プラモデルを趣味にすれば集中力アップ?入社試験にも採用された意外なモノとは

2019.03.09

集中力が続かない、仕事の能率性をあげたい…そんな思いを抱えている社会人も多いのではないでしょうか。それが趣味を楽しみながらできるとなれば一石二鳥ですよね。そんなあなたにおすすめしたいのが「プラモデル」。脳の活性化によって集中力アップができるという結果も出ているプラモデルについて、基本的な情報を初心者にもわかりやすく解説します。

プラモデルとは

プラモデルは、複雑な工程で作り上げる達成感と、それを飾る楽しみから多くの人の趣味として愛されています。日本の伝統工業から発展していった模型を前身とし、進化して日本に根付いたプラモデルの歴史や魅力についてまずはチェックしてみましょう。

プラモデルの歴史

日本のプラモデルは戦闘機モノから鉄道モノ、子供向けのおもちゃなど『老若男女問わないファンたち』に愛されています。そんなプラモデルは、昭和初期の日本でも流入して来ていませんでした。

昭和初期の日本でも、すでに戦闘機を中心とした航空機の模型(何かを模倣し、具象化したもの)は存在していました。しかし、太平洋戦争の影響を受け『模型に必要な材料』の入手が難しくなり、模型店は苦難を強いられます。

太平洋戦争が終戦し、進駐軍(他国に進軍して駐屯する軍隊のこと)と一緒に国内に持ち込まれたのが『プラモデル』です。そして国内初のプラモデルメーカー『マルサン』が生まれます。

このとき生産されたプラモデル『潜水艦ノーチラス号』爆発的なヒットを生み出します。その後1958年にはサンダーバードシリーズのヒットにより、キャラクターモデル分野が確立するなど、現代のプラモデルに近づいていったのです。

作って、飾って。2度楽しめる

完成した模型をただ飾るだけではなく、プラモデルには2度楽しめる魅力があります。

自分で組み立てて色を塗るという工程を楽しめるプラモデルは、完成品模型では決して味わえない達成感を楽しめます。同じプラモデルでも作り手が違えば、世界に1つだけの作品として完成するのです。

また、自分の好きな対象のプラモデルを飾っておけるのも楽しみの1つです。1つだけでは物足りなさを感じるプラモデルでも、何度も制作を楽しむうちに『自分が作り上げた作品の世界』が広がっていきます。

凝っている人には、地面や樹木・川を作り上げて情景模型(ジオラマ)を作り上げる人もいます。

プラモデルの楽しみ方は人それぞれで、いろいろな可能性を秘めています。だからこそ、年齢・性別を問わず多くの人にプラモデルは愛され続けているのです。

海外でも人気が高い

プラモデルの人気は国内だけにとどまらず、海外でも人気を集めています。2012年前後は韓国・香港・台湾への輸出が多く、ガンダムのプラモデルの人気が高まった影響も受けて、出荷数は増加しました。

2016年では、それらの国に加えて中国・アメリカ・タイへの輸出も増えています。プラモデルの輸出量は年々増加しており、その人気は現在も上昇を続けています。

プラモデルは単なる趣味ではない?

プラモデルが持つ魅力は、単なる趣味だけにとどまりません。その複雑な工程や完成の達成感を味わえるからこそ、さまざまな分野で活躍しています。

プラモデル制作の工程は複雑

プラモデル制作には、さまざまな工程がかかります。設計図を理解する・パーツを切り離す・丁寧にバリ(材料を加工するときに発生する突起・ゲートとも呼ばれる)をとる・組み立てる・色を塗るなど、『工場生産』にも近い要素が多いのです。

このような複雑な工程を、1人で順序よくこなすスキルがプラモデルには必要です。趣味として楽しみながら、手先の器用さや、工程の管理能力なども磨くことができるでしょう。

入社試験で採用されたことも

採用する人材の潜在能力を見るために、入社採用試験にさまざまな工夫がされています。そんな入社試験の実技試験で『プラモデル作り』を取り入れ、手先の器用さや協調性をチェックした会社が『バイテック・グローバルジャパン』です。

試験では、1回あたり3〜5名の集団面接形式で行われ、制限時間内にガンダムのプラモデルを1人1体完成させます。実物とは違うイメージで3色以上使って塗装するという制限が設けられていましたが、絵の具は各色1本ずつしか用意されません。

面接で集まった人たちで協力しなければ、3色使って作れないので『器用さと協調性』の潜在能力を見られるのです。入試試験でもプラモデルの世界は役立っています。

集中力アップが期待できる

プラモデルを作ることで脳が活性化し『記憶力・集中力・計算力』が向上するという研究結果がでています。その効果は、覚える対象の文章を音読することよりも記憶力が持続したとも言われているほどです。

このようにプラモデルというジャンルは、人の成長に大きな手助けになり、趣味としてだけではなくスキル向上にも役立つと言えるでしょう。

バンダイが販売するガンプラとは

では、プラモデルの中でも国内外から人気を集めているガンプラとはどのようなものなのでしょうか。ガンプラについて詳しく解説します。

どんなプラモデル?

ガンプラとは『機動戦士ガンダム』のシリーズに登場するモビルスーツ・モビルアーマーと呼ばれるロボットや戦艦などを立体化したプラモデルのことです。

1980年に誕生して以来、爆発的な人気を集め、2015年までの35年間で4億4500万個が販売されています。先ほど紹介した入社試験や、脳の活性化を調べる実験に使われたのもこの『ガンプラ』です。

ガンダム人気は根強い

ガンダムはプラモデルだけでなく、アニメ・ゲームなど幅広いジャンルで人気があります。ガンプラの販売数も多いですが、ゲームコンテンツでも400以上あり、その人気の高さが伺えるでしょう。

子供から大人まで、ガンダムからプラモデルを始めたという人も少なくありません。プラモデルの世界でも、ガンプラは代表作と言えるのです。

プロモデラーの作品は高額落札されることも

モデラーとは、プラモデルなどの模型製作を趣味とする人を指す言葉です。中でも、模型製作を職業とする人はプロモデラーと言われ、市販されているプラモデルをオリジナルで加工するなど工夫を凝らし『プロと呼べる高いクオリティ』でプラモデルを作り上げています。

そんなプロモデラーが作り上げたガンダムの作品が、ヤフーオークションに出品され92万6001円で落札され話題になりました。他にも、高額落札されたプロモデラーの作品では100万円を超えるものもあります。

細部までこだわって、高いクオリティでプラモデルを作り上げる楽しみは、プラモデルの夢と魅力があふれ、多くのモデラーを魅了しています。

男のロマン。乗り物のプラモデル

ここからは、男のロマンが詰まった乗り物のプラモデルを紹介します。

アオシマのカワサキ Z750FX

『Z750FX』は、川島重工業が製造していた総排気量750ccクラスのオートバイです。フェックスの愛称で呼ばれ、走行性能の素晴らしさから多くの男性を魅了しました。

そんなZ750FXをスペシャルチューニングした1/12スケールのプラモデルは、高級パーツをリアルに再現し、究極のフルカスタム仕様で作られています。

  • 商品名:カワサキ Z750FX (フルチューン)
  • 価格:2160円(税込)
  • アオシマ公式:商品ページ

タミヤ 三菱ランサーエボリューションVI

世界中から最新鋭のスポーツカーが集結し、そのスピードを競う世界ラリー選手権でも活躍した『三菱ランサー』のベースモデルとして発表されたのが『エボリューションⅥ』です。フロントバンパー、2段タイプのリアスポイラーを装備したモデルを、細部まで忠実に再現しプラモデル化しています。

グリル開口部から見えるラジエーターやインタークーラーも再現し、室内も立体感あふれる仕様です。こだわりの設計を1/24スケールで楽しめる、スポーツカー好きには堪らない作品でしょう。

  • 商品名:1/24 三菱 ランサー エボリューション VI
  • 価格:2700円(税込)
  • タミヤショップオンライン:商品ページ

アメリカレベル社のアメ車

国内の名車だけではなく、『アメ車』のプラモデルも人気のジャンルです。国産車にはない、アメ車ならではのレトロなデザインが何と言っても魅力でしょう。

アメリカの『アメリカレベル社』からアメ車のプラモデルが多く販売されており、細部まで作り込まれた設計に高い人気があります。日本のプラモデルメーカー『ハセガワ』が輸入代理店を務めており、国内でも購入が可能です。

以下のサイトで製品情報がチェックできるので参考にしてみてください。

株式会社 ハセガワ

カッコ良いミリタリー系のプラモデル

次は、ミリタリー系のプラモデルの中から代表的なものを2つみていきましょう。

タミヤ 三菱 零式艦上戦闘機五二型

機体の緻密な再現性や組みやすさから定評のある『1/48傑作機』シリーズの『三菱 零式艦上戦闘機五二型/五二型甲』は、世界に誇る日本の名機が最新技術で再現されたものです。

この機体は太平洋戦争で主力戦闘機として飛び続け、対戦後半のほとんどの戦いに出撃し、アメリカ軍を相手に奮戦しました。操縦席まで細かく作り込まれたそのクオリティは必見です。

  • 商品名:1/48 三菱 零式艦上戦闘機五二型/五二型甲
  • 価格:3456円(税込)
  • タミヤショップオンライン:商品ページ

ハセガワ F-4JファントムII

アメリカで開発されたF-4Eをもとに日本の航空自衛隊が採用した要撃戦闘機が『F-4JファントムII』です。当時の日本国の事情から爆撃をコントロールする装置と、空中給油の装置が取り外されている機体をそのままプラモデルとして採用しています。

当時の面影をそのまま1/72のスケールで体感できるほか、価格も安価で初心者にもおすすめです。

  • 商品名:F-4EJ ファントムII
  • 価格:1080円(税込)
  • ハセガワ公式:商品ページ

美しい城や情景のプラモデル

プラモデルは必ずしもガンプラやミリタリー系だけとは限りません。美しい城や情景が再現できるプラモデルも販売されています。

歴史好きはたまらない。江戸城や姫路城

江戸城や姫路城などの美しい城を1/800のスケールなどで再現したプラモデルも、歴史好きから高い人気を誇っています。

細かい石垣から橋、城の装飾に至るまで忠実に再現されている城のプラモデルは日本の技術力で生まれた一級品とも言える仕上がりです。

東京タワーやスカイツリーも

東京タワーやスカイツリーなど、情景を再現できるプラモデルもあります。1/3000のスカイツリーや、1/350の東京タワーはジオラマ作りにもピッタリです。

繊細かつダイナミックに、形状なども美しく再現されているので、細かいところにも注目してみてください。

プラモデルの始め方

実際にプラモデルを作ろうと思ったときには、何が必要なのでしょうか?次は、プラモデルの始め方を紹介します。

プラモデルキットを選ぶ

まずは、作りたいプラモデルキットを選んで購入しましょう。昔は専門に扱う模型店で買うのが一般的でしたが、今では家電量販店や通販でも取り扱われているので簡単に購入できます。

選ぶときには、組み立てに接着剤を使うか使わないかを選ぶポイントにしてみてください。接着剤を使わないプラモデルであれば手軽に取り組め、失敗しても再度組み直しができます。ガンプラは、基本的に接着剤を使わないものが多くあるのでおすすめです。

今では接着剤を使うものでも、説明書を読めば比較的簡単に作れる商品が多く販売されています。自分に合ったものを探してみましょう。

道具はピンセットや接着剤があればOK

子供向けのプラモデルは、全く工具を使わないで組み立てられるものもあります。しかし、綺麗に組み立てるためにも揃えておきたい便利な道具があるので覚えておきましょう。

  • ニッパー・・・パーツが取り付けられている骨組みのランナーからパーツを切り離すときに使う。綺麗に切り離せるほか、パーツの割れの心配が減るのもメリット。模型用のものだとより綺麗に切り離せる
  • ピンセット・・・細かい部品、シールを使うときに便利。毛抜きでも代用できるが、模型用の方が使いやすく細かい作業に向いている。
  • 接着剤・・・基本の接着剤はセメント系接着剤と呼ばれる液体のもの。使うときには換気を十分にしておくのがおすすめ。プラモデルと一緒に販売されていることが多い。

上記の3つは、用意しておくと便利な道具です。なくても良いですが、何度も作る予定があれば、プラモデルと一緒に購入しておきましょう。

必要に応じて道具を揃える

プラモデルの種類によっては、塗装用の工具、仕上げ用のヤスリなどが必要なこともあります。必要に応じて道具を揃えていきましょう。

特に、塗装をするときに使うブラシやスプレーには種類が沢山あります。どこまでこだわって、どこまで塗装するのか、考えながら作っていくと、必要なものがわかってくるでしょう。

おすすめのプラモデル屋

最後におすすめのプラモデル屋を紹介します。通販している店舗もあるので、参考にしてみてください。

タムタム

ホビーショップ『タムタム』は、通販と実店舗がある日本最大級の総合ホビー専門店です。鉄道模型やラジコン、プラモデルなど豊富な品揃えの中から選べるので『欲しいプラモデルが見つかる』お店として人気があります。

  • 店舗名:ホビーショップ タムタム 秋葉原店
  • 住所:東京都千代田区外神田6-14-2 さかい末広ビル4F、5F
  • 電話番号:03-5816-5668
  • 営業時間:平日 11:00〜21:00、土日祝 10:00〜21:00
  • 定休日:年中無休
  • 公式HP

タミヤ プラモデルファクトリー新宿店

模型から工作キット、プラモデルまでタミヤ製品6000アイテムを取り揃えているのが『タミヤ プラモデルファクトリー新橋店』です。新橋駅から徒歩5分のこのお店は、規模が大きくプラモデル作成に必要な用品まで取り扱っているので、タミヤ製品が目的なら足を運んでみましょう。

  • 店舗名:タミヤ プラモデルファクトリー新橋店
  • 住所:東京都港区新橋4-7-2 6東洋海事ビル
  • 電話番号:03-6809-1175
  • 営業時間:平日 12:00〜22:00、土日祝 10:00〜18:00
  • 定休日:年中無休
  • 公式HP

モデルス井門 渋谷店

鉄道模型専門店の『モデルス井門』では、鉄道模型に特化して多くのプラモデルが販売されています。ジオラマ作りの用品から、塗装用品なども豊富に取り揃えられ、模型の展示が行われているなど見るだけでも楽しめる店舗です。

  • 店舗名:モデルス井門 渋谷店
  • 住所:東京都渋谷区道玄坂2−6−16井門道玄坂ビル7階
  • 電話番号:03−6809−0444
  • 営業時間:平日 10:00〜20:30、土日祝 10:00〜20:00
  • 定休日:年中無休
  • 公式HP

大人の有意義な時間の過ごし方

大人の有意義な時間の過ごし方の1つとして人気のプラモデルは、子供から大人まで楽しめる趣味と言えるでしょう。また、趣味としてだけでなく、集中力や計算力アップの効果も期待できることから、自分磨きにも役立ちます。自分のこだわりを詰め込んだプラモデル作りを、空いた時間に楽しんでみてはいかがでしょうか。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME