釣り靴の種類と特徴を解説。ソールや機能に注目して選ぼう

2019.03.16

釣り場では滑って転んだり、岩や釣り針で怪我をしたりと危険なことがたくさんあります。安全に釣りを楽しむために、釣り専用の靴は欠かせません。釣りをする場所や季節に合わせた靴の選び方と、機能的でおしゃれな釣り用靴を紹介します。

釣り靴の形の種類

釣り靴には、スニーカーのような形の『シューズスタイル』と、『長靴スタイル』の2種類があります。釣り靴を選ぶときは、最初にどちらのスタイルにするのかを決めてから、ソールや機能を絞り込んでいくと分かりやすいでしょう。

一般的に、シューズスタイルは移動することが多い釣りに向いており、長靴スタイルは移動せず1カ所で釣りを続けるときに向いているとされています。

ただしほかにもメリットとデメリットがあるので、それぞれの特徴を理解して、自分の釣り方に合うスタイルを選ぶとよいでしょう。

歩きやすいシューズスタイル

シューズスタイルは軽くて歩きやすく、暑い日でも蒸れにくいのが特徴です。釣り場までたくさん歩くときや、バス釣りなど場所を移動することが多い場合におすすめです。

形はくるぶしまでしっかり固定できる『ハイカットタイプ』と、くるぶしの出る『ローカットタイプ』の2種類があります。

ハイカットタイプには水が入りにくく、ホールド力が高いため岩場などで足を痛めることが少ないというメリットがあります。

一方のローカットタイプは、軽くて動きやすいため暑い日や長距離の移動に適しています。夏休みなどに気軽に釣りに行く程度であれば、ローカットタイプのほうが使いやすいといえます。

防水、防寒に適した長靴スタイル

防波堤などの波がかかる場所や波打ち際、川べりなどで釣りをするなら、防水性の高い長靴スタイルが最適です。足が濡れることを気にせず、釣りに集中できます。

ただし長靴スタイルは通気性が悪いので汗をかくと蒸れやすく、万が一中に水が入ってしまった時には、決して快適とは言えません。また、重いため長時間履いていると疲れてしまうというデメリットもあります。

車で釣り場のすぐ近くまで行けるならその場で履き替えても大丈夫ですが、駐車場から長い距離を歩く場合は持って行って、釣りを始める直前に履き替えるようにしましょう。

また、長靴スタイルにも『ショートタイプ』と『ロングタイプ』、2種類の形があります。水の中でなければ動きやすいショートタイプ、少し深い場所へ行きたいときや、寒い時期に釣りをする場合はロングタイプがおすすめです。

滑りにくく快適な釣りに

釣り靴の形を決めたら、次はソールの素材に注目しましょう。釣り場は水で濡れていることが多いので、釣り靴はとにかく防水性と、滑りにくいことが重要です。

水に濡れても滑りにくいソールの素材には、『ラジアル(ゴム)』や『ハイパーV』があります。それぞれについて、特徴をみていきましょう。

ラジアルソール

ラジアルソールは凹凸や溝をつけて滑りにくくした、ゴム素材のソールです。アウトドアシューズや長靴によく使われています。

船や防波堤などの平坦な場所で釣りをするなら、ラジアルソールの靴で充分対応できるでしょう。ただし水中のぬめった岩や、濡れた木の上などではとても滑りやすいので注意が必要です。

ハイパーVソール

ハイパーVは、もともとは調理場などの水や油で滑りやすい場所での作業用として開発された素材です。テレビ番組で紹介されたことをきっかけに一般に広く認知され、釣りに最適として釣り人の間でも評判になりました。

ゴロゴロした岩が多い磯や、傾いているテトラポットの上でも滑らないので、さまざまな場所で快適に釣りを楽しむことが可能です。

ただしラジアルソールと同じように、水の中や常に濡れているような場所には向いていません。

磯釣りなどウェットで滑りやすい場所に

磯釣りや川の浅瀬に入る渓流釣りでは、ぬるぬるした岩や小石、海藻、苔、流木などがあるため、ほかの釣り場よりも滑りやすくなっています。

波や水流もあり、足元が見えにくいので大変危険です。このような場所で釣りをする場合は、専用の磯靴やウェーディングシューズを着用することをおすすめします。

ウェーディングシューズを

ウェーディングシューズとは、水の中を安全に移動できるように開発された靴のことです。苔や藻などで滑りやすくなっている場所でも、特殊なソールでしっかりとグリップして転倒を防ぎます。

水から出た後すぐに乾く素材のものや、岩の上を長時間歩いても疲れにくい設計のものなど、いろいろなタイプのウェーディングシューズが販売されています。

スパイクソール

磯靴のソールには、ラジアルソールに金属ピンをつけたスパイクソールがよく使われています。スパイクソールはとくにゴツゴツした岩場で、高いグリップ力を発揮します。

その反面、表面がつるつるしているテトラポットや、防波堤のようなコンクリートの上では滑りやすいため注意が必要です。岩の多い磯場に行くことが多い方は、スパイクソールを1足用意しておくとよいでしょう。

フェルトソール

フェルトには濡れると滑りにくくなる特性があり、ウェーディングシューズのソールとしてよく使われています。

フェルトのみでできているものと、フェルトに金属やラバーのピンがついている、フェルトスパイクの2種類があります。

オールマイティに対応させたいならフェルトのみ、岩場が多いようならスパイク付きを選ぶとよいでしょう。

また、フェルトは乾きにくいので、濡れたまま放置するとカビが発生する危険があります。釣りから帰ったら汚れを洗い流し、しっかり乾かしておきましょう。

SUP釣り、船釣りなどに

歩く必要のないSUP(スタンドアップパドルボード)釣りや船釣りの場合は、釣り靴よりもマリンシューズやサンダルのほうが便利です。

釣り靴よりも軽くて通気性が良く、濡れてもすぐに乾くので1日中快適に過ごせます。マリンシューズの特徴と、釣りにおすすめのサンダルを紹介します。

速乾性に優れたマリンシューズ

マリンシューズは、陸上でも水中でも同じように歩ける水陸両用シューズです。濡れてもすぐに乾くので、釣りの行きかえりにわざわざ履き替える必要がありません。

とくに狭いSUPに、少ない荷物でそのまま乗れるのは便利です。スニーカーのような履き心地で歩きやすく、足の裏から甲まで全体を覆ってくれるので怪我の予防にも役立ちます。釣りだけでなく、海や川でのレジャー全般に使えるのも魅力です。

ダイワの釣り専用サンダル

釣り専用に開発されたサンダルなら、暑い夏の船上でも快適です。ダイワの釣り用サンダルは、オリジナルのラジアルデッキソールにより、非常に滑りにくくなっています。

つま先とかかと部分がしっかり足をホールドして脱げにくいうえに、蒸れを逃がすエアホールがあるので涼しく過ごせます。

  • 商品名:ラジアルデッキフィットサンダル DL-1413
  • 価格:3850~5543円(税込)
  • Amazon:商品ページ

靴下を履くと、より安全

釣り船の上では、露出した部分に釣り針が刺さったり、揺れた拍子に足を踏んでしまったりする危険があります。また、慣れない靴を履いていると靴擦れを起こすこともあります。

このため釣りでサンダルを履く場合は、一緒に靴下も履いておくとより安全です。濡れたらすぐに履き替えられるように、予備を用意しておくとよいでしょう。

安い、高機能。コスパ抜群のワークマン

高い機能を持つワークマンの作業靴は、釣りやアウトドア用としてもとても人気があります。釣りに行く頻度が少ない方でも買いやすい価格、そして普段使いできるデザインも魅力です。

釣り用として人気の高い、コストパフォーマンス抜群の商品を2点紹介します。

滑りにくい ハイパーVセーフティシューズ

ソールにハイパーVを使用したセーフティシューズです。スニーカーのようなデザインで、釣りはもちろんちょっとした散歩やハイキングなど、休日のレジャーにも広く活用できます。

  • 商品名:ハイパーVセーフティシューズ
  • 価格:3500円(税込)
  • 作業着のワークマン公式オンラインストア:商品ページ

冬に最適 ラークス

接地面から5cmの高さまで防水加工がされており、多少足場が濡れていても安心の防寒ブーツです。裏はフリースなので、長時間外にいても暖かく過ごせます。

アウトドアブランドのブーツのようなおしゃれなデザインは、長靴代わりに1足持っていると、急に雪が降った日などにも重宝するでしょう。3000円を切る低価格も、非常に魅力的と言えます。

  • 商品名:防寒ブーツ ラークス
  • 価格:2900円(税込)
  • 作業着のワークマン公式オンラインストア:商品ページ

おしゃれなデザインの釣り靴ブランド

最後に、充分な機能性とおしゃれさを兼ね備えた釣り靴のブランドを紹介します。最新の素材やテクノロジーを駆使した、アウトドアブランドならではの履き心地と計算されたデザインで、釣りに対するモチベーションも上がりそうです。

この機会に、お気に入りの1足を探してみてはいかがでしょうか。

ダナー

ダナーは1932年の創業以来、多くのアウトドアファンに愛され続けているアメリカのトレッキングブーツメーカーです。

防水性と透湿性を両立させた新素材、ゴアテックスを世界で初めて靴のインナーに採用したことでも知られています。

機能的でおしゃれなブーツはあらゆるアウトドアシーンに対応しておりますが、とくにゴアテックス採用の『ダナーライト』は、長時間履いても蒸れずに快適な点が、釣りに最適と評価されています。

価格は高めですが、どんなパンツにも合わせやすく、普段使いもできる上品なデザインで、長く履けそうです。

  • 商品名:ダナーライト
  • 価格:5万9400円(税込)
  • Amazon:商品ページ

コロンビア

人気のアウトドアブランド、コロンビアでは独自開発した防水技術『アウトドライ』と、透湿素材『オムニテック』を採用したトレッキングシューズが、釣り靴として人気です。

山歩き用に開発されたトレッキングシューズは悪い足場を長時間歩いても疲れにくく、濡れた道でも滑りにくいので、移動を伴うタイプの釣りに適しています。

ウエア同様おしゃれなデザインが多く、休日のカジュアルウエアにも合わせやすくなっています。

釣りには安全で快適な靴が必須

途中で靴が濡れてしまったり、靴が合わなくて疲れてしまったりすると、せっかく釣りに行っても楽しめないばかりか、思わぬ怪我をする危険もあります。

安全で快適な靴を履いていくことで、足元に気を取られることがなくなり、釣りに集中できるでしょう。スタイルに合った靴を選んで、最上の釣り時間を過ごしてください。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME