ボウリングボールのメーカーごとの特徴は?おすすめボールもご紹介

2019.03.15

年齢や性別を問わず、誰もが楽しめることで人気のスポーツがボウリングです。真剣に取り組むにつれ、マイボールの購入を検討する人もいるのではないでしょうか。ボール選びに悩む人に、メーカーごとの特徴やおすすめボールについて解説します。

ボウリングにマイボールは必要?

初心者のうちは、ボウリング場に備え付けられているハウスボールを使ってプレーする人がほとんどでしょう。レンタル料などもかからないので、気軽に利用できます。

スコアアップを本気で目指すようになると、多くの人がマイボールを手にしようか迷いますね。そもそも、ボウリングにマイボールは必要なのでしょうか。

もっと上達したいならやはりマイボール

結論から言うと、真剣にスコアアップを目指すなら、マイボールは必要でしょう。ハウスボールでは、どうしても限界があります。

その理由はたくさんありますが、主なものを2点説明しましょう。

まず、重要となってくるのが『指穴のサイズ』です。特に、自分の親指に指穴がピッタリと合っているかどうかは、とても大切です。親指を根元まで入れ、クルクルと回した時に、指の両端が穴の内面にかすかに触れる程度がよいでしょう。

2点目としては、ムダな力を入れることなく、ボールにカーブをかけられるようになることです。このことも、スコアを安定させるには、とても大切なことです。

1番ピンに対して、どの角度でボールが進んでいくかは、ボウリングにとって重要です。真っすぐよりも、角度のついたボールのほうがピンアクションが大きくなり、ピンが倒れる確率がより高まるからです。

自分に合ったボールだと、手首や肘を捻るようなムリな投げ方をしなくても、正しいフォームで自然とカーブボールを投げることが可能です。これは、ハイスコアを狙うにも、体への負担をかけずケガを防止する意味においても有効でしょう。

初めてマイボールの選ぶ時の注意点

初めてマイボールを手にしようとするときに、ただ高性能で高価格のもの選べばよいわけではありません。自分の技術に見合ったボールを選ぶようにしましょう。

ボウリングにおいて、投球の楽しみに『よく曲がる』という面があります。ボールの素材には、ウレタン・ポリエステル・リアクティブといったタイプがあり、それぞれに曲がり方にも特徴があります。

初めてマイボールを購入するなら、やはり初心者でもよく曲がるリアクティブ素材のボールがよいでしょう。

次に、オイルについても考えてみましょう。レーン上には、オイルが塗られています。オイルとコントロールは密接に関連していて、上級者はオイルの状態を深く読みながらプレーします。

初心者であれば、まだそこまでの緻密な計算は不要ですからそれよりも、どのようなオイルの状態でも安定して曲がるタイプのボールを選びましょう。カタログにある『ドライ~ミディアム』タイプを選ぶことがおすすめです。

ボウリングボールのメーカー

ボール選びのポイントについて、いくつか説明してきました。次に、ボウリングのボールには、どのようなメーカーがあるのか見てみましょう。

国内で購入できるものだけでも、30以上ものメーカーが名を連ねます。意外に、ボウリングボールのメーカーは、たくさんあるのです。

メーカーそれぞれの特徴は?

数あるボウリングボールのメーカーは、それぞれ特徴を打ち出して、商品開発に取り組んでいます。

あるメーカーは、オイルに強いことを前面に押し出し、どのようなレーンコンディションにも対応できる点をアピールしています。

また、カーブボールやフックボールの曲がり方を追求しているメーカーもあれば、コストパフォーマンスを考えて耐久性を重視するメーカーもあります。

ボウリングでは、オイルの状態やそのときどきの微妙なフォームの変化などが、スコアに大きく影響します。それだけに、ボールの特徴もしっかりと把握して、自分にマッチしたものを選びたいものです。

ストームは上級者、プロ向け

ハイパフォーマンスボールとして、トップクラスのシェア率を誇るボールが『ストーム』です。とても人気がありますが、だからといって初心者にも向いているかといえば、一概にそうとは言えません。

ストームの最大の特徴の一つに、カーブがよくかかる面があります。しかし、このメリットを生かすには、ボールをコントロールする技術が必要です。そうでないと、意図しない動きに悩まされる結果にもつながりかねません。

そのため、ボールコントロールにまだ自信がない人は、曲がる性質を持つストームより、球筋が安定するタイプのものを選びましょう。

徹底比較、メーカー別おすすめボール

それでは、初心者向けのボウリングボールをメーカー別に厳選し徹底比較します。ボール選びの参考にしてみましょう。

ハイ・スポーツ ビート

初めてマイボールを買うなら、ハイ・スポーツの『ビート』はいかがでしょうか。コントロール性の高さに定評があるので、初心者のプレーをしっかりとサポートしてくれます。

ダイヤ型のコアと、カバーストックにはリアクティブウレタンを採用したビートは、摩擦力が大きな特徴です。このことが、安定したコントロールを生み出してくれます。

  • 商品名:ビート
  • 価格:1万4113円(税込)
  • Amazon:商品ページ

Brunswick ライノ

新素材のカバーストックであるR-16リアクティブを採用した『ライノ』も、初めてのマイボールにおすすめの一品です。

ドライからオイリーまで、あらゆるレーンコンディションの中で、抜群のコントロール力を発揮します。

また、他製品と比較して、初心者でもフックモーションを簡単に得られるので、ピンアクションの楽しさも感じられるでしょう。

  • 商品名:ライノ
  • 価格:1万1800円(税込)
  • 楽天:商品ページ

ABS ジャイレーション

コア全体にハイパフォーマンスコアを使用した『ジャイレーション』は、性能と価格のバランスを追求したモデルです。高いコストパフォーマンスを実現していることで、初心者に最適なボールと言えるでしょう。

同一のカバーストックを使用しつつ、表面加工の違いで3タイプの異なる曲がりを実現しているので、ボウラーの特徴に合わせたボール選びができます。

  • 商品名:ジャイレーション
  • 価格:7290 円(税込)
  • Amazon:商品ページ

気に入ったメーカーのマイボールを選ぼう

ボウリングボールには数々のメーカーがあり、多様な商品が販売されています。どれにも異なる特徴があり、それぞれのボウラーに適したボールを選ぶことが大切です。自分にマッチしたマイボールで、さらにハイスコアを目指しましょう。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME