ウイスキーとチョコは相性抜群。チョコ別におすすめウイスキーを紹介

2018.07.31

種類によって、独特な風味・味わいを持つウイスキーは、チョコレートとの相性が非常に良いお酒です。銘柄によって相性の良いチョコは異なります。どんなウイスキーに、どんなチョコが合うのかを詳しく紹介します。

ウイスキーとチョコはベストマリアージュ

チョコレートは、洋酒との相性が良いつまみとして知られています。中でもウイスキーは、ウイスキーボンボンとしても知られるほどチョコとの相性が良く、ベストマリアージュが楽しめます。

香りと風味がとても合う

ウイスキーは、主原料に麦を使い、樽で長時間熟成させることで甘みや苦味などの味わいと、華やかで香ばしい香りを出しています。

チョコレートは、主原料にカカオとバターを使い、カカオの苦味・チョコの甘み・華やかで香ばしい香りがあります。

ウイスキーとチョコは、味わい・風味に共通点が多く、一緒に食べてもお互いの風味を打ち消すことなく、新たな風味と味わいを生み出すことが、好相性な大きな理由です。

チョコの種類別にウイスキーを選ぶ

チョコは、種類によって風味・味が異なるため、種類別にウイスキーを選ぶことがおすすめです。チョコには主に下記の4種類があります。

  • ビター系
  • ミルク系
  • ホワイト系
  • フルーツ系

甘みを抑えたカカオの苦味が特徴のビター系チョコは、スモーキーでスパイシーなウイスキーとの相性が抜群です。

逆に、カカオの苦味を抑え甘いミルク系チョコは、フルーティーな甘さのマイルドなウイスキーと合わせましょう。

苦味が無く、濃厚な甘さとカカオの風味のあるホワイト系チョコには、熟したクリーミーな甘み・シトラス系・ピートのあるウイスキーと相性が良いです。

ベリーやシトラスなどが入っているフルーツ系のチョコには、軽めのウイスキーがマッチします。

ビター系チョコに合うおすすめウイスキー

カカオの香りと苦味を存分に楽しめるビター系チョコは、ピートを使用したスモーキーなものや、スパイシーなウイスキーに合います。

ピートとは、スコットランド北部に多い炭化した泥炭のことで、このピートで燻した香りはスモーキーで、モルトウイスキーの代表的な香りと言われています。

スパイシーなウイスキーとは、口に含んだ時に舌がピリピリと感じるウイスキーのことです。

ビター系チョコに合うウイスキー3選を、それぞれの特徴とともに紹介します。

シングルモルト ウイスキー ボウモア 15年

シングルモルト ウイスキー ボウモア 15年は、アイラモルトと呼ばれるアイラ島で作られたピートのあるシングルモルトウイスキーです。

アイラの女王とも呼ばれていることでも有名です。バーボン樽で12年熟成させ、その後、シェリー樽で3年熟成させて作られたこのウイスキーは、ダークチョコレートのような余韻と、ドライな口当たりが特徴です。

  • 商品名:シングルモルト ウイスキー ボウモア 15年 ダーケスト 700ml
  • 価格:7499円(税込)
  • Amazon:商品ページ

キリン ウイスキー 富士山麓 樽熟原酒50度

ウイスキーの本場スコットランドと非常によく似た気候である、富士山麓の冷涼な土地で作られた国産ブレンデッドウイスキーです。大きな特徴は、冷却濾過を行わない『ノンチルフィルタード』を採用している点です。

通常のウイスキーは、冷えると麦由来・樽由来のウイスキーの香味成分の一部が飽和状態になり白濁するため濾過を行います。しかし、ノンチルフィルタードでは、冷却濾過を行わないためウイスキーの香味成分がより楽しめます。

琥珀色で果実系の香りがあり、口に含むとライトでほんのりと甘みを感じますが、ドライでスパイシーな口当たりなので、ビター系チョコと合います。

  • 商品名:キリン ウイスキー 富士山麓 樽熟原酒50度 700ml
  • 価格:1345円(税込)
  • Amazon:商品ページ

タリスカー 57° ノース

アイランズモルトの中でも、個性的な味わいが人気のタリスカー蒸留所で作られるアルコール度数57度と高めのウイスキーです。

柔らかいピートとバニラの香りが広がり、口に入れた瞬間フルーティーな甘みを感じ、次第にスモーキーかつタールの香りが広がります。

フィニッシュは、舌がピリピリとするような強烈なスパイシーな口当たりが残るので、苦味のあるビター系チョコと合わせることでキリッとした味になります。

  • 商品名:タリスカー 57° ノース 700ml
  • 価格:6748円(税込)
  • Amazon:商品ページ

ミルク系チョコに合うおすすめウイスキー

苦味よりも甘み前に出るミルク系チョコには、同じく完熟系フルーツのようにフルーティーな甘みのあるマイルドなウイスキーが合います。

口の中でとろける甘いミルクチョコと、マイルドなウイスキーが混ぜ合わさることで、ミルクチョコの甘さをより引き立ててくれます。

ミルク系チョコに合うウイスキー3選を紹介します。

シーバスリーガル 12年 ブレンデッドスコッチウイスキー

世界的にも人気なスコッチウイスキーを代表する正統派ブレンデッドウイスキーです。ハチミツ・熟したリンゴ・ナッツの香りが特徴で、上品でマイルドな味わいは、余韻として長く続きます。

ミルク系チョコと合わせることで、よりクリーミーな味わいが楽しめます。

  • 商品名:シーバスリーガル 12年 ブレンデッドスコッチウイスキー 700ml
  • 価格:2396円(税込)
  • Amazon:商品ページ

バルヴェニー 12年 ダブルウッド

スペイサイド地域にある、世界でウイスキー売り上げトップクラスのグレンフィディック第2蒸留所で作られている、スコッチモルトウイスキーです。

蒸留後のモルトを、最初はバーボン樽で熟成させ、その後シェリー樽にて再度熟成させているので、バーボン樽由来のバニラの香り・シェリー樽由来の芳醇な香りを楽しめます。

華やかな甘みとしっかりとした深みのある味わいが、甘みのあるミルク系チョコとよく合います。

  • 商品名:バルヴェニー 12年 ダブルウッド 700ml
  • 価格:4843円(税込)
  • Amazon:商品ページ

サントリー シングルモルト ウイスキー 山崎

2014年にシングルモルトウイスキーで世界1位に選ばれているジャパニーズウイスキーです。

ハチミツとバニラの甘い華やかな香りとフルーティーでコクのある甘みが口の中に広がったあとには、少しスパイシーな余韻が残ります。

ミルク系チョコと一緒に口に含むことで、キャラメルのようなコクと余韻が楽しめます。

  • 商品名:サントリー シングルモルト ウイスキー 山崎 700ml
  • 価格:9010円(税込)
  • Amazon:商品ページ

ホワイト系チョコに合うおすすめウイスキー

クリーミーな甘さとカカオが香るホワイト系チョコは、バニラの甘みがあるクリーミーな味わいのバーボンウイスキーによく合います。

また、ピートが強いウイスキーとホワイト系チョコの甘い香りを合わせても、まったく違う2つの個性が程よくマッチしてベストマリアージュが楽しめます。

ここでは、ホワイト系チョコに合うおすすめのウイスキー2選を紹介します。

バーボンウイスキー メーカーズマーク

1本ずつ丁寧に手作りされたアメリカンウイスキーです。

一般的なバーボンには、スパイシーでドライ感の出るライ麦を原料としてつかわれますが、このメーカーズマークは、なめらかな口当たりと、まろやかな味わいに仕上がる冬小麦を原料としています。

タンニンの苦味を極力抑えるために、樽を3年ごとに変えて時間をかけて熟成されているため、オレンジ・ハチミツ・バニラのような香り・口に含むとバニラの優しいアロマの甘みが味わえます。

このバニラの香り・甘みとホワイトチョコレートのクリーミーさがとてもマッチして、まろやかな味わいが楽しめます。

  • 商品名:バーボンウイスキー メーカーズマーク 700ml
  • 価格:2286円(税込)
  • Amazon:商品ページ

シングルモルト ウイスキー ラフロイグ 10年

アイラ島で作られたシングルモルト ウイスキー ラフロイグ10年は、強烈なピートが特徴の個性派アイラモルトです。

バーボン樽で熟成されているため、バターのようなしっかりとしたコクのあるホワイト系チョコと合わせることで、樽由来のバニラの香りが引き出されます。

  • 商品名:シングルモルト ウイスキー ラフロイグ10年 700ml
  • 価格:4998円(税込)
  • Amazon:商品ページ

フルーツ系チョコに合うおすすめウイスキー

ベリーや柑橘系のピールが練り込まれたフルーツ系チョコには、フルーツ系チョコの味わいや風味を邪魔しないような、香り高いライトなボディのウイスキーがよく合います。

シングルモルト ウイスキー オーヘントッシャン 12年

スコットランドのローランド地区で作られた、都会的でスタイリッシュなウイスキーです。シトラスやナッツ香りと、キャラメルのような甘さとシトラス系の酸味がスムーズな口当たりを実現しています。

アルコールの香りがあまり強くないため、フルーツ系チョコと組み合わせても邪魔することなく、甘さ・酸味・香りをより引き立ててくれます。

  • 商品名:シングルモルト ウイスキー オーヘントッシャン 12年 700ml
  • 価格:3921円(税込)
  • Amazon:商品ページ

シングルモルト ウイスキー ザ マッカラン 12年

スコットランドのスペイサイドで作られ、シェリー樽で熟成された、ドライフルーツのような甘い香りが特徴のウイスキーです。

フルボディーの力強く、芳醇な甘さのウイスキーですが、ベリー系のチョコと合わせると、マッカランの甘さ・華やかな香りをより引き立ててくれます。

  • 商品名:シングルモルト ウイスキー ザ マッカラン 12年 700ml
  • 価格:7216円(税込)
  • Amazon:商品ページ

ウイスキーとチョコにはこんな食べ方も

ウイスキーとチョコの相性が良いことを紹介していきましたが、ちょっとした一工夫を加えるだけで、いつもとは違ったウイスキーとチョコの味を楽しめます。

少し大人で贅沢な時間をウイスキーとチョコで演出してみましょう。

凍らせたウイスキーと一緒に

ウイスキーは、凍らせることでアルコールの刺激やウイスキーの香りがまろやかになり、飲みやすくなります。アルコール度数が高いので完全に凍ることは無く、シャーベット状になります。

また、ウイスキーが冷たくなることでチョコのくちどけが気になる人には、薄めの板チョコがおすすめです。チョコが口の中で溶けていく余韻と、まろやかになったウイスキーが合わさることで絶妙な味わいが楽しめます。

ウイスキーとチョコを使ったカクテルレシピ

ウイスキーとチョコが相性の良いことから、チョコのリキュールとウイスキーを使って作るカクテルもたくさんあります。

手軽に作れるカクテル『ホットショコラスキー』のレシピを紹介しましょう。材料は、下記の3つのみです。

  • ウイスキー30ml
  • 牛乳100ml
  • 粉末チョコ

作り方は、マグカップなどのホット用グラスにウイスキーを注ぎ、温めた牛乳で粉末チョコを溶かしたものを混ぜ合わせるだけです。

ウイスキーの芳醇な香りに、チョコの甘さがとてもよく合います。

チョコをつまみにウイスキーを楽しむ

チョコにもいろいろな種類がありますが、チョコの種類に合わせてウイスキーを選ぶことで、よりウイスキーを楽しめます。

いろいろなチョコをつまみにしながら、ウイスキーとのベストマリアージュを楽しみましょう。

大人のお酒の嗜み方。
その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME