ラグビーワールドカップの会場は?地域別の日程と注目の試合を解説

2019.03.09

ラグビーワールドカップ2019は、日本12都市にまたがって開催されることが決定しています。近くに大きな競技場があるなら、そこは試合会場に指定されているかもしれません。試合の地域別日程から注目の試合まで、詳細に解説します。

ラグビーワールドカップ2019

ラグビーワールドカップとは、4年に1度開かれる、ラグビー世界一を決める大会です。日本での知名度はまだまだ低いですが、世界的に見ると、オリンピックやサッカーワールドカップと同等のスポーツイベントとして位置付けられています。

2007年のフランス大会における総観客数がおよそ225万人を記録したことや、11年のニュージーランド大会のテレビ観戦者が世界207の地域で約39億人に上ったということからも、世界的な注目度の高さがわかるでしょう。

それでは、日本で開催される『ラグビーワールドカップ2019』についての詳細を見てみましょう。

開催国は日本

第9回目となるラグビーワールドカップ2019は、日本で開催されることが決定しています。

ラグビーワールドカップが開催されるようになったのは、1987年のことです。以降、イギリス・南アフリカ・フランスなどを巡りました。

欧州やオセアニア地域といったいわゆる『ラグビー伝統国』以外での開催は、今大会が初となります。ラグビーワールドカップの歴史においても、日本での開催は大変意義深いものといえるでしょう。

試合会場一覧

ラグビーワールドカップ2019は、9月20日~11月2日まで日本各地で開催され、その期間は約6週間にも及びます。

期間中、北は札幌、南は熊本まで12のスタジアムや競技場が試合会場として定められているため、日本全国がラグビーワールドカップ一色となることでしょう。

試合会場の一覧を提示するので、自分の居住地に近い場所を探してみましょう。

名称 所在地 収容人数
札幌ドーム 北海道札幌市豊平区羊ケ丘1番地 4万1410人
釜石鵜住居復興スタジアム 岩手県釜石市鵜住居町第18地割5-1 1万6020人
熊谷ラグビー場 埼玉県熊谷市上川上810 2万4000人
東京スタジアム 東京都調布市西町376番地3 4万9970人
横浜国際総合競技場 神奈川県横浜市港北区小机町3300 7万2327人
小笠山総合運動公園エコパスタジアム 静岡県袋井市愛野2300-1 5万889人
豊田スタジアム 愛知県豊田市千石町7-2 4万5000人
東大阪市花園ラグビー場 大阪府東大阪市松原南1-1-1 2万4100人
神戸市御崎公園球技場 兵庫県神戸市兵庫区御崎町1-2-2  3万132人
東平尾公園博多の森球技場 福岡県福岡市博多区東平尾公園2-1-1  2万49人
大分スポーツ公園総合競技場 大分県大分市大字横尾1351 4万人
熊本県民総合運動公園陸上競技場 熊本県熊本市東区平山町2776 3万2000人

会場別の組み合わせと試合日程

ワールドラグビー2019の試合日程はすでに決まっており、会場ごとの組み合わせも発表されています。各会場でどの試合が行われるか、より詳しく見てみましょう。

北海道 岩手

北海道・東北地方では2道県で開催されます。

まずは札幌の札幌ドームから見てみましょう。強豪オーストラリアや伝統国イングランドの試合は要チェックです。

試合NO. 日付 キックオフ プール 試合
2 9月21日(土) 13:45 D オーストラリア対フィジー
7 9月22日(日) 19:15 C イングランド対トンガ

続いて、岩手県の釜石鵜住居復興スタジアムです。こちらはラグビー伝統国の試合はありませんが、フィジーなど『ラグビー新興国』の活躍が注目されます。

試合NO. 日付 キックオフ プール 試合
10 9月25日(水) 14:15 D フィジー対ウルグアイ
37 10月13日(日) 12:15 B ナミビア対カナダ

東京 埼玉 神奈川 静岡

関東地方は4都県が開催地となります。

東京では東京スタジアムにて8試合が行われますが、試合数が多いぶん注目度の高い試合がいくつもあります。特に、日本チームの活躍は期待したいところでしょう。

試合NO. 日付 キックオフ プール 試合
1 9月20日(金) 19:45 A 日本対ロシア
3 9月21日(土) 16:15 C フランス対アルゼンチン
17 9月29日(日) 16:45 D オーストラリア対ウェールズ
25 10月5日(土) 17:00 C イングランド対アルゼンチン
27 10月6日(日) 13:45 B ニュージーランド対ナミビア
42 10月19日(土) 19:15 準々決勝2 プールB1位対プールA2位
44 10月20日(日) 19:15 準々決勝4 プールA1位対プールB2位
47 11月1日(金) 18:00 準決勝1敗者対準決勝2敗者

埼玉の熊谷ラグビー場では3試合が予定されています。中でも、南米唯一の伝統国・アルゼンチンの登場は特に、注目度が高いといえるでしょう。

試合NO. 日付 キックオフ プール 試合
9 9月24日(火) 19:15 A ロシア対サモア
16 9月29日(日) 14:15 D ジョージア対ウルグアイ
30 10月9日(水) 13:45 C アルゼンチン対アメリカ

神奈川県・横浜国際総合競技場では、7試合が予定されています。見応えたえあるカードばかりですが、やはり注目は『日本対スコットランド』と、決勝戦でしょう。

試合NO. 日付 キックオフ プール 試合
4 9月21日(土) 18:45 B ニュージーランド対南アフリカ
6 9月22日(日) 16:45 A アイルランド対スコットランド
35 10月12日(土) 17:15 C イングランド対フランス
40 10月13日(日) 19:45 A 日本対スコットランド
45 10月26日(土) 17:00 準決勝1 準々決勝1勝者対準々決勝2勝者
46 10月27日(日) 18:00 準決勝2 準々決勝3勝者対準々決勝4勝者
48 11月2日(土) 18:00 決勝

静岡では、小笠山総合運動公園エコパスタジアムにて4試合が予定されています。こちらも日本の試合は要チェックです。

試合NO. 日付 キックオフ プール 試合
14 9月28日(土) 16:15 A 日本対アイルランド
23 10月4日(金) 18:45 B 南アフリカ対イタリア
31 10月9日(水) 16:15 A スコットランド対ロシア
33 10月11日(金) 19:15 D オーストラリア対ジョージア

愛知 大阪 兵庫

東海・関西地方では、1府2県で開催されます。

まず、愛知県・豊田スタジアムでは4試合が開催予定です。日本・ニュージーランド・ウエールズ・南アフリカなどが登場し、見応えのある試合ばかりです。

試合NO. 日付 キックオフ プール 試合
8 9月23日(月) 19:15 D ウェールズ対ジョージア
15 9月28日(土) 18:45 B 南アフリカ対ナミビア
26 10月5日(土) 19:30 A 日本対サモア
34 10月12日(土) 13:45 B ニュージーランド対イタリア

大阪府・東大阪市花園ラグビー場では、4試合が予定されています。強豪アルゼンチンはじめ、フィジーやトンガなどの新興国にも注目しましょう。

試合NO. 日付 キックオフ プール 試合
5 9月22日(日) 14:15 B イタリア対ナミビア
13 9月28日(土) 13:45 C アルゼンチン対トンガ
21 10月3日(木) 14:15 D ジョージア対フィジー
38 10月13日(日) 14:45 C アメリカ対トンガ

兵庫・神戸市御崎公園球技場では、4試合が開催予定です。イングランド・アイルランド・スコットランドなど伝統国が揃います。

試合NO. 日付 キックオフ プール 試合
12 9月26日(木) 19:45 C イングランド対アメリカ
18 9月30日(月) 19:15 A スコットランド対サモア
22 10月3日(木) 19:15 A アイルランド対ロシア
29 10月8日(火) 19:15 B 南アフリカ対カナダ

福岡 熊本 大分

九州では、3県が試合会場となります。

福岡・東平尾公園博多の森球技場では、3試合が予定されています。注目はやはり伝統国アイルランドと新興国サモアの戦いでしょう。

試合NO. 日付 キックオフ プール 試合
11 9月26日(木) 16:45 B イタリア対カナダ
19 10月2日(水) 16:45 C フランス対アメリカ
36 10月12日(土) 19:45 A アイルランド対サモア

熊本・熊本県民総合運動公園陸上競技場では、2試合が予定されています。伝統国ウェールズの試合は注目度が高いでしょう。

試合NO. 日付 キックオフ プール 試合
28 10月6日(日) 16:45 C フランス対トンガ
39 10月13日(日) 17:15 D ウェールズ対ウルグアイ

大分・大分スポーツ公園総合競技場では、5試合が予定されています。オセアニア勢の試合のほか、準々決勝も必見です。

試合NO. 日付 キックオフ プール 試合
20 10月2日(水) 19:15 B ニュージーランド対カナダ
24 10月5日(土) 14:15 D オーストラリア対ウルグアイ
32 10月9日(水) 18:45 D ウェールズ対フィジー
41 10月19日(土) 16:15 準々決勝1 プールC1位対プールD2位
43 10月20日(日) 16:15 準々決勝3 プールD1位対プールC2位

注目の試合は?

ワールドラグビー2019では、プール線40試合と決勝トーナメント8試合が予定されています。強豪国・新興国入り乱れての争いとなりますが、特に注目したいのはやはり日本戦でしょう。

ワールドラグビー2019中に、ぜひチェックしておきたい試合を紹介します。

4カ所で行われる日本代表戦

日本代表戦が行われるのは、東京・神奈川・静岡・愛知の4会場です。日本代表チームの試合はどれも必見ですが、なかでもラグビー伝統国との戦いとなるアイルランド戦やスコットランド戦は特に注目度が高くなるのではないでしょうか。

日本と強豪国との実力差はまだまだと言われますが、2015年には南アフリカを破るという大金星をあげました。日本代表チームは着実に実力をつけ、今大会はホスト国として初の決勝トーナメント進出を狙います。

場所 日付 キックオフ 試合
東京 9月20日(金) 19:45 日本対ロシア
神奈川 10月13日(日) 19:45 日本対スコットランド
静岡 9月28日(土) 16:15 日本対アイルランド
愛知 10月5日(土) 19:30 日本対サモア

フランス対アルゼンチン

強豪国の試合はどれも注目度が高くなりますが、中でも激戦必至と注目を集めるのが『フランス対アルゼンチン』です。

この両国は今大会で『死の組』と呼ばれる『プールC』に属しており、同組には優勝候補筆頭の『イングランド』がいます。

圧倒的な強さを見せるイングランド代表は、すでに予選突破が確実視されているため、残る椅子はあと一つしか残っていません。

フランス・アルゼンチンの両国ともに、決勝トーナメント出場を有利にしようと、死力を尽くすことでしょう。

また、このカードは2007年ワールドカップフランス大会と同じ組み合わせです。この大会でフランス対アルゼンチン戦は2回行われましたが、いずれもフランスが敗れ、結果フランスは3位入賞を逃しました。

『因縁の試合』とも呼ばれる両国の戦いは、今大会でも面白くなりそうです。

決勝は横浜

ラグビーワールドカップ2019の決勝戦は、11月2日(土)18:00から横浜国際総合競技場にて行われる予定です。

今大会の優勝候補としては3連覇を狙うニュージーランドと前日本代表HC『エディ・ジョーンズ』が率いるイングランド代表の名前が頻出します。

しかし、この2チームは順当にいくと準決勝で激突するため、どのチームが決勝に勝ち上がるかは予測しにくい状態です。

どのチームが勝ち上がっても、決勝戦は世界中のラグビーファンから大きな注目を集めるでしょう。

ワールドカップのチケットの購入方法は?

ラグビーワールドカップ2019のチケットは、公式HPから購入できます。ただしチケットの種類や試合数が多いため、どんなチケットがあるのか事前に確認しておくことをおすすめします。

詳しいチケットの購入方法を見てみましょう。

公式サイトから購入可能

ラグビーワールドカップ2019のチケットは、公式サイトを通して購入することができます。

ただし、チケットはプール戦がセットになった『セット券』と試合ごとの『通常チケット』に分かれているほか、指定席は四つのカテゴリーに分類されます。

それぞれ料金に幅があるため、どの試合をどんな場所で見たいのかはっきり決めておく必要があるでしょう。

ラグビーワールドカップ2019公式チケットサイト

地元で開催されるワールドカップを楽しもう

日本国内12会場に散らばって行われるラグビーワールドカップは、ラグビーファンをはじめ多くのスポーツファンが熱狂する大会です。

特に、アジア初となる今大会は注目度が高く、ラグビーを見に日本を訪れる人も増えるでしょう。

足を運べそうな会場があれば、4年に1度行われるこの世界的なスポーツイベントに、参加してみてはいかがでしょうか。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME