結婚式にはクラッチバッグでモテメンズに。選ぶ時の注意点は?

2019.03.09

結婚式に男性が携帯するバッグは、小さめでスマートな『クラッチバッグ』がおすすめです。フォーマルなシチュエーションに合った、高級感のあるアイテムを選びましょう。結婚式には避けた方が良いバッグや、基本的なマナーも紹介します。

結婚式用におすすめのクラッチバッグとは?

『クラッチバッグ』とは、肩ひもや持ち手のついていない小型のバッグで、別名『セカンドバッグ』ともよばれています。

もとは、ポケットが付いていないドレスを着る女性用バッグとして定着していました。近年では、男性が使用しても違和感のないデザインが増えているのです。

男性が結婚式に行くときに使うのにおすすめのクラッチバッグについて解説します。

色はダークな黒や茶が基本

スマホや財布などの小物はスーツのポケットに収まってしまうため、男性はバッグを持たずに手ぶらで参列する人がほとんどです。

しかし、ポケットがパンパンになると見栄えが悪いので、物によってはバッグを携帯するのが好ましいでしょう。

結婚式に携帯するクラッチバッグは、フォーマルスーツと同じ『黒』が基本です。黒は、全体の色を引き締める役目を持っているため、スマートでシックな印象を与えます。

場合によっては、茶色やネイビーなどでも問題はありません。明るすぎず、ダークな色を選びましょう。

小さめサイズを選ぶ

結婚式に携帯するクラッチバッグは、スマホや財布など、最低限の貴重品が入る小さめのサイズが理想です。

女性のパーティーバッグは、ハンカチや口紅が入るくらいのごく小さなものですが、男性の場合は、それよりも少し大きめで『A4サイズ以下』のものを選びましょう。

大きすぎるものはビジネスバッグに見えてしまい、仕事のついでに立ち寄ったという印象を与えてしまいます。

革素材のシンプルなものがおすすめ

クラッチバッグの素材はやわらかいシンプルな『革素材』がおすすめです。ただし以下のような素材は避けましょう。

  • クロコダイル
  • ヘビ革
  • スエード

これらの素材は『殺生』を連想させ、お祝いの席では相応しくありません。またカジュアルで安っぽく見えてしまう以下のような素材も、フォーマルな結婚式ではNGです。

  • ビニール
  • 布素材
  • 派手な色
  • 柄もの

結婚式でクラッチバッグを持つ時のマナー

普段バッグを持ちなれていない男性の場合、フォーマルシーンでの持ち方や置き方に戸惑ってしまうかもしれません。

「常識がない」と思われないためにも、最低限のマナーを知っておきましょう。

クラッチ以外の荷物はクロークに預ける

チャペルや披露宴会場内には、かさばる荷物を持ち込めないのが一般的で、大きい荷物は式場入り口の『クローク』に預けることになっています。

とはいっても財布やスマホなど、荷物をポケットに入れすぎて、スーツの形が崩れて野暮ったくなってしまうのは避けたいものです。そういうときこそクラッチバッグの出番です。

クラッチバッグ程度の小さいカバンなら会場内に持ち込んでも問題ない場合がほとんどなので、財布やスマホ、カメラなどを入れてスマートに持参できます。

式の間、クラッチバッグはどこに置く?

小さなクラッチバッグは『自分の背中と椅子の間』に置くのがよいでしょう。バッグハンガーが用意されていれば、利用しても構いません。

膝や腰の横に置くのも悪くはありませんが、床に落とす確率が高くなります。お祝いの席で、大きな音をたてたり、かがんだりするのは周囲に迷惑なのでやめましょう。

避けたいのは、テーブルの上にバッグや財布を置くことです。「食事と一緒に並べるのは衛生的によくない」と考える人が少なからずいます。

人と差がつくブランドクラッチバッグ3選

ワンランク上の雰囲気を演出するブランドクラッチバッグを紹介します。

クオリティの高いものは長く使えば使うほど味が出るので、妥協せずに高品質のものを選びましょう。

Montecatini イタリア本革 クラッチ

(画像出典:楽天市場)

『Montecatini』(モンティカーニ)は、イタリアトスカーナ州にあるイタリアンレザーの老舗『Boldrini社』とレザーバッグ専門店『TRANSIC』がコラボして生まれたブランドです。

イタリアの小さな町Montecatini Terme(モンテカティーニ・テルメ)がコンセプトで、町の紋章をモチーフにしたロゴデザインが光ります。

クラッチバッグは、ビジネスでもフォーマルでも活躍するシンプルなデザインです。本革のやわらかな質感や色は、使うほどに深みが増していくでしょう。

  • 商品名:Montecatini クラッチバッグ イタリアンレザー
  • 価格:35,640円(税込)

PELLE MORBIDA Mare クラッチバッグ

(画像出典:Amazon)

『PELLE MORBIDA』(ペッレモルビダ)は、成熟した大人のためのブランドで、質の高い日本製のバッグや財布を取り扱っています。

Mare(マーレ)シリーズのクラッチバッグは、キメ細やかな革と繊細なステッチワークが特徴的です。やや曲線的なフォルムは、持つ人に優雅さを加えてくれるでしょう。

クロム鞣(なめ)しの後に、セミアニリンで仕上げているため、全体的に上品なツヤがあります。

  • 商品名:PELLE MORBIDA クラッチバッグ Mare
  • 価格:32,400円(税込)

GLENROYAL NEW CLUTCH BRIEFCASE

(画像出典:Amazon)

『GLENROYAL』(グレンロイヤル)は1979年創業のスコットランドのブランドで、ブライドルレザーを使用したグレードの高いバッグや財布を扱っています。

『フルブライドルレザー』とは、化学染料や顔料を一切使用せず、水性染料で染色された特殊なレザーのことです。使い込むごとにツヤが増し、色合いが美しくなっていくでしょう。

『NEW CLUTCH BRIEFCASE』は、スマートで軽量なイメージを与えますが、約4cmのマチがついているので、見た目以上に大容量です。

カラーバリエーションの豊富さにも注目しましょう。

  • 商品名:GLENROYAL NEW CLUTCH BRIEFCASE
  • 価格:58,320円(税込)

上質クラッチバッグでワンランク上の男に

手ぶらが多数派の結婚式ですが、スマホや財布でポケットがパンパンになっているのは見栄えがよくありません。

男性がクラッチバッグを携帯するときは、フォーマルなシチュエーションに合ったシンプルで高級感のあるものを選びましょう。ネクタイや靴との相性も考えてコーディネイトするのがおすすめです。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME