結婚式にビジネスバッグはアウト!マナー違反にならない男性用バッグ選び

2019.03.13

男性は結婚式に手ぶらで参列してもOKですが、荷物が多い場合は『クラッチバッグ』を使うのがおすすめです。フォーマルシーンにふさわしい素材や色、サイズを選びましょう。大きな荷物の預け方やNG例なども解説します。

結婚式でふさわしくないバッグは?

結婚式や披露宴などの大切な式典においては、男女ともにフォーマルな装いをするのがマナーです。男性はブラックスーツが基本なので、それに合わせた小物類をそろえましょう。以下のようなバッグは結婚式では『マナー違反』とみなされます。

いくらおしゃれでもリュックやトートはNG

荷物が多いときに重宝するリュックや多用途で使えるトートバッグは、オフ日のカジュアルファッションに合わせるバッグです。

どちらも容量があり、もらった引き出物を入れるのに役立ちますが、式場内に持ちこむのはNGです。フォーマルな装いに不釣り合いな上、かさばってスマートに見えないなどのデメリットがあります。

ゲストやほかの招待客が正装をしている中で、カジュアルな小物を身に着けることはマナー違反です。

仕事のイメージがあるビジネスバッグもNG

ビジネスバッグは、リュックやトートに比べて堅い印象があり、一見、フォーマルスーツとの相性もそれほど悪くないように思えます。

しかし、パソコンを入れたり、書類をしまったりと、仕事上で使用する道具の1つに過ぎず、フォーマルなシーンで使うにはサイズが大きすぎます。ビジネスバッグで式に参列すると、仕事の帰りについでに立ち寄ったような印象を与えてしまうでしょう。

『お祝いの式』であることを考えれば、普段使っているビジネスバッグは、相手に失礼であることがわかるはずです。仕事や出張の帰りに式に参列する人は、式場入り口のクロークに荷物を預けるのが一般的です。

木綿などの布製やビニール製もNG

バッグの形や大きさと同じくらい重要なのが『素材』です。

女性用のパーティバッグはベロアやサテン、エナメル、ビーズなど素材も形も千差万別ですが、男性の場合、布製やビニール製のバッグを持つのはふさわしくありません。

上質なフォーマルスーツが、一気に安っぽく見えてしまうでしょう。

男性が結婚式でバッグを持つならシンプルで上質な『革製』がベストです。ただしクロコダイル皮やヘビ皮などは、マナー違反になるので注意しましょう。革の選び方について詳しくは後述しています。

結婚式には上質なクラッチバッグがおすすめ

式場に持ち込めるバッグは『クラッチバッグ』一択といっても過言ではないでしょう。クラッチバッグは小脇に抱えられる比較的小さなサイズで、フォーマルな装いにもしっくりとなじみます。

男性は本来手ぶらが基本

結婚式や披露宴で、バッグを持っている男性はそれほど多くはありません。

女性の場合、ドレスにポケットがないのでハンカチや口紅を入れるバッグが必要になりますが、男性のジャケットにはポケットがあるので、男性は手ぶらでも参列が可能なのです。

式場に持っていく荷物といえば、ご祝儀袋・ハンカチ・財布・招待状・スマホぐらいではないでしょうか。

ご祝儀袋は受付で渡してしまいますし、大きな長財布も必要がないので、男性は基本的にポケットがあれば十分といえます。

荷物が多いならクラッチバッグを持とう

ポケットが物でパンパンになっている姿は格好が悪く、忘れ物や落とし物にもつながります。スーツや礼服に大きなポケットがついていない場合、または荷物が多い場合は『クラッチバッグ』を使いましょう。

『クラッチバッグ』は肩ひもや持ち手がないハンドバッグで、片手で抱え込んで持つのが一般的です。コンパクトサイズなので、フォーマルスーツにもなじみ、相手に違和感を与えません。

1つあればいろいろなシーンで使える

クラッチバッグは、もともとはポケットのないドレスを着用する女性向けが多数でしたが、1990年代あたりから、スーツを着た男性がクラッチバッグを携帯することが流行しました。

クラッチバッグといっても素材や色、大きさはさまざまです。上質でシンプルなものを選べば、フォーマルシーンはもちろん、日常のいろいろなシーンで活躍してくれるでしょう。

トートバッグやリュックよりも落ち着いた大人の雰囲気が演出できるところもメリットです。

ラフなパンツスタイルに合わせるのもよし、クラシカルなコートに合わせるのもよし、コーディネートの楽しみ方は無限大です。

クラッチのカッコいい持ち方は?

クラッチバッグは持ち方次第でクールにもやぼったくも見えるアイテムです。

小脇に抱えると、人によっては集金のおじさんやバブル時代のビジネスマン風に見えてしまうので、手のひらで底を抱えるようにして持ちましょう。

結婚式で持てるクラッチバッグの条件は

近年は、カジュアルなファッションに合わせられるおしゃれなクラッチバッグが出ています。フォーマルな結婚式では、目立ちすぎず、品がよく見えることがポイントです。結婚式に使えるクラッチバッグの条件を確認しましょう。

メンズは黒が基本。白や鮮やかな色は避ける

結婚式で着用するフォーマルスーツは黒が基本なので、バッグも正装に合わせた『黒』を選ぶのが無難です。どんな色にも合わせやすく、全体を引き締める効果が期待できます。

黒でなくても、ダークグレー・ダークブラウン・ネイビーなどの落ち着いた色であれば問題はありません。スーツや小物とのコーディネートを考えて、ちぐはぐにならないものを選びましょう。

逆にNGなのは、白を中心とした明るい色、または鮮やかな色です。ブランドの大きなロゴが付いたものや柄ものも、バブル時代を連想させてしまいます。

カーフなどの上質な革製がおすすめ

クラッチバッグの素材は、安っぽいビニールや布製ではなく『革製』がよいことを紹介しましたが、革製といってもさまざまな種類があります。

フォーマルシーンにふさわしいのは、カーフスキンなどのやわらかくて上質な牛革です。キメが細かいものは、ほどよい光沢があり、持つ人に上品さや優雅さを与えてくれるでしょう。スーツとの相性も抜群です。

同じ革製品でも、ヘビ・クロコダイル・スエードなどは『殺生』を連想させるので、お祝いの席では好まれません。特に年配者が多い席では『常識知らず』と思われてしまう可能性があります。

男性ならサイズは少し大きめでもOK

素材や色のほかに、クラッチバッグの『サイズ』も重要です。女性の場合は、口紅やハンカチが入る程度の小ぶりなものが好まれますが、男性の場合はひとまわり大きめでOKです。

目安としてはA4サイズ以下のものを選びましょう。パソコンや書類がすっぽりと入る大きなタイプは、ビジネス的な要素が強く、フォーマルスーツとのバランスがよくありません。

また、マチが厚すぎるとあか抜けない印象になるので、できるだけスリムでコンパクトなものを探してみましょう。

3万円未満で高見えのお手頃クラッチ

フォーマルシーンで使えるクラッチバッグは、少なくとも3万円以上が相場ですが、値段以上の仕事をしてくれる3万円未満の『高見えクラッチバッグ』を紹介します。

TAKEO KIKUCHI ベーシッククラッチバッグ ブラック

『TAKEO KIKUCHI』(タケオキクチ)は、日本の高い技術と品質の高さが自慢のTOKYO発信のブランドです。

ベーシッククラッチバッグは、奇をてらわないオーソドックスなデザインで、ビジネスシーンにもパーティーにも使えます。

本体はナイロン製ですが、まるで本物の革のような高級感が感じられる高見えバッグです。

  • 商品名:TAKEO KIKUCHI ベーシッククラッチバッグ ブラック
  • 参考価格:12,960円(税込)

Calvin Klein プラティナム ダイス レザークラッチ

『Calvin Klein プラティナム』のクラッチバッグは、上質な国産レザーの素材のよさを最大限に引き出すシンプルなデザインが魅力です。

通常2枚の革で構成される本体部分を1枚の革で仕上げたことで、2枚革にはない滑らかなカーブとフィット感が生まれています。

マチがほとんどないスリムなシルエットで、フォーマルにもカジュアルにも最適でしょう。

  • 商品名:Calvin Klein プラティナム ダイス レザークラッチ
  • 参考価格:24,840円(税込)

FURLA MAN MARTE タブレットケース

『FURLA』(フルラ)は1927年にイタリアで誕生したファッションブランドで、品質が良く、どれも購入しやすいプライスなのが特徴です。日本ではウィメンズのカバンや財布が人気ですが、メンズアイテムの品ぞろえも充実しています。

『FURLA MAN MARTE タブレットケース』は、パーティーのクラッチバッグとして使えるシンプルなデザインです。牛床革にラミネート加工を施しているので傷がつきにくく、使いやすさも抜群です。

  • 商品名:FURLA MAN MARTE タブレットケース
  • 参考価格:23,760円

3万円から5万円までのおしゃれなクラッチ

大人の男性用のクラッチバッグとしては、3~5万円前後のアイテムが最も多いでしょう。ミドルクラスのアイテムは、質のよさと使いやすさの両方を兼ね備えています。

GANZO サケット2 クラッチバッグ

『GAONZO』(ガンゾ)は、高品質のレザーアイテムを扱う男性向けブランドで、革のなめしから磨きまで、匠の手によって丁寧に製作されているのが特徴です。

2WAYサイズのクラッチバッグはさまざまなシチュエーションで重宝するでしょう。

口元上部はピンキングカットの紙袋風なので、いつもの装いに大人のこなれ感をプラスしてくれます。一方、コンパクトに折りたたむと洗練された印象になるので、フォーマルシーンに最適です。

  • 商品名:GANZO サケット2 クラッチバッグ
  • 参考価格:25,920円

PELLE MORBIDA MBEN004 クラッチバッグ

『PELLE MORBIDA』(ペッレモルビダ)は船で優雅に旅するような成熟した大人向けに作られたブランドで『クオリティオブライフ』をテーマにしています。

時代や流行にとらわれないグローバルスタンダードのアイテムは、長く使えば使うほど愛着がわくでしょう。

こちらのクラッチバッグは細かい波型の押しレザーにワンタッチで開く錠前が付いたクラシカルなデザインです。やや丸みと厚みのあるフォルムはいつものスタイルに上品さを加えてくれるでしょう。

  • 商品名:PELLE MORBIDA MBEN004 クラッチバッグ
  • 価格:38,700円

SLOW bridle clutch Lsize

『SLOW』は、『自分たちが持ちたくなるモノを作る』をテーマにし、長く愛用できる革製品を作り続ける日本のブランドです。アイテムはどれも匠の手技が感じられる丁寧な造りで、使い込むごとに味わいが感じられるでしょう。

こちらのクラッチバッグには、堅牢で耐久性が高いTHOMAS WARE&SONSの『ブライドルレザー』が使われているのが特徴です。

表面には白っぽいロウの粉(ブルーム)が付着していますが、時間が経つごとに自然に落ちていきます。その時々の風合いの美しさを楽しみましょう。

  • 商品名:SLOW bridle clutch Lsize
  • 価格:48,600円(税込)

5万円以上、一流ブランドの上質クラッチ

小型のクラッチバッグは、5万円以上になると『一流ブランドの上質クラス』になります。素材や風合いにこだわった大人の男性にぴったりのアイテムを紹介しましょう。

Felisi 1303EN クラッチバッグ

イタリアのフェラーラで創業した『Felisi』(フェリージ)は、伝統的な製法に新しい時代のエッセンスを取り込みながら成長を続けているブランドで、製品はどれも丈夫で個性的です。

『1303EN クラッチバッグ』は本体にアルペンヨーロッパカーフを使用した上質な仕上がりで、レザーならではの経年変化が楽しめるのが魅力です。

さりげないゴールドのロゴや引き手のフリンジがアクセントになってより高級感を醸し出しています。男女どちらが持っても違和感のないデザインです。

  • 商品名:Felisi 1303EN クラッチバッグ
  • 参考価格:62,640円

COCOMEISTER ブライドルロイヤルクラッチ

『COCOMEISTER』(ココマイスター)は、昔からの伝統職人の技を現代に伝える日本の革製品ブランドで、厳選された素材をふんだんに使っているのが特徴です。

『ブライドルロイヤルクラッチ』には、最高峰の皮革として名高いブライドル・レザーの一枚革を使用しています。錠前で開け閉めするクラシカルなデザインは、成熟した大人の男性にぴったりでしょう。

フォーマルシーンではブラックやダークネイビーがおすすめですが、ロンドンキャメルやモスグリーンなど、上品で味わいのあるカラーもそろっています。

  • 商品名:COCOMEISTER ブライドルロイヤルクラッチ
  • 参考価格:105,000円

TOM FORD クラッチバッグ

『TOM FORD』(トムフォード)はグッチやイヴサンローランのクリエイティブディレクターをつとめた人物で、素材や裁縫にこだわった仕立てのよいアイテムの数々を生み出してきました。

クラッチバッグは、収納力と見た目のスマートさを両立したシンプルなデザインで、A4サイズの書類もすっぽりと入ります。厚みのある上質なグレインレザーが使われており、幅広い年齢層に好まれるでしょう。

上部から側面まで大きく開く設計なので、物の出し入れが楽です。ビジネスシーンでも活躍してくれそうですね。

  • 商品名:TOM FORD クラッチバッグ
  • 参考価格:98,000円

結婚式での荷物に関するマナーをチェック

結婚式に参列するのに、大きな荷物を持っている場合はどうすればよいのでしょうか?マナー違反とみなされないための荷物の管理法について解説します。

大きな荷物はクロークに預ける

結婚式場内で大きな荷物を持っている人はほとんど見かけません。仕事帰りや遠方から来た人でもスムーズに式に参加できるように、通常はクロークが設置されています。

大きなバッグはクロークに預け、クラッチバックのみ、または手ぶらで式場に入りましょう。

大切な式の途中、クロークと席の間を何度も行ったり来たりするのはマナー違反です。貴重品をクロークに預けっぱなしにしていないか、必要なものは身に着けているかを再度確認しましょう。

預けるバッグにも最低限のマナーを

クロークに預ける荷物に関しては『どんな荷物でも預けてOK』とする意見がありますが、買い物袋や紙袋に入れた荷物をごちゃごちゃと置いておくのは、大人の男性としてスマートではありません。

クロークに預ける荷物に関しても、コーディネートやTPOにかなったものが理想です。

ホテルや式場によっては、挙式の後でなければクロークが開放されない場合があります。万が一荷物が預けられないことを考えて、荷物の『量』や『見た目』にも気を配りましょう。

式の間クラッチバッグを置く場所は

結婚式や披露宴では、食事がメインになるので、招待者は円卓に着席します。荷物の置き場所は確保されていないため、しっかりと自分で管理しなければなりません。

小さなクラッチバッグは、椅子の背もたれと背中に挟むように置くのが通常です。膝の上に乗せてもいいですが落としやすいのがネックでしょう。

また、いくら小さなバッグでも、テーブルの上に置くのはNGです。食べ物とバッグを同じテーブルに置くのは不衛生と考える人が多いためです。

床に置くと、料理やお酒をサーブしてくれる人がつまずいてしまう恐れがあるので気をつけましょう。

おしゃれなクラッチバッグでスマートな男に

結婚式に参列する機会はそう頻繁にはありませんが、フォーマルスーツにも使えるクラッチバッグを1つ準備しておくと、いざという時でも安心です。

ビジネスやプライベートでも使うことを考慮して、場面を選ばないシンプルなものを選ぶとよいでしょう。

カーフなどの上質な素材は、使えば使うほど味が出てきます。クラッチバッグを購入する際は、予算が許す限り、できるだけ質のよいものを選びたいですね。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME