釣り用リュックは収納抜群で動きやすい。おすすめのリュックはコレ

2019.03.03

機能性に優れたリュックが1つあれば、必要な道具を全部入れて釣りに行けるでしょう。自分のニーズに合ったものを選べば、使い勝手は抜群です。今回はリュックのメリットや、おすすめを紹介します。釣り用リュックを選ぶときの参考にしてください。

釣り用リュックの魅力は?

なんといっても、リュックを使用する1番のメリットは両手が使えることでしょう。両手が空けば、足場が悪い場所でも安全に移動や釣りができます。また、両肩にバランスよく重さがかかるので、荷物をたくさん運びやすいのもメリットです。

両手を自由に使って釣りができる

両手が自由に使えれば動きの自由度が高まるため、より安全で快適な釣りが可能です。

例えば、足場の悪い場所で体勢を崩してしまっても、両手が使えれば体を支えられるでしょう。また、仕掛けを準備する繊細な作業も、両手が使えるとラクにできます。

安全のためにも、快適さのためにも、両手が空くリュックは役立ちます。

渓流釣りなど足場が悪い場所で活躍

リュックが特に活躍するのが、渓流釣りです。

渓流釣りは、山間部の川で行う釣りです。そのため、移動する場所は、高低差があったり、小石が多かったり、足場の悪いポイントがたくさんあります。加えて、釣り道具とクーラーボックスといった大荷物を抱えていかなければいけません。

リュックで釣り道具を持っていけば、足場の悪いポイントでも両手が空くので、安全に移動できます。釣りを始めるときも、両手を使えるので、無理なく仕掛けを投げ込めるのです。

比較的大容量の荷物も収納できる

たくさんの道具を無理なく持ち運べるのも、リュックの魅力です。同じ量の荷物を持ち運ぶとき、片方の肩に重さがかかるショルダーバッグより、両方の肩に重さが分散されるリュックの方が、軽く感じます。

釣りは状況に合わせて道具を使い分けることも大切です。そのため、大容量のリュックで釣り道具をたくさん持ち運べるのは、釣果にもつながります。

左右のバランスが取りやすくなるのも、リュックの特徴です。両肩にバランスよく負担が分散されるので、つまずいたときに荷物の重さでバランスを崩す、といった危険を減らせます。

釣り用リュックのメリットデメリット

さまざまな魅力を持つリュックですが、メリットだけでなくデメリットもあります。リュックを釣りに使うメリット・デメリットを知り、利用シーンを検討しましょう。

収納性と機動性のバランスがよい

リュックのメリットは、『たっぷりの収納と機動性が両立していること』です。

釣り用リュックは多機能なものがたくさん販売されています。ロッドホルダー付きのもの、リール収納専用のスペースがあるもの、ルアーケースが収納しやすいサイズになっているものなど、釣り道具を快適に収納できるのです。

その上、背負ってしまえば移動はラクに行えます。足場の悪い場所でも両手を使えるので、より安全です。

釣り具を頻繁に出し入れするには向かない

リュックのデメリットは、『釣り道具の出し入れがさっとできないこと』です。背負ったまま荷物を出せないのでリュックを下ろさなければいけません。

そのため、頻繁に道具を出し入れするタイプの釣りには向いていないでしょう。また、短時間で釣り場を移動するスタイルの場合にも、リュックを背負ったり下ろしたりが面倒に感じるかもしれません。

おすすめの釣り用リュック

釣り用リュックはさまざまな種類があります。便利な機能が付いていて使い勝手抜群のリュックもあるので、選ぶときの参考にしましょう。

竿用ベルトあり シマノシステムバッグXT

『シマノシステムバッグXT』は、竿やリール・天秤など、収納しにくい道具を効率的にしまえるのが魅力です。

竿はベルトループで固定でき、天秤はサイドポケットにぴったり収まります。リールを収納するスペースは、プロテクターや補強クッションがあり、繊細なリールを守れる作りになっているのです。

防水機能のある生地で作られているので、釣り場での使用時も荷物を水濡れから守ります。

チェストベルト付きで、背負うとぴったり体に寄り添うのもポイントです。荷物の重さを感じにくく、たっぷり収納してもラクに持てるでしょう。

  • 商品名:シマノシステムバッグXT
  • 価格:1万6138円(税込)
  • Amazon:商品ページ

ロッド、タモが入る ダイシステマ渓流20(F)

『ダイシステマ渓流20(F)』は、渓流釣りに必要なアイテムを効率よく収納できるように設計されたリュックです。釣った魚を入れるウエストクリール・竿をしまうロッドケース・荷物を入れるリュックが1つになっています。

タモ網の収納用ポケットも付いているので、これ1つで渓流釣りに必要なアイテムを収納できるでしょう。

それぞれの収納スペースはしっかり道具を保護できるクッション構造になっており、ロッドケースもハードインナープロテクター付きで、移動中の破損を防ぎます。

また、ウエストクリールは丸洗いできる作りなので、使用後のお手入れがしやすいのも魅力といえます。

  • 商品名:ダイシステマ渓流20(F)
  • 価格:9987円(税込)
  • Amazon:商品ページ

カッコよく安い アブガルシアシステムバックパック

『アブガルシアシステムバックパック』は、使い勝手のよさ・リーズナブルな価格・ファッション性を兼ね備えたリュックです。

フックや重りを収納できるクリアポケットや、ワームを収納できるファスナー付きポケットなど、小物をすっきり持ち運べる収納が充実しています。リュック内部は上下に分けて使えるので、荷物を無駄なくしまえる作りです。

別売りのアタッチメントが充実しているのも特徴です。購入すれば、ロッドホルダーやボトルホルダー・ポーチなどを取り付けて、カスタマイズできます。

  • 商品名:アブガルシアシステムバックパック
  • 価格:8567円(税込)
  • Amazon:商品ページ

あると便利?ちょっと変わったリュック

たくさんの荷物を収納するのに便利なリュックですが、それだけではなく、プラスアルファの機能が搭載されたリュックがあるのをご存知でしょうか?普通の釣り用リュックとは一味違った、あると便利な機能付きリュックをご紹介します。

椅子付きリュック

椅子とリュックが一緒になった椅子付きリュック『イスパック』は、長時間の釣りにも便利です。釣りを立ったまましているとどうしても疲れてしまうため、ちょっと腰かける場所があるとラクに釣りが楽しめます。

専用の椅子を持っていったり、丈夫なクーラーボックスに座ったりすることもありが、もっと荷物を減らして身軽に釣りをしたいときには、椅子付きリュックがおすすめです。

たっぷりの道具を入れて持ち運べるリュックのよさはそのままに、椅子の便利さもプラスできます。

  • 商品名:[イスパック]リュックサック リュック HQXL 36リットル 大型 ISPACK 3WAY
  • 価格:1万5508円(税込)
  • Amazon:商品ページ

リュック型クーラーボックス

クーラーボックスは大きな荷物になります。かさばりますし、重さもあるので、持ち運びに不便です。リュック型のクーラーボックスは畳めるためかさばらず、軽いので持ち運ぶのに邪魔になりません。

荷物をできるだけ軽く、少なくしたいときにおすすめです。

軽いからといって保冷力が弱いわけではありません。ソフトクーラーではありますが、氷を24時間保冷できる機能を備えています。コンパクトでありながら、魚の鮮度を保持しつつ持ち帰れるのです。

  • 商品名:ICEMULE(アイスミュール) 防水 保温 サック プロクーラーL 【日本正規品】 59416
  • 価格:1万5660円(税込)
  • Amazon:商品ページ

収納の多彩さと機動力がリュックの魅力

リュックは収納力の高さと、両手が空くことによる体の動かしやすさが最大のメリットといえるでしょう。収納力のあるリュックが1つあれば、それだけで釣りに行けます。

荷物を背負うと両肩に均等に重さが分散されるので、重さが負担になりにくいのも特徴です。また、両手が空くので、転倒したときの安全確保もしやすくなります。

釣り専用に作られたリュックであれば、より荷物を効率よく収納することが可能です。たっぷりの荷物をラクに持てるリュックで、身軽に快適に釣りに出かけましょう。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME