ウォッカのアルコール度数はどれくらい?世界最高は驚きの度数

2019.03.06

ウォッカの度数は銘柄によって異なりますが、具体的にどの銘柄がどれくらいの度数になるのでしょうか?この記事では、ウォッカの度数についての基礎知識や、世界最高度数のウォッカ、高い度数・低い度数のおすすめウォッカをピックアップしていきます。

ウォッカのアルコール度数

ウォッカのアルコール度数はものすごく高いイメージがありますが、いったいどれくらいなのでしょうか?

ウォッカの平均度数はおよそ40度

ウォッカの製造工程は、主な原料である大麦・小麦・ライ麦・トウモロコシなどを糖化して発酵させた後、アルコール85度〜96度あたりの高濃度のスピリッツを作るところから始まります。

できあがった高濃度アルコールを水で割り、度数が40度程度になるまで調整したものが、いわゆる平均度数のウォッカになります。

基本的には穀物やジャガイモ類で作られるのがメジャーとされていますが、中にはフルーツで味付けしている製品も。

ウォッカはそもそもがロシアや中東欧などの寒冷地で作られる蒸留酒ということもあり、平均値であっても他のお酒に比べてアルコール度数は高めです。

ウォッカの最高度数は96度

ウォッカの中でもアルコール度数が最高クラスと言えるのが96度前後の製品です。ウォッカの製造工程においては通常蒸溜後に加える水をほとんど(全く)加えず、蒸留したアルコールほぼそのままの状態と言えます。

他のお酒のアルコール度数はビールで5%、日本酒で15%、ワインで最高25%前後。同じ蒸留酒仲間で、比較的度数が高めと言われるウイスキーでさえも40〜55%です。ウォッカがいかにアルコール度数の高いお酒であるかがよく分かりますね。

ロシアではお酒といえば則ちウォッカを意味し、他のアルコール度数が低いお酒をお酒と思えない人も多いようです。

度数が強すぎるので飲んだ時の刺激も強く、アルコールの香りも比較的強く感じられるといった特徴があります。アルコール度数が高すぎることから、発火の元にもなりやすいので保管場所にも十分な配慮が必要な度数です。

ウォッカの低い度数は37度前後

一方、低い方はというと、だいたい37度前後。これは、他のお酒にたとえるとだいたいウイスキーと同じくらいの度数ですね。ウォッカの中では最も低めの度数とされていますが、それでも35度はゆうに超えているのがウォッカらしい所です。

アルコール度数の低いウォッカは基本的にはフレーバーウォッカに多く、他の飲料と割ってカクテルにしなくてもストレートで飲みやすいというメリットがあります。アルコールの匂いも抑えられているので、特に初心者向けといった感じでしょう。

カクテルにすることでさらにアルコール度数を下げることもできます。有名なものではオレンジジュースで割る「スクリュードライバー」や、ジンジャーエールとレモンorライムで割る「モスコミュール」、グレープフルーツで割って塩を添える「ソルティドッグ」などがありますね。

ウォッカの高度数ベスト3

それでは、ウォッカのアルコール度数が高いベスト3を発表しましょう。

1位 スピリタス(アルコール度数:96度)

 

あらゆるお酒の中でトップクラスに高い度数を持つ、ポーランド産のウォッカです。そのアルコール度数はなんと驚きの96度!70回以上の蒸留を繰り返して作られるようです。

そのまま飲むのは身体に非常に負担をかけるため、割って飲むケースがほとんどですが、一応ストレートで飲むことも可能とのこと。ただし絶対におすすめはできません。お酒があまり強くない人などにとっては、文字通り命の危険がありますので扱いには十分に注意してください。

ちなみにこちらのお酒、アルコール消毒などの医療用にも用いられるようで、飲料用に限らず料理用・燃料用・殺菌用など、様々な用途に使えるお酒です。化粧品の保存剤として使用する人も。

ブレンド用としては、特に梅酒・リモンチェッロ・フルーツジュース割り・レモン酒などを作る為に購入する人が多いようです。高アルコール度数の酒は、浸透圧の関係で果実の味が溶け出すのも早いため、スピリタスは果実の漬け込みにはうってつけです。

  • 商品名:スピリタス 96% 500ml
  • 価格:1,387円
  • Amazon:商品ページ

2位 ドーバースピリッツ88(アルコール度数:88度)

世界で2番目に高いアルコール度数を誇るウォッカです。同じ蒸留酒仲間である焼酎の製造工程を応用して作られているのが特徴で、製造国は日本になります。

日本の酒造会社の純粋な酒精を用いて作られているのでフルーツなどとベストマッチ。カクテルベースにもピッタリです。

大の大人が数人集まってシェア飲みしても全員潰れてしまうほどの高威力。こちらもやはりストレートで飲むよりは割って飲むことをオススメします。

クリアな風味が特徴的で、そのシンプルさから様々な用途に使用できます。料理用・製菓用・医療用などにはもちろん、ワインやカクテルなど、もともと低めのアルコールのお酒の度数を強めたい時の調整用として用いるのもアリですね。

  • 商品名:ドーバースピリッツ88 700ml
  • 価格:2,820円
  • Amazon:商品ページ

2位(同率)バルカン176(アルコール度数:88度)

発売されたのが2002年と比較的新しく、こちらもアルコール度数88%とドーバースピリッツ同様の高い度数を誇る、ブルガリア産のウォッカです。

厳選された大麦のみを用いて作られたこちらのウォッカは、蒸留回数も3回と少なめ。それでこれほど高いアルコール度数のものを作れるのですから、他ではなかなか真似することはできない製法と言えるでしょう。

製造工程において白樺活性炭を使って濾過していますが、この時に水分量を調整することで蒸留回数を少なめに抑えることができるようです。

大麦の香ばしい風味を感じることができる味わいが特徴で、特に人気なのが「トニックウォーター割り」。バルカン176の良さをそのまま楽しむなら、氷と水のみで割る「ハーフロック」という飲み方がオススメです。

  • 商品名:バルカン 176゜ 700ml
  • 価格:3,434円
  • 楽天市場:商品ページ

高い度数のおすすめウォッカ

上記ほどではないものの、度数が高めでおすすめできるウォッカの銘柄をご紹介します。

超有名な高度数ウォッカ。スミノフブルー

世界中で有名な高度数ウォッカの一つである『スミノフブルー』。コンビニやスーパーなどで簡単に手に入る『スミノフアイス』などでもよく聞くブランド名ですね。

発祥の地はロシアで、1971年のロシア革命において、ブランドごとアメリカに亡命したことをきっかけに世界中で飲まれるようになったそうです。

長い歴史を持つ伝統的な製法によって現在も多くの国で作られ、雑味や濁りをまったく感じさせない無色透明のクリアな液色と味わいが特徴です。

アルコール度数はスミノフの銘柄により異なり、レギュラーモデルの『スミノフ』や『スミノフブラック』で40%ですが、ご紹介したスミノフブルーで『50%』と、同シリーズでも最高クラスのアルコール度数です。ちなみにスーパーやコンビニで手軽に買える低アルコールタイプの「スミノフアイス」は5%になります。

日本産のウォッカ。奥飛騨ウォッカ

アルコール度数は55度という高い数値を誇る、お米100%で作られた日本産のウォッカです。

ストレートでもグイグイ飲める、なめらかで甘みのある味わいと口当たりが特徴で、ウォッカとは思えない飲みやすさだとウォッカファンからの支持も高い商品です。

常温・低温の両方を試してみることをオススメしますが、冷凍庫で冷やすととろみが出て、アイスクリームにかけるなどしても相性抜群との事。炭酸で割ってハイボール風にすると、ほのかなお米の風味が楽しめます。

日本料理や中華料理の隠し味としても使えて、絶妙な美味しさを引き出してくれます。

低めの度数のおすすめウォッカ

反対に、ウォッカとしてはそこまで度数が高くなく、比較的手を出しやすい銘柄もご紹介します。

007で有名なウォッカ。ベルヴェデール

ポーランドで生まれたラグジュアリーウォッカの一つである「ベルヴェデール」。600年以上の歴史を持つ伝統的な製法で作られてはいるものの、銘柄そのものが立ち上げられたのは1996年とここ近年ではあります。

ポーランドの首都ワルシャワで収穫される、厳選されたダンゴウスキー・ゴールド・ライ麦と、硬度が0になるまで精製された軟水を使い、4回の蒸留を行って作られているとのこと。

その品質検査はなんと33回にも及び、最高級クラスのエレガントなラグジュアリー・ウォッカとの呼び声が高いです。

高級なベルベットのようにまろやかでピュアな口当たりと、バニラ・アーモンド・ブラジルナッツといった多彩な風味を味わえるのが特徴です。

ストレート・ロック・カクテルと様々な飲み方に適していて、アルコール度数も40度とウォッカの中では平均クラスなので、ぜひ色々な飲み方で試してみてほしい逸品です。

  • 商品名:ベルヴェデール ウォッカ
  • 価格:3,694円
  • 商品ページ

ジェームズ・ボンドが愛したウォッカ

ちなみに、こちらのウォッカは、映画「007」シリーズに登場するジェームズ・ボンドが、シリーズ24作目から愛飲するという設定のウォッカです。

憧れのボンド気分を味わいたい方は、ぜひこの銘柄で彼の愛する『ウォッカマティーニ』を作ってみましょう。作り方やレシピについてはこちらの記事を参考にしてみてください。

映画007に登場するウォッカマティーニ。特徴と魅力を解説

コスパに優れる。ギルビー

 

ギルビーは東京都に本社を置く、キリンビール株式会社が販売するブランドの1つですが、もともとの生まれはイギリスの酒造メーカー・ディアジオの下請けであるW&Aギルビー社のブランドにあたります。

150年以上の伝統製法を守り続けているメーカーで、高品質な蒸留器を使い丹念に濾過されて作られるウォッカは、コクのあるまろやかな味わいと高級感あふれる香りが特徴となっています。

ストレートやロックで純粋な味わいを楽しむのも良し、味わいが非常にシンプルかつクリアなので、どんなカクテルのベースにも合わせられます。

その高品質っぷりと高い安定感、さらにコストパフォーマンスにも優れ、アルコール度数も37.5%と低めなので、ウォッカが苦手な人や初心者でも手が出しやすいウォッカです。

ウォッカを飲むときは度数にも注意して

アルコール度数が高いイメージのウォッカですが、実は比較的低い度数の飲みやすいウォッカもあります。ウォッカも多数の種類や銘柄がありますので、まずはぜひ当記事でおすすめしたウォッカを試してみて下さい。

おすすめの関連記事

【関連記事】日本人が知らないウォッカの世界。基礎知識や飲み方をご紹介

【関連記事】ウォッカのおすすめの飲み方とは。家で気軽に楽しめる飲み方を紹介

【関連記事】人気のウォッカトニックを大解剖!自宅でも本格的に楽しむ方法

【関連記事】本格的で簡単なウォッカの割り方まとめ。家で気軽にウォッカを飲む

【関連記事】ウォッカのおすすめ銘柄を紹介。気になる銘柄はどれ?

【関連記事】ウォッカの原料による違いは?原料にこだわってウォッカを楽しむ

【関連記事】ウォッカをカクテルで楽しむ。気になるカクテルはどれ?

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME