ラグビー用品は何が必要?初心者がそろえるべきアイテムを解説

2019.03.11

ラグビーには、競技用の独特なアイテムがいくつか存在します。試合中に装着が義務付けられているものなど、アイテムの種類は多種多様です。そんな中でも、まず初心者がそろえておきたい便利なアイテムを紹介していきます。

ラグビー用品はけがを防ぐために必要

ラグビーは、激しく体をぶつけながらゴールを狙うスポーツです。そのため、統計的に見てもケガの発生率が高いスポーツだとされています。

けがを防ぐためのラグビー用品には、守りたい部位ごとにさまざまな種類が用意されています。まずは、ラグビーというスポーツがどのようなものなのかを通して、ラグビー用品の必要性について考えていきましょう。

ラグビーは激しいスポーツ

ラグビーは、簡単に言うと『陣取りゲーム』と称されることが多いです。お互いのチームはボールをつなぎながら、相手陣地のゴールに向かっていきます。

そして、その陣取りゲームと合わせてよく言われるのが『格闘技』であると言うことです。スクラムなどの体をぶつけ合う激しい肉弾戦や、相手の選手を止める凄まじいタックルなどがラグビーの見どころでもあります。

常に体を張ってゴールを狙うスポーツなので、それだけけがの発生率も高くなります。

安全のためのラグビー用品

相手との接触が避けられないラグビーでは、脚のけがの発生率が高いとされています。肉離れや打撲、ひどい場合は、アキレス腱断裂や靭帯断裂など、選手生命に関わる場合も少なくありません。

また、脚だけでなく頭部に対するけがも起こります。相手選手と激しくコンタクトするため、脳震盪や脳損傷なども起こしやすいです。

こうした事態を起こしにくくするのが、ラグビー用品の役割です。基本的には防具をつけないスポーツですが、部位によってはサポーターを使用して体を守るようにしています。

初心者がまずそろえるべきラグビー用品

ラグビー用品の必要性について見てきたところで、まずは、初心者がそろえておきたいアイテムについてまとめていきます。

まだラグビーに慣れていない人は、体の使い方がわかっていないため、特にけがへの注意が必要です。こうした点も踏まえて持っておきたいアイテムについてチェックしておきましょう。

ラグビー専用のスパイク

ラグビーには、サッカーや野球のように『専用のスパイク』があります。特徴は、足裏についている『スタッド』(棘のようなもの)です。

相手との肉弾戦で踏ん張る必要があるラグビーでは、このスタッドの有無が非常に重要になります。

スクラムなどを組まない後衛の選手は、スピードが求められるポジションなので、軽めのスパイクが適しているとされています。

それに比べて前衛の選手は、スパイクのグリップ力が非常に重要です。そのため、一般的には、スタッドが長く、しっかり地面を捉えることができるスパイクが使用されます。

このように、ポジションごとに適したスパイクにも違いがある点が、ラグビーの特徴でもあります。

練習用のユニフォーム

『練習用のユニフォーム』も、ラグビーでは欠かせないアイテムの一つです。

例えば、ソックスです。ソックスは、サッカーと同じように膝下まである長いものを使用するのが一般的です。理由は、相手との接触の中で、脚に対する外傷を防いでくれるからです。

また、ラグビーパンツ、通称ラグパンと呼ばれるものも必要になります。ラグビーのパンツは、丈が非常に短く設計されています。

これは、激しく動く選手の動きやすさや、布が絡まってけがにつながることを防ぐためだとされています。

ラグビーは、独特のプレーで試合が展開していくため、けがを防ぐためにも、それに合わせた格好が必要だといえるでしょう。

口の中を守るマウスピース

『マウスピース』は、ボクシングなどのスポーツでは必須のアイテムですが、ラグビーでも装着が義務付けられています。口の中が傷付くのを防ぐだけでなく、脳への衝撃を和らげる効果もあります。

市販の製品だと、自分の口に合わなかったり、呼吸がしにくくなったりというケースも起こり得ます。そのため、マウスピースを作る際は、歯医者でしっかり自分に合うものを作ってもらうのがよいでしょう。

着用義務はないが持っておきたいアイテム

必ず持っておきたいラグビー用品についていくつか紹介してきましたが、着用義務はありませんが、持っておけばけがを防げるアイテムもあります。

アイテムごとに守れる部位が異なり、ポジションによってはあまり必要ないものもあるため、合わせてチェックしていきましょう。

頭を守るヘッドキャップ

ラグパンと同様、ラグビーのイメージが強いアイテムが『ヘッドキャップ』で、ヘッドギアと呼ばれることもあります。

このアイテムは、主に頭や耳を守ることを目的に作られています。頭への衝撃を和らげるだけでなく、スクラムなどの際に耳が擦り切れてしまうのを防ぐ効果もあります。

高校生までは着用が義務付けられており、大学生以降は任意で装着します。バックスの中でも、ウィングやフルバックなど、接触が少なめの選手は装着しないことが多いです。

肩を守るショルダーガード

装着することで肩や鎖骨を保護してくれるのが『ショルダーガード』です。このアイテムを装着すると、タックルなどを行うときに衝撃を和らげてくれる効果があります。

ユニフォームの中に装着するため、大きすぎたり、ゴツゴツしたりしていると動きづらくなってしまいます。そのため、購入する際は首回りや腕周りのサイズに注意が必要です。

また、基本的に着るタイプで設計されているため、通気性の悪いものだと熱を発散できず不快感につながります。汗を吸収し、通気性の高いものを選ぶとよいでしょう。

練習でも使うラグビーボール

『ラグビーボール』は、独特の楕円形の形をしています。そのため、練習する際に持っておいた方が便利なアイテムの一つです。

特殊な形状をしているため、普段からどれだけその形に慣れているかという点も、プレーの質に関係してきます。

一般的な素材はゴム製です。初めて購入する際は、ゴム製のものを選ぶとよいでしょう。サイズに関しても、中学生以上は5号球なので、間違えて小さいものを購入しないように注意しましょう。

ラグビー用品を販売している有名なメーカー

ラグビー用品は、さまざまなメーカーから発売されています。それぞれのメーカーごとに特徴が異なり、その機能性にも違いがあるため、自分の求めている性能を発揮してくれるメーカーを選ぶことが大切です。

どのようなメーカーがあるのか、それぞれの特徴と魅力についてまとめていきます。

日本代表のユニフォームでもあるカンタベリー

ラグビーメーカーとして世界的に認知度が高いのが『カンタベリー』です。カンタベリーは、日本代表だけでなく、世界中のさまざまな国のユニフォームを手がけています。

魅力はその機能性で、ラグビー専門メーカーならではの工夫が施されています。選手が動きやすい構造や、激しいぶつかり合いに耐えられる耐久性など、ラグビーに特化したアイテムを購入できます。

日本のスポーツ用品会社ミズノ

日本のスポーツメーカーとして有名な『ミズノ』からも、ラグビーのアイテムが発売されています。ユニフォームを手がけていることはもちろん、ラグビースパイクも豊富な種類がそろえられています。

日本人の足幅にあったシューズは、甲高で幅広な足の人でも快適に履けるスパイクとして人気を集めています。

サッカーなどでも有名なアディダス

サッカーやバスケットボールなど、さまざまなスポーツ用品を販売し、その人気は世界トップクラスのブランドが『アディダス』です。アディダスからも、ラグビー用品が発売されています。

アディダス製品の魅力は、何といってもそのデザイン性の高さです。ユニフォームや練習着のデザインはもちろん、シューズもほかのメーカーと一味違った存在感を放っています。

デザイン性だけでなく、さまざまなスポーツ用品を手がけるからこそ身につけたノウハウにより、機能性も最新鋭のものが多いです。デザインと機能、両方を堪能できるアイテムが購入できます。

ラグビー用品はどこで購入するの?

ラグビー用品を生産しているメーカーについて、その魅力をまとめてきましたが、実際に購入したいときにはどこで選ぶことができるのでしょうか?

ラグビー用品は、野球やサッカーに比べていると取り扱っている店舗が少ないように感じます。ですが、しっかりと豊富なアイテムの中から選ぶ方法があるため、いくつかの購入方法について探っていきましょう。

ネットショップ

もっとも種類が豊富で、どんな場所でも購入できるのが『ネットショップ』です。ネットショップには、いろいろなメーカーの商品がそろっています。中には、すでに店舗には置いていないアイテムを取り扱っている場合もあるため、非常に便利です。

しかし、自分が身につけるアイテムである場合は、実際に試着してサイズを確かめた方が無難です。サイズが関係ないアイテムや、すでに一度購入したことのあるアイテムなどは、ネットショップを活用するとよいでしょう。

大手スポーツショップか専門店

大手のスポーツショップや、ラグビーアイテムの専門店でも購入できます。シューズやプロテクターなど、自分にあったサイズのものを選びたい場合は、これらのように、実物を試着できる方法でアイテムを選ぶほうがよいでしょう。

しかし、家の近くにお店がないというケースもあり得ます。そのような場合は、ネットでの口コミなどを参考に、商品のサイズを詳しく調べてからネットショップで購入するとよいでしょう。

ラグビー用品をそろえてキックオフ

ラグビーはエキサイティングなスポーツであると同時に、危険を伴うスポーツでもあります。そのため、義務付けられたアイテムはしっかりと装着し、安全にプレーすることが大切です。

それぞれのアイテムの機能を理解して、自分にあったものを選びましょう。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME