ビールまでも透明に?いつでも飲めるノンアルコールビール

2019.03.13

爽快な喉越しに麦の香り。キンキンに冷えたビールを楽しむのは全世界共通の大人の特権です。特にビールが好きな人からすれば、時間や場所にとらわれずあの味を楽しむことができたらどれほど幸せでしょう。本項ではそんなニッチな幸せを手に入れられる『透明なノンアルコールビール』について解説していきます。

ビールもついに透明に?

無論ビールはお酒であるため、仕事中や休憩時間に飲むことはできません。ではお酒ではないノンアルコールビールならば…デスクの上にノンアルコールビールの缶が乗っている光景を想像すると…とてもではありませんが職場で飲むことはできないでしょう。缶のデザインを隠せたとしてもやはりコップに注いでしまえばただのビールです。

しかし「それでもこっそりビールが飲みたい」という方は大勢いるかと思います。そんなニーズに合わせて昨今の透明ドリンクブームの波に乗って現れたのが’『透明なノンアルコールビール』です。

ですが透明なビールと聞いても果たしてどのようなものなのか想像しづらいかと思います。ここからはそんな方のためにひとまず『ビール』は切り離して『透明』な飲み物について解説します。

透明飲料は注目の飲み物?

近年では何かと注目を集めて、新商品が発売される度に著名なメディアにも取り上げられる『透明飲料』。スーパーに限らずコンビニでも多くの種類の商品が立ち並び、透明飲料を見ない日はありません。全国的に注目されているといっても過言ではありません。ではなぜここまで注目されるのか。

もちろん「あの飲み物が透明に」と聞いただけでそれなりにインパクトがあります。ですがそれだけではここまでロングヒットしてさまざなバリエーションの商品が開発されることはないはずです。透明飲料を手に取る消費者は果たしてどこにメリットを感じているのでしょう。

透明飲料のメリット

透明飲料の1番のメリット。それは人の目、特に職場環境における人の目を気にせず好きな物を飲むことができることでしょう。少々古い考え方ですが、やはり職場で飲む飲み物は『水かお茶、一歩譲ってコーヒー』という慣習が残っているのは事実です。そんな中でも色が透明ならばその慣習にとらわれず水として職場に持ち込み、いつでも飲むことができるのです。

またそういったメリット面を考慮してか、入れ物も従来の形の入れ物からシンプルな飲料水系のボトルデザインが販売されており、ラベルさえ剥がせば本当にただに水に見えるような工夫がされています。もはや透明色は『職場迷彩カラー』であり、現代の職場に合わせたデザインといえるでしょう。

透明なビールの種類は?

ここまで透明飲料について解説してきました。透明飲料に理解が深まってきたと思います。ここからは話を戻して透明なビールについての知識や現在はどのような種類の透明なビールが販売されているのか?商品によってどのような工夫がされているのか?さらに理解を深めるために主に販売されている透明なビールの種類を詳しく掘り下げて紹介します。

ノンアルコールのサントリーオールフリーオールタイム

2018年の初夏に満を持してサントリーから発表、発売された「オールフリーオールタイム」。この商品はあくまでノンアルコールビールとしてではなく、近年需要が高まっている甘味料などが含有されていない無糖炭酸水の部類で開発されたものです。

注目の味わいは主に「ランチタイムや仕事中のリフレッシュ目的で飲むビール’’テイスト’’の炭酸水」というコンセプトに基づいており、無理にビールに近づけるのではなく『ビールっぽさ』が売りの商品です。

  • 商品名:オールフリーオールタイム 380ml
  • 参考価格:203円

仕事中でも飲めるビールの味は?

ビールを感じる程度の香りとビール以上にすっきりとした苦味で常飲しやすく、お酒という概念を完全に取り払っています。また飲むことでリフレッシュすることを前提としているためほのかにライムフレーバーをプラスしており、よりすっきりとした味わいが楽しめます。

パッケージにもこだわりが

ボトルデザインもビールのイメージから大きく離れた仕事中のデスクに置いてあっても全く違和感のないデザインになっているため、そこまで周りの視線を気にせずビール感を楽しむことができ、ラベルを剥がしてもおしゃれなエンボス加工が施されており、よりスタイリッシュに小洒落た感覚で持ち歩くこともできます。

アサヒからは発泡酒のクリアクラフト

前述したオールフリーオールタイムとほぼ同時期にアサヒが東京と大阪の一部の店舗で限定販売したのが「クリアクラフト」です。

この商品は「乾杯後も飲み続けられるビール」が主なコンセプトとなっており、味わいと同時に見た目もすっきりさせようという流れで透明になるように開発されました。このようにコンセプトや開発経緯に到るまでがオールフリーオールタイムと大きく違います。

あくまでもお酒、そしてビールとして開発されたものなので、仮にボトル販売が開始されてもオンタイムに楽しむことはできないでしょう。数量限定で提供され、現在は出荷されていませんが顧客の声を参考に新たに美味しくなったものが提供される可能性があります。そのため、どうしても飲んでみたい方はアサヒの公式発表を待ちましょう。

  • 商品名:クリアクラフト 600ml
  • 価格:500円

酒税法では発泡酒、その味は?

原材料の割合的に発泡酒に分類されるクリアクラフトの気になる味わいですが、コンセプト通りのスッキリ感がしっかりと前に出ており’’乾杯後も飲み続けられるビール’’としてしっかりと完成しています。

香りは非常にフルーティで柑橘系のフルーツを思わせる非常に抜けの良い残り香が印象的です。またビールにおける1番の重み的要素である苦味を弱めることができているため、ビールを飲まない人やビール初心者にもおすすめできるハードルが低く非常に飲みやすい味わいです。

クリアクラフトの開発には8年も

このクリアクラフトは商品として提供するまでになんと8年もかかっています。では一体どの工程に置いてそこまで時間がかかったのか。それは「味」の開発です。

色自体を透明にすることに関してはそこまで時間はかからなかったようですが、味わいに関しては非常に難航したようです。従来の材料を抜くか抜かないか、はたまたどのようなものを調合するか、試行錯誤を繰り返し100回以上の試作品を開発し完成にこぎつけた、まさにこだわりの一杯といえるでしょう。

透明飲料ブーム?他にもある透明な飲み物

2019年現在、透明なビールの他にも様々な透明飲料が日々開発、販売されています。ここからはそんな中でもビールより幾分ハードルが特に低いオーソドックスな飲み物、コーヒーと紅茶の透明版商品を紹介します。

透明のコーヒー、クリアラテ

クリアラテはアサヒが販売している透明なカフェラテフレーバーの飲料水です。あくまでフレーバーのため、がっつりとコーヒーの味がするわけではありません。含有される成分もコーヒーフレーバーに仕上げるのに必要な最低限のものしか使用されていないため、カロリーを抑えながらカフェインと脂肪を0することで、よりヘルシーで水感覚で時間帯関係なくカフェラテフレーバーを楽しむことができます。

甘みはほんのりとエスプレッソが香った後にキャラメル系の後味がする程度です。またミルク感はほとんど無いため本格的なミルク感が欲しい方には向きません。あくまでオフィスに気軽に持ち込みたい、寝る前にコーヒーが飲みたい。という方におすすめです。

  • 商品名:クリアラテfrom美味しい水
  • 参考価格:116円

紅茶も透明、プレミアムモーニングティー

続いて紹介するのはサントリーが販売する透明な紅茶「プレミアムモーニングティー」です。フレーバーは古い順からレモン、ミルク、ピーチの順番で販売されてきました。このシリーズも数ある透明シリーズの中で例に漏れず、あくまで紅茶フレーバーの飲料水です。

クリアラテとはまた違った製法で作られており、水を主原料にレモンやピーチなどの抽出したエキスに紅茶で香りづけしています。コーヒーよりも幾分水っぽさがある紅茶はクリアラテのような香るテイストではなく、しっかりと紅茶感が楽しめる水という印象です。

 

  • 商品名:プレミアムモーニングティー 550ml
  • 参考価格:82円

透明ビールはビール党にとって革新的発明

これからさらに販売競争が激化し行くことが予想される注目の透明飲料市場。どんな飲み物が透明になっていくか気になるところ。ジュース系はもちろんビールにつづいて透明なお酒も増えていくのでしょうか?

仕事中でも飲めるノンアルコールの透明なビールをコンビニでコーヒー感覚で買って、オンタイムの中の小さな幸せに浸りながらもすっきり仕事もはかどるといいですね。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME