劇団四季のチケットの取り方。料金やキャンセル方法もご紹介

2019.03.24

劇団四季が初めてで、チケットを取る方法にお悩みではないでしょうか?劇団四季のチケットはネットで簡単にとることができます。しかし、何点か注意点もありますのでここで確認してからチケットを取って劇団四季を鑑賞に行きましょう。

劇団四季のチケットの取り方

劇団四季のチケットを取る方法はいくつかあります。自分あった取り方を確認していきましょう。

ネットまたは電話で予約

まず、初心者にお勧めの取り方は劇団四季の公式ホームページから予約する方法です。また、劇団四季のオペレーターにつないで電話で予約することもできます。ネットか電話か好きな方を選んで予約しましょう。

チケットを取り扱っている大手プレイガイドからも購入できます。取り扱っているプレイガイドはチケットぴあやチケットJCB、JRの主な窓口、旅行代理店などです。

転売による入手はやめよう

ひとつ注意しなければならないのが、2次販売によるチケットの入手です。2次販売とは、公式のチケットサイトではなく、誰かが入手したチケットを定価または定価以上で販売していることで、転売とも呼ばれています。

劇団四季の公式サイトでは、次のような案内が記載されています。

四季株式会社が直販する公演チケットについては、弊社規約で転売が禁止されております。 劇場側の対策も進んでおり、オークション出品等、転売や非正規ルートで入手・購入したチケットは、入場時のQRコード認証等によって無効・入場不可となるケースが日常茶飯事となっております。 そのため、貴社サービスを利用した善意のお客様が、購入したチケットで入場できないなどのトラブルに巻き込まれる可能性がございます。

(引用元:劇団四季公式サイト

近年、人気のチケットなどを転売目的で購入し、高額で売りさばく「転売ヤー」の存在が社会問題化しています。こうした流れを受けて、「転売により入手したチケットでは入場不可」とされる場合があります。

お目当ての公演のチケットが売り切れていたからと言って、高額な転売チケットに手を出すと、せっかくの予定が台無しになってしまうこともあります。

こうした転売チケットには手を出さず、必ず劇団四季のチケットを取り扱っている大手プレイガイドサイトから購入しましょう。どれが安心できるサイトかわからない場合は、劇団四季の公式サイトで購入するのが一番の方法です。

また、劇団四季が運営する公式のチケット転売サイトがあります。ここでは、どうしても都合がつかずいけなくなったチケットが定価で転売されているため、これを使うのも一つの手です。

公演スケジュールから空席を確認

まず、劇団四季の公式サイトにアクセスしましょう。

トップページの上の方にスケジュールというリンクがあります。そこにアクセスすると公演一覧が出てきます。自分の地域や見たい作品の公演スケジュールというところをクリックまたはタップすると公演のスケジュールが一覧で出てくるはずです。

×印がついているところは残念ながらすでに完売している公演ですので、◎・〇・△・▽印がついているところを選びましょう。また、空席状況は10分ごとに更新されていきます。

人気公演は発売開始後すぐに完売となることもざらです。お目当ての公演が決まっていたら、すぐに席を押さえておく方が無難です。

運がよければ当日券も取得可能

劇団四季のライオンキングやキャッツなどの人気公演は、何ヶ月も先まで完売していることがよくあります。特に土日祝に見に行くとなれば、半年以上先まで待つこともあります。そんな公演で当日券を手に入れることはできるのでしょうか。

結論から言うと、人気公演の当日券をとるのは難しいといえますが、不可能ではありません。公式ホームページにアクセスすれば、最新の当日券情報がチェックできます。運が良ければ当日券があるときもありますので、気になる公演があればこまめにチェックしてみましょう。

当日券の販売時間はインターネットなら公演前日の19時から、電話予約なら公演当日の10時から開演2時間前まで、劇場窓口では開演の15分前までです。

劇団四季のチケット料金

つぎに、チケット料金について確認しましょう。劇団四季のチケットは高そうなイメージもあるかと思いますが、実はリーズナブルな席もあります。

チケットは3,000円台から

劇団四季のチケットは劇場にもよりますが、S(S1、S2)、A(A1、A2)、B、Cと分類されています。そして、席の料金はおおよそ3,000円台~10,000円台です。

このうちC席はだいたいが3,240円と安く設定されていますが、後ろから2~3列であまり席数がありませんので、すぐに完売してしまいます。初心者の方は少し値が張りますが、劇団四季を存分に楽しめるS席やA席をおすすめします。

料金設定は地域や作品ごと

料金設定は地域、劇場や作品ごとに違います。まず、公式サイトで自分の近くにある劇場や見たい作品を選んでページにアクセスすると座席料金表がありますので、そこから確認しましょう。

予約の流れと代金支払い方法

見たい作品と公演日が決まったら、さっそく予約していきましょう。予約の流れと支払方法を順番に説明します。

予約から支払いまでの流れ

予約の流れは以下のような流れです。

  1. 作品の公演選択
  2. 公演日・開演時間の選択
  3. 座席・席数の選択
  4. 劇団四季idセンターに登録している方はここでログイン
  5. 小人・学生料金、クーポンなどの割引適用
  6. 支払い・受け取り方法の選択
  7. 予約内容確認
  8. 初めての予約の方はここでお客様情報を入力
  9. 最終確認
  10. 予約完了

予約をするにはまず、公式サイトにアクセスします。アクセスしたら作品・公演・日程・座席・席数を選択しましょう。初めての予約には劇団四季idセンターへのアカウント登録が必要です。このアカウント登録は初めての予約の際に自動的に登録されます。

また、ここでは「四季の会」という有料会員サービスに登録することもできます。「四季の会」に入ればさまざまな特典を受けることができるのです。

例えば、S席などの良席を一般購入よりも早く、少し値段も安く購入することができたり、会報誌をお届けしてもらえたり、チケットを出品する際に手数料が無料になったりします。入会しない方は「四季の会」に入会せずに予約を続けるに進みましょう。

つぎは、クーポンや割引の適用画面になります。クーポンがある方はこちらで入力しましょう。最後に支払い方法を選択し、予約内容を確認してお客さま情報を入力すれば予約完了です。

支払い方法は4種類

劇団四季のチケット予約の支払い方法には4種類あります。

  1. クレジットカード(本人名義に限る)
  2. コンビニ支払い(予約から3日以内に支払いを完了しましょう。現金払いのみです)
  3. Amazonペイメントでの支払い
  4. 銀行・郵便局振込

チケットのキャンセル方法

万が一、チケットを予約した後にキャンセルしなければならないときの方法を解説します。

予約後の取消や変更はNG

劇団四季のチケットは、予約が成立してしまうと取り消しや日程の変更はできません。しかし、劇団四季idセンターで行けなくなったチケットを出品できるシステムがあります。必ず成立するとは限りませんが、チケットを無駄にしないように出品しましょう。

チケットの出品方法

チケットは簡単に出品することができます。まず、劇団四季idセンターのマイページにログインし、「購入チケット一覧」から出品したいチケットを選びましょう。つぎにチケット情報から出品するにチェックしたあとに「出品する」というボタンを押します。購入する人が現れると売買が成立します。購入代金は、返金ではなく劇団四季で次回使えるギフトコードとして返還されますので注意しましょう。

出品の注意点

出品時の注意点をまとめましたのでご紹介します。

出品可能期間はチケットごとに違う

ひとつめの注意点は出品できる期間です。ホームプリントで予約した場合と、チケット控え郵送で予約した場合とでそれぞれ出品可能日が異なっています。出品可能日は記載されていますので確認しておきましょう。

出品はキャンセル可能だが、売れたらキャンセル不可

チケットの出品後、キャンセルは可能です。しかし、売買が成立してしまうとキャンセルができなくなります。

「急に都合がつくようになって、売れた後だけど取り消したい!」と考えても後の祭り。そうなった場合は、あきらめて再度チケットを取り直しましょう。

手数料がかかる

出品したチケットの売買が成立した場合、次回以降使用できるギフトコードが発行されますが、一般購入では成約時に金額の5%の手数料がかかります。「四季の会」会員なら月に5回までの出品は手数料無料という特典があります。

出品可能期間は公演日2日前まで

最後に、公演日2日前までに成約しなかった場合、チケットは返却されるしくみになっています。この場合、チケット代金は帰ってきませんので、残念ですがあきらめるしかないでしょう。都合のつく友達にあげてみれば喜ばれるかもしれませんね。

また、劇団四季idセンター以外のサイトでの2次販売や高額転売はトラブルの元になりますので絶対にやめましょう。

ネットや電話でチケットを予約しよう

劇団四季のチケットはネットや電話で簡単に取れます。またリーズナブルな座席もありますし、当日券も購入できるので気軽に見に行くことができます。チケットを予約した後、万が一行けなくなった場合は劇団四季idセンターに出品して、返還されたギフトコードで次の機会に楽しみましょう。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME