ラグビーシューズは自分にあったものを。人気のあるシューズも紹介

2019.03.14

ラグビーは、サッカーや野球と比べると競技人口が少ないスポーツです。そのため、ラグビーシューズを取り扱う店も少ないといえます。自分に合ったラグビーシューズを見つけるために気をつけるべきポイントを紹介します。

ラグビーシューズってどんなもの?

ラグビーシューズの特徴とはいったいどのような部分なのでしょうか?サッカーシューズとの違いについても解説していきます。

サッカースパイクとの違い

一見するとサッカースパイクのようにも見えるラグビーシューズですが、『ラグビースパイク』と『サッカースパイク』の機能は異なります。

ラグビースパイクは、サッカースパイクに比べて『スタッド』と呼ばれる、靴底についている滑り止めの突起物が長いという特徴があります。ラグビースパイクは2cmほどありますが、サッカースパイクはもう少し短くなっています。

ラグビーは、プレー中にタックルなど押し合う動作が生じるため、滑らずに体を支えられるよう、長めに作られているのです。

スタッドの数も、サッカースパイクであれば規定はなく、多いものであれば人工芝用スパイクで32本のものもあります。一方、ラグビースパイクは8本であることが一般的です。

スタッドは取り替え式と固定式

スタッドには『取り替え式』と『固定式』があります。これはサッカースパイクも同様です。

取り替え式はネジを回して交換できます。

取り替え式と固定式の違い

では、ラグビーをプレーする上で、『取り替え式』と『固定式』のどちらを選べばよいのでしょうか?それぞれの特徴を説明します。

取り替え式のメリットとデメリット

ラグビースパイクでは『取り替え式』が一般的となっており、中にはラグビースパイクはすべて取り替え式と勘違いしている人も多いようです。

取り替え式のメリットは、『強度』と『安定性』です。タックル時にも力を入れて踏ん張りやすかったり、滑りにくかったりという特徴があります。

これは、スタッド部分が長いものが多く、スタッドがしっかりと地面に刺さることで、グリップしてくれるためです。

一方で、取り替え式のデメリットは、足の裏が疲れやく、痛くなることもあります。

固定式のメリットとデメリット

『固定式』のメリットは、足が疲れにくいことです。その一方で、踏ん張りがききにくく、滑りやすさは増してしまうことがデメリットです。

雨の日などは特に滑りやすいため、途中で雨が降ってきた場合はスパイクを変える必要があります。

取り替え式と比較するとスタッドが太く、泥が落ちづらいために走りづらくなるのです。

ラグビーシューズの選び方

それぞれのメリット・デメリットを理解した上で、どのような観点からラグビーシューズを選べばよいかをまとめてみました。

とても大切なポイントなので、これから購入を検討している人は目を通しておくとよいでしょう。

ポジションから選ぶ

ラグビーは担当するポジションによって、プレーで求められる動きが異なります。スパイクの特徴も、その動きに適したものを選ぶことで、パフォーマンスアップにつながります。

フォワードの場合は、相手の選手に負けないようにしっかりと地面をグリップするパワーのあるスパイクを選びましょう。守備をしっかり固めるためにも、重量感のあるしっかりとしたものがおすすめです。

バックスの場合は、瞬時に動く反射性が求められるポジションです。それゆえ、軽くて動きやすいスパイクを選ぶ必要があります。走りながらの方向転換にも支障がないものを選びましょう。

上記を参考にしながらも、自分の足にフィット感があって、直感で心地よいものを選ぶことが大前提です。ストレスなく、プレーに集中できるものを見つけましょう。

利用するグラウンドで選ぶ

取り替え式スパイクの場合は、グランドの状態によってスタッドを取り替えることができます。

また、プロ選手はスパイク自体をグランドにあわせて適切なものに変えています。厳密には、同じグランドでも雨が降ると状態は変わるので、適切なスパイクが変わります。

長さが短く、硬い天然芝の場合は、グリップ力のあるスパイクが適しており、スタッドの本数は多くないものがおすすめです。天然芝は足への負担も少ないため、踏ん張りやすいスパイクを使用して、最大限その魅力を生かしましょう。

人工芝の場合は、長さがあります。つまり、足への負担が大きくなってしまいます。スタッドの本数が多いスパイクを選べば、グランドと接する面が多いため、足を守る役割を果たしてくれます。

グランドが土の場合は、硬いので衝撃から足を守るために、スタッド本数が多く、また高さのあるものが適しています。土の場合は、固定式がおすすめです。

素材から選ぶ

素材は、自分の足にフィットする感覚のある好みのものを選びましょう。

一般的な靴と同じですが、天然皮革であれば履き続けることで足に馴染みます。通気性にも優れている点がメリットですが、雨に弱く、しっかり手入れをしなければ痛みやすいのがデメリットです。

人口皮革の場合は、どんなに濡れてもお手入れが楽で耐久性も高いのが特徴です。しかし、天然皮革に比べると通気性は悪く蒸れやすいのがデメリットです。

人気のラグビーシューズ

最後に、代表的なメーカーの人気ラグビーシューズを3足紹介します。

adidas ラグビーシューズ マライス SG

安定感とフィット感ともに定評のあるシューズで、『固定式』と『取り替え式』のメリットを組み合わせたコンビネーションタイプです。

足を突き上げるような不快感や痛みを軽減し、しっかりと地面を捉えられるように作られています。軽量モデルなので、走りやすいことも特徴です。

白い靴本体に、上品なシルバーでアディダスの代名詞ともいえる3ストライプが入っています。また、後ろから見るとロゴも光ります。スマートでおしゃれなデザインで人気です。

赤いラインの際立つブラックもあり、サイズ・カラーによって価格が異なります。

  • 商品名:adidas ラグビーシューズ マライス SG
  • 価格:4989〜8699円(税込)
  • Amazon:商品ページ

adidas ラグビーシューズ カカリSG

強度を追求したモデルで、激しいタックル時にもしっかり耐えてくれます。フォワードの選手におすすめのモデルです。

カラーは、メリハリのある黒と赤のコンビデザインと、鮮やかな緑と黄色があります。ともにadidasを代表する三本線が際立ちます、

  • 商品名:adidas ラグビーシューズ カカリSG
  • 価格:4989円(税込)
  • Amazon:商品ページ

MIZUNO ラグビーシューズ サムライスピード 2

柔らかく、快適性の高いマイクロファイバー素材を使用したスパイクです。また、両足で460gと軽量化も実現しています。フィット感と軽量であるスパイクなので、とても走りやすいです。

マイクロファイバーはお手入れも楽なので、雨の日でも気にせず使うことができます。また、プレー中もほかの素材に比べて重くもなりにくいでしょう。

デザインはミズノの定番カラーであるブルー・イエローの組み合わせです。ブルーがメインカラーで、イエローは差し色なので、あわせやすいデザインになっています。モノトーンカラーのウェアが多い人にはおすすめです。

この商品はサイズによって価格が異なります。

  • 商品名:MIZUNO ラグビーシューズ サムライスピード 2
  • 価格:1万2787〜1万7280円(税込)
  • Amazon:商品ページ

自分にあったラグビーシューズを選ぼう

一言でラグビースパイクといっても、その特徴はさまざまです。固定式・取り替え式、素材ごとにそれぞれメリット・デメリットがあります。

自分のポジションや自分の足にもっともフィットするものを選びましょう。そうすることで、快適にプレーに集中し、パフォーマンスやスキル向上につながります。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME