素材に注目して靴を選ぶ方法もあります。例えば、シャツとチノパンなどのシンプルなコーディネートの際、靴も同じようにシンプルな色のものを選んで、全体にまとまりを演出することもできます。

もしくは、靴にビビットなカラーを投入し、差し色として活躍させることも可能です。素材に関しても同じことがいえます。

スラックスなどのきれいなスタイルだと、革靴などの清潔なシューズを選ぶのが一般的ですが、あえてスポーツ用のハイテクスニーカーを投入すると、絶妙な『抜け感』を演出できます。

全体的なバランスを整えるエッセンスとして靴を捉えると、上手に選ぶことができるでしょう。

シルエットをチェックする

靴を履いたとき、頭から足先までの『全体のシルエット』を考えて選ぶという方法もあります。このシルエットは、おしゃれな印象に仕上げるために以外と重要な要素です。

いきなり全体のシルエットを考えるのが難しい場合は、ボトムスとのバランスを考えるとよいでしょう。スキニーなどの細身のボトムスを合わせると、靴のシルエットを強調することができます。

ワイドなボトムスを履きたい場合は、靴が小さく見えすぎないように、少しボリュームのあるシルエットを選ぶという方法もあります。デザインやシルエットと一緒に、自分の洋服に合わせやすいシルエットの靴を選びましょう。

シーンごとに靴の種類を変えよう

靴を選ぶときは、活用するシーンをわきまえて履き分けましょう。靴にはいろいろな種類があります。スニーカーや革靴など、それぞれに適したシーンを理解して着用するのがおしゃれへの近道です。

それぞれの種類ごとにどのような印象をあたえるのかをまとめていくので、参考にしてみましょう。

カジュアルに使えるスニーカー

カジュアルなシーンにぴったりなのが『スニーカー』です。仲間と遊ぶときや、移動が多いときに活躍してくれます。スニーカーの中にもさまざまな種類があり、表現できる幅はカジュアルシーンにとどまりません。

先ほど紹介したように、きれいなスタイルの抜け感を演出するアイテムとして、ランニングシューズなどのハイテクスニーカーを取り入れる方法も主流になっています。

このような場合は、あまりビビットなカラーを選ばないのがポイントです。黒や白など、スタイリッシュで清潔感ある色を選ぶことで、スニーカーを使った大人なコーディネートを演出できます。

上品さの出る革靴

『革靴』は、それだけで上品さを演出してくれる一足は持っておきたいアイテムです。スーツにはもちろん、チノパンやスラックスにもぴったりはまってくれます。

また、ジーンズなどのカジュアルな格好を上品に引き締めてくれるのも嬉しいポイントです。白シャツにジーンズ、革靴という合わせ方だけで、カジュアルでありながらもどこか上品さの漂う、大人なコーディネートが完成します。

ローファーなど、ローカットの革靴を選ぶ際は、ボトムスの丈にも気を配るとさらにおしゃれ感が増します。夏はくるぶしを見せて軽快な印象に、冬場は靴下のデザインで遊ぶことも可能です。

シルエットが重要なブーツ

全体のシルエットで遊びたいときに重宝するのが『ブーツ』です。デザインにもよりますが、ブーツは基本的にスニーカーや革靴よりシルエットに重厚感があります。

そのため、足元にボリュームをもたせたいときに非常に便利なアイテムです。靴のシルエット次第で、全体的なメリハリが変わります。

足元にボリュームを出したいときには無骨なブーツを選び、全体にきれいな印象を持たせたいときには、細身のブーツを選ぶとよいでしょう。

靴の手入れは欠かさずにしよう

いくら靴にこだわりを持っていても、手入れがされておらず汚かったら逆効果です。足元は、人の目線が集中するポイントです。そこが汚れていると、洋服がきれいでも汚いイメージがついてしまいます。

靴の手入れの方法は、素材によって異なります。きれいに長く履くための手入れについてまとめていきます。

基本的な手入れの仕方

スニーカーを長く使いたい場合は、履き始める前に『防水スプレー』をかけておくと汚れがつきにくくなります。また、スエード素材の場合は、専用の汚れ消しが販売されているので併用するとよいでしょう。

革靴の手入れには、ブラシや専用のクリーナーが必要です。まずは、ブラシで全体的な汚れを落とします。

その後、クリーナーを薄く伸ばすように塗りましょう。塗りすぎると逆にシミがついてしまう可能性があるので注意が必要です。

クリーナーを使ったら、汚れを布で拭き取ります。最後に、皮に潤いを与える専用のクリームまで塗れば、革靴の手入れはバッチリです。

雨で濡れた靴の手入れ方法

雨で靴が濡れてしまった場合、そのまま放置しておくと臭いの原因にもなってしまいます。そのため、まずは新聞紙を丸めて靴の中に詰め込み、水気を抜きましょう。

革靴の場合、表面に塩が吹いてしまうことがあります。そのような現象に対しては、クリーナーを塗ってから布で拭き取って対応するのが一般的です。

最後に、革に栄養を与えるクリームを塗ると、傷むのをおさえることができ長く愛用することができます。

起毛素材の場合の手入れ

スエードなどの起毛素材は、履く前に『撥水スプレー』を吹きかけておくのがポイントです。スプレーを吹きかけたあと、軽くブラッシングすることで汚れの付着を防げます。

起毛素材は、クリームなどで汚れを取ることができません。そのため、手入れは基本的にブラシで行いましょう。

おすすめの人気メンズブランド

靴の手入れや選び方について、その方法を紹介してきましたが、革靴を販売している人気のブランドについてまとめていきます。

伝統あるブランドからカジュアルシーンでも活用できるものまで、その種類もさまざまです。自分の気になるブランドがないかチェックしてみましょう。

革靴の定番Alden

日本で最も有名な紳士トラディショナルシューズブランドと名高いのが『Alden(オールデン)』です。アメリカのブランドですが、日本だけでなく世界的に人気があります。

その魅力は『汎用性の高い木型』にあります。扁平足の人や甲高の人でも快適に履くことができるので、多くのユーザーから愛され続けています。

ALDEN | THE LAKOTA HOUSE

上品で普段から履けるCOLE HAAN

先鋭的なアイデアにも注目が集まっているのが『COLE HAAN(コールハーン)』です。防水性の高いものやナイキのクッション素材を採用したものなど、機能的なものが多く誕生しているのが特徴です。

おしゃれさだけでなく、機能性を追求したい人にぴったりのブランドとして人気を集めています。

コール ハーン 公式オンラインストア

ビジネスからカジュアルまでGrenson

ビジネスシーンからカジュアルまで、さまざまな場面で活躍してくれるのが、イギリスのブランド『Grenson(グレンソン)』です。

ブランド発足当初から培われているグッドイヤーウェルテッド製法とハンドメイドの精神は、今もなお受け継がれています。ビジネスシーンだけでなく、大人の休日をおしゃれに演出してくれるデザインにも注目です。

Grenson | British designer shoes handmade for men & women since 1866

足元にこだわってオシャレになろう

足元にこだわることで、コーディネートの格が上がるだけでなく、ファッションが楽しくなります。

デザインやシルエットなど、いろいろなポイントで遊ぶことができるのが靴の魅力です。自分の個性を発揮できるスタイルを探してみましょう。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME