プラモデル塗装はペンを使って簡単に。初心者におすすめな種類を紹介

2019.03.04

プラモデル塗装はペンタイプを使うと初心者でも簡単にチャレンジができます。塗装をしたことがなくても、細かい作業ができるペン塗装でリアルさを追求してみましょう。ペン塗装の種類と定番アイテムを紹介するので参考にしてみてください。

プラモデル初心者はペン塗装がおすすめ?

プラモデルをただ組み立てただけだと、表面はプラスチック特有のテカリが残ってしまいます。また、細部までのカラーリングが再現されていないものもあるので『リアルさ』を求めるなら塗装が必要です。

しかし、ムラなく綺麗に塗装しようと思えば技術が必要とされます。そこでおすすめなのがペン塗装です。

ペンタイプで塗りやすい

ペン塗装は、ペンタイプで塗りやすく初心者でも扱いやすいメリットがあります。また、溶剤にアルコールを使っているタイプだと、塗料独特の臭いがあまりしないので、臭いが苦手な人でも使いやすいでしょう。

ただペンで塗っていくだけで塗装ができるほか、種類によっては、はみ出てしまっても消せるなど工夫が凝らされた商品が揃っています。塗装するプラモデルによっても変えられる豊富なカラーバリエーションも嬉しい点です。

よく振ってから使おう

ペンタイプは、塗料が内部で分離しているケースがほとんどです。そのまま使うと色合いが変わるほか、ムラになってしまうため『使う前にしっかりと振る』ようにしましょう。ペンをしっかり振った後は、塗料皿に少し塗料を出してから使うと、にじみなども予防できます。

プラモデルを組み立てる前であれば、ランナー(パーツが取り付けられている枠)からパーツを取り外すときにゲート(ランナーとパーツを繋ぐ部分)を多めに残します。残しておいたゲートを持ちながら塗ると塗りやすくなるので活用してみてください。

色が豊富なGSIクレオスのペン

GSIクレオスのペンの中でも有名なのが『ガンダムマーカー』です。豊富なカラーバリエーションが用意されており、ガンプラ(ガンダムのプラモデル)の塗装にピッタリな色合いが取り揃えられています。

ガンプラ製作にガンダムマーカー

ガンダムマーカーは、ガンダムのオリジナルカラーを簡単に再現できるマーカーです。発色が良く、伸びのある塗料を使っているため使用感が良いことでも人気があります。

ペン先は斜めにカットされ、ペン先を向ける方向で塗り方をいくつも変えられるのも人気です。特にペン塗装では広範囲の塗装が難しく、ムラができやすいので『ペン先』だけで広範囲が塗りやすくなっているガンダムマーカーは重宝します。

塗装だけではなく、汚れやぼかし塗装を手軽に再現できるリアルタッチマーカーも一緒に販売されています。よりリアルさを求める人は、一緒に用意してみましょう。

  • 商品名:GSIクレオス ガンダムマーカー AMS124 ガンダムマーカーアドバンスセット 塗装用マーカー
  • 価格:908円(税込)
  • Amazon:商品ページ

極細のスミ入れペンも

ガンプラの凹線スジ彫りや、窪みの部分に使うことでメリハリをつけて立体感を強調する『スミ入れペン』も販売されています。無塗装パーツの上からであれば、消しゴムで消せる手軽さや、3色のバリエーションがあり表現豊かにアレンジできるのもポイントです。

  • 商品名:GSIクレオス ガンダムマーカー AMS122 流し込みスミ入れペンセット
  • 価格:817円(税込)
  • Amazon:商品ページ

ツヤ消しタイプもあるタミヤのペン

ペン塗装に使えるペンは、タミヤからも販売されています。各種模型、工作、プラモデルに使えるタミヤのペンの特徴をチェックしてみましょう。

ベーシックなカラーラインナップ

タミヤのペンは黒、白、赤などベーシックなカラーラインナップが用意されています。ベーシックなカラーラインナップこその発色の良さは、塗装へのオリジナリティを求める人にピッタリです。

また、ツヤ消しタイプのものも販売されており、質感まで思い通りにペイント可能です。

  • 商品名:ペイントマーカー XF-1 フラットブラック
  • 価格:470円(税込)
  • Amazon:商品ページ

金属にも塗れる

最大の特徴とも言えるのが、木材やプラスチックなどだけではなく『金属やガラス』にも塗装ができる点です。多数の材質に対応できるので『プラモデルの材質』を選ばず手軽に使えます。

クリアパーツの塗装や、金属パーツの塗装をするときには便利なので覚えておきましょう。

本格塗装に。ガイアノーツのペン

ペン塗装でも本格的に塗装した人におすすめなのがガイアノーツのペンです。塗装はもちろんのこと、スミ入れ、汚し表現などに使えるペンも用意されています。スタンダードカラーからメタリックカラーまで揃っている点も優秀です。

メタリックカラーがおすすめ

メタリックカラーは、メッキ調の美しい表現ができるタイプです。発色が良く、使い方次第では、汚し表現にも使える汎用性も注目されています。メタリックの粒子がとても細かく、塗りムラが目立ちにくいのもポイントです。

メタリックカラーによる重厚感は、リアリティを引き立てることからガンプラでも重宝します。ただし、そのまま塗ると下地のアラが目立つこともあるので、下地処理を念入りにしておくのがおすすめです。

  • 商品名:Pebeo 不透明油性ペイントマーカー 4アーティスト マーカー 2mm
  • 価格:520円(税込)
  • Amazon:商品ページ

ベーシックカラーは美しい光沢感

ベーシックカラーは美しい光沢感と、発色の良さが人気のカラーです。塗りムラが少しできやすいですが、スミ入れにはあまりムラを感じない仕上がりで細かい作業に向いています。ブラックはリタッチ用に良く使われ、ホワイトはスミ入れ向きと言われているので用途に合わせて用意してみましょう。

初めての塗装や細かい部分の塗装に便利

ペン塗装は、塗装をした経験がない人や細かい部分の塗装に便利なアイテムなので熟練者も使っています。塗装はオリジナリティとリアルさを引き出すポイントなので、自分で使いやすいものを何度も挑戦して見つけるのが大切です。

まだ塗装をしたことがない人は、ペンタイプで初めてみるのはいかがでしょうか。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME