ボウリングに使うマイボールの選び方とは?自分専用ボールでスコアアップ

2019.03.14

ボウリングのスコアアップを目指すなら、マイボールでのプレイがおすすめです。カスタマイズしたマイボールを使うと投球がラクで、ボールのコントロールもしやすくなります。自分にピッタリなマイボールの選び方を見ていきましょう。

マイボールでスコアアップは期待できる?

ボウリングのボールには『ハウスボール』と『マイボール』の2種類があり、一般的にハウスボールよりマイボールのほうがスコアアップにつながると言われています。

ハウスボールとの違い

ハウスボールは、ボウリング場に置いてある一般的なボールを指します。マイボールは、一人ひとりの持ち方や投球方法などに合わせて作られた個人専用のボールです。

また、ボールの曲がり具合にも違いがあります。ハウスボールは曲がりにくい構造をしているのに対し、マイボールは『コア(ボールの中心核)』の形状や位置を変えることで、ボールの曲がり具合が調節できるのです。

マイボールは、指の穴もカスタマイズできます。ハウスボールは指の穴が大きめに開けられ、親指の穴は第一関節まで入るように作られていますが、マイボールは自分の指にフィットした穴をドリルで開け、親指が付け根まで入る設計です。

このため、マイボールのほうが指や手首への負担が少なく、ラクに投球できます。

スコアアップを狙うならマイボールがおすすめ

それでは、なぜマイボールだとスコアアップが期待できるのでしょうか。

1つ目の理由は、マイボールは曲がりやすいからです。ボールが曲がるとピンは倒れやすくなるので、ハイスコアが目指せます。

2つ目は、指がボールにフィットするので無理なく投球しやすく、フォームが安定するからです。フォームが安定すると、ボールがいつも同じ方向に向かうのでスコアも安定します。

マイボールの選び方

ハイスコアを目指しボウリングを楽しむには、自分に合ったボールを見つけることが大切です。それでは、どのようにマイボールを選べばよいのか、ポイントを紹介します。

最初に予算を決めておく

ボールを選ぶときは、素材や重さなどさまざまなポイントをチェックすることが必要です。特に初めてマイボールを購入する人やボールに詳しくない人は、まず予算を決めておくと選びやすくなるでしょう。

ボールの価格は、数千円から数万円まで性能や素材によって異なります。

レベルや目的に合った表面素材を選ぶ

表面素材は、ボールの曲がり具合を左右する大切な要素です。素材には、ポリエステル・ウレタン・リアクティブなどがあります。

ポリエステルとウレタンはハウスボールによく用いられ、カーブが出しにくい素材です。摩擦力が少ないウレタンは、投球フォームを安定させるのに最適で、初心者におすすめです。ウレタンより摩擦力が弱いポリエステルは、スペア用として重宝されています。

リアクティブは摩擦力が強い素材で、フックボールやカーブボールなど、カーブを極めたい中・上級者に向いているでしょう。

コアの形から選ぶ

コアはボールの中心核にあたる部分で、ボールの曲がり具合やコントロールに大きな影響を与えます。

コアの位置が中心に近いほど転がりやすく、早いうちから曲がろうとする傾向があります。反対に中心から遠くなると転がりにくく、ピンの近くで曲ろうとするのが特徴です。これを数値化したのが『RG』で、数値が低いほど転がりやすいことを意味します。

また、縦と横の差が大きいコアは強いカーブが出せ、差が小さくなるほどカーブが緩やかです。こちらも『⊿RG』という表示で数値化されており、数値が大きいほど強く曲がることを覚えておきましょう。

自分に合った重さのボールを

ボールの重さは、一般的に体重の1/10を目安に選ぶとよいと言われています。しかしマイボールは指にフィットする分、通常より軽く感じることがあるため、目安の重さより1~2ポンド(450~900g)ほど重いボールを選ぶのがおすすめです。

マイボールはどこで購入できる?

マイボールの作成は、まずボールの選択から始まり、指の採寸、ドリルで穴を開けて仕上げます。作成には通常30分~1時間かかり、費用はボール本体+ドリル料が必要です。

基本はプロショップで

購入場所は、素材やコア、重さやレーンコンディションとの関係など、いろいろ相談できるプロショップがおすすめです。特に初めて作成する人は、よく行くボウリング場で購入するといいでしょう。

通販サイトでも購入可能

ボールだけなら、通販サイトでも購入可能です。通販で購入する場合はボールに穴が開いていないので、別途ドリル料を払いプロショップやボウリング場に穴開けを依頼することになります。

マイボールで充実したボウリングライフを

マイボールは、ボウリングのスコアアップに欠かせないアイテムです。マイボールを使うと、ボールは曲がりやすく、投球フォームも安定します。自分に合うボールを見つけて、これまで以上にボウリングを楽しみましょう。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME