ラグビースパイクの失敗しない選び方。素材やポジションを考慮しよう

2019.03.01

さまざまな種類が展開されているラグビースパイクですが、その選び方にはポイントがあります。素材やポジションによって向いているスパイクは異なり、メーカーによってもその特徴が変わります。失敗しない選び方について見ていきましょう。

ラグビースパイクには2種類ある

基本的に防具をつけないで行われるラグビーにおいて、唯一選手が装備できるのが『スパイク』です。

複数のメーカーからさまざまなモデルのスパイクが登場していて、それぞれに特徴が異なります。

そんなラグビーのスパイクですが、大きく分けると2種類あり、その違いは、靴裏についている『スタッド(※)』にあります。それぞれにどのような違いがあるのか、チェックしてみましょう。

(※ スパイク裏側についた突起。地面に刺さるトゲの部分)

踏ん張りの利く取り替え式

まず、スタッドがネジ式になっていて、取り替えることができるのが『取り替え式』です。取り替え式には、二つのメリットがあります。

一つ目は、踏ん張りが効くという点です。取り替え式のスタッドは、スタッド自体が長いため、そのぶん、地面に力強く突き刺さります。その結果、滑りにくくなり、足が地面を捉えやすくなります。

二つ目は、雨の日でも滑りにくいという点です。スタッドの形状が細長いため、固定式に比べると付着した泥が落ちやすくなっています。そのため、雨の中でもスパイクの持つ機能性は保たれます。

デメリットとしては、地面との接地面が小さいため足への負担が大きいという点があげられます。

足の裏の負担が少ない固定式

次に、スタッドが靴裏に固定されていて、取り外すことができないタイプを『固定式』と呼びます。

取り替え式は、スタッドが消耗しやすいという特徴があり、頻繁にスタッドを交換する必要がありますが、固定式であればこのようなわずらわしさはありません。

また、スタッド部分が太めに作られているため、足が疲れにくいというのも魅力的です。長距離を走るときなどは、固定式の方が適していると言えるでしょう。

デメリットとしては、踏ん張りが効きづらく滑りやすい点です。これはスタッドの形状による問題なので、滑りにくさを追求するのであれば取り替え式の方が適していると言えます。

スタッドごとのメリットデメリット

ここからは、スタッドの特徴を見ていきましょう。スタッドにも素材ごとに特徴があり、いろいろな素材のものから選べます。

代表的なスタッドをまとめたので、どのような特徴があるのか見ていきましょう。

アルミ製スタッド

一般的なスタッドとして親しまれているのが『アルミ製スタッド』です。取り替え式のスパイクを購入すると、だいたいアルミ製のものが付けられています。

ほかの素材に比べて地面に刺さりやすく、グリップ力があります。また、100個などでまとめ売りされているため、経済的にも優しいのが魅力的です。

しかし、スタッド一つ一つの重量が重たいというデメリットがあります。重いので地面に刺さりやすいのですが、足への負担はそれだけ大きくなってしまいます。

ナイロン製スタッド

素材がナイロンでできているスタッドが『ナイロン製スタッド』です。中には、樹脂でできたスタッドも含まれます。

アルミ製のスタッドに比べると軽量なため、足への負担も少なくスピードを活かしたプレーに向いているスタッドだと言えます。軽量でありながら、固定式に比べるとグリップ力もあるのが嬉しいポイントです。

しかし、雨が降っていたり、芝が深いグラウンドだったりすると滑ってしまうという特徴もあります。そのため、グラウンドの状態によってはその機能を発揮できない場合があります。

コンビスタッド

アルミ製の芯の周りを、ナイロンで覆ったタイプのスタッドが『コンビスタッド』です。コンビスタッドは、別名『スティールトップスタッド』とも呼ばれています。

アルミ製とナイロン製のちょうど中間的な性能を発揮してくれるのが特徴で、アルミ製よりは軽く、ナイロン製よりもグリップ力が高いという魅力があります。

そのため、アルミ製よりは滑りやすくナイロン製よりも重いため、足に負担がかかりやすいというデメリットもあります。

サッカースパイクで代用できる?

ラグビーのスパイクと形状が非常に似ているのが、サッカーのスパイクです。

実際にラグビーをプレーするときに、サッカースパイクを使ってプレーすることは可能なのでしょうか?

サッカースパイクで問題なくプレーできるのか、チェックしてみましょう。

代用することは可能

結論からいうと、サッカーのスパイクでプレーすることは『可能』です。特に、中学生までは、サッカースパイクのみでも問題なくプレーできると言われています。

サッカースパイクはラグビーのものに比べるとバリエーション豊かで、価格帯も幅広くそろいます。そのため、自分のニーズに合わせて選ぶことができるというのも魅力的です。

また、サッカーのスパイクは、足でボールをコントロールするため、ボールタッチの感覚がわかりやすく設計されています。ラグビーでもボールをキックすることが多い後衛の選手は、プロでも練習の際に使用しているという例もあります。

サッカースパイクだと消耗が早い

ラグビーとサッカーのスパイク、両者の一番の違いは『頑丈さ』だと言えます。ラグビーの方がサッカーに比べると激しくぶつかり合うスポーツなので、スパイクの作りも頑丈に作られています。

そのため、サッカーのスパイクを試合で使用し続けると、ラグビーに比べると消耗が早くなってしまうのは仕方のないことです。

試合の際はラグビー用のスパイクを履き、キックの感覚を掴みたいときにサッカー用のスパイクを使用するなど、うまく使い分けるとよいでしょう。

ラグビースパイクの選び方

実際にスパイクを選ぶときには、どのような点に着目して選べばよいのでしょうか?

ラグビーのスパイクを選ぶときには、いくつかのポイントがあります。ポイントをしっかりおさえた上で、自分にぴったりのスパイクを選べるようにしましょう。

ポジションから選ぶ

ポジションごとに使用するスパイクを変えるのが、ラグビーでは一般的です。例えば、フォワードのポジションをする選手は、取り替え式のスパイクでなければ力を発揮できません。

フォワードの選手は、試合中スクラムを組んで前衛で相手チームとぶつかり合うシーンが多くあります。そのため、グリップ力のあるスパイクを使用する必要があります。

その反面、バックスの選手の場合は、基本的に固定式のスパイクで問題なくプレーできます。バックスの選手は前衛の選手に比べると、走るプレーが基本となるので、できるだけ足に負担の少ない固定式のスパイクの方が向いています。

素材から選ぶ

素材からスパイクを選ぶという方法もあります。素材は大きく分けて二つ『人工皮革』と『天然皮革』です。

人工皮革は、その耐久性が魅力で、丈夫で壊れにくいので長持ちします。雨に当たっても皮が硬くならないため、靴の手入れが非常に簡単で使いやすいです。

天然皮革の魅力は、何と言ってもそのフィット感です。最初は皮が硬いため少し履きづらく感じるかもしれませんが、履いているうちにどんどん足になじんできます。

牛革・カンガルー・レザーなど素材の種類も豊富なので、自分で好きなものを選べるのも魅力的です。

プレーするグラウンドから選ぶ

ラグビーの試合は、土・人工芝・天然芝の三つのグラウンドで行われるため、それぞれのグラウンドによって、スパイクにも適したものがあります。

土のグラウンドは、芝に比べて地面が硬いです。そのため、固定式のスパイクを選んで、できるだけ足の負担を減らすとよいでしょう。

人工芝のグラウンドには、芝が柔らかく長いという特徴があります。そのため、踏み込むときに足に負担がかかりやすいです。

そのような負担を軽減するためにも、スタッドが多めについていて接地面が広くなるようなスパイクを選ぶのがポイントです。

天然芝は人工芝の逆で、芝が短くて硬いという特徴があります。地面からの反発が少ないため、グリップ力の高いスパイクを選んでも足への負担がかかりにくいです。

これらを考慮すると、取り替え式の中でもスタッドの数が少ないスパイクが適しています。

値段をチェックすることも大事

ラグビーのスパイクは、丈夫に作られているとは言え消耗が激しいです。そのため、使う頻度が多いと、一足の寿命が大体3~6カ月程度だと言われています。

価格帯にも開きがあり、安いものだと6000円程度から購入できて、高いものだと2万円くらいのものもあります。

値段に関しては、高いからよいというものでもありません。自分にあっていれば、値段が安くても十分効果を発揮してくれます。

自分が使用する頻度を考慮した上で、年に数回買い換えても問題ないようにスパイクを選びましょう。

ラグビースパイクを販売している主なメーカー

ラグビースパイクは、どのようなメーカーから販売されているのでしょうか? メーカーごとに独自の技術を駆使したスパイクがあり、それぞれの特徴が異なります。

代表的なメーカーを紹介するので、気になるところを見つけて、スパイク選びの参考にして見ましょう。

アディダス

世界的なスポーツブランドとして有名な『アディダス』からは、さまざまなスポーツのシューズが販売されています。ラグビーもその中の一つです。

アディダスのスパイクの特徴は、そのデザインのかっこよさにあるでしょう。プロの選手も多く着用していて、そのイメージは、おしゃれでかっこいいです。

海外のブランドですが、日本人が履いても問題ない履き心地を誇っています。その点は、さすが世界的なスポーツメーカーと言えるでしょう。デザインと機能性、両方をバランスよく追求したなら、アディダスのスパイクがよいでしょう。

【adidas公式通販】ラグビー|アディダス オンラインショップ

ミズノ

日本製のメーカーとして愛されているのが『ミズノ』です。ミズノのスパイクは、日本人の幅広な足に合うように設計されているため、成長期の学生が履いても、足への負担が少なく安心して使用できます。

価格帯も良心的で、高いものはそれなりにしますが、手頃な価格が多く揃っているのも魅力的です。

ラグビー│ミズノ

アシックス

ミズノと同様、日本人の足に合わせてスパイクを設計しているのが『アシックス』です。アシックスの技術力は、国内だけに止まらず、海外でも信頼を得ています。

使用感の良さと耐久性が両立しているスパイクが多く誕生しているので、一足を長く使いたい人にオススメのブランドだと言えます。

【ASICS公式通販】メンズ ラグビースパイク・シューズ|アシックス オンラインストア | ASICS

フォワード向けのラグビースパイク

ラグビーのスパイクを販売しているメーカーについて代表的なところを取り上げてきましたが、より具体的に、ポジションごとにおすすめのスパイクを紹介していきます。

メーカーごとに魅力が異なり、同じポジション向けのスパイクの中でも性能が異なるので、より自分が求めている機能を追求することができます。各メーカーの中でも特に人気の高いモデルをまとめたので、早速チェックしていきましょう。

MIZUNO ラグビーシューズ ワイタンギCL

扁平足や幅広の足でも問題なく使用できる4E設計を採用しているのが、MIZUNOから発売されている『ラグビーシューズ ワイタンギCL』です。

ワイタンギ CLは、取り替え式のスパイクでグリップ力が高く、特にフォワードの選手向きのスパイクだと言えます。前足部の屈曲性が高いため、前傾姿勢でも問題なく踏ん張ることができ、スクラムを組むときにもグリップ力を発揮してくれます。

アッパーには人工皮革が採用されているため、耐久性も申し分ないスパイクとして人気を集めています。

  • 商品名:ラグビーシューズ ワイタンギ CL
  • 価格:10,584円(税込)
  • Amazon:商品ページ

adidas ラグビーシューズ カカリSG

耐久性と安定性が持ち味のスパイクが、adidasの『ラグビーシューズ カカリSG』です。アルミ製のスタッドが付けられた取り替え式のスパイクで、その強靭な本体とグリップ力が魅力です。

アッパーには、耐久性とフィット感を両立した合成皮革が採用されているため、抜群の履き心地と、激しいプレーにも負けない頑丈さが魅力のスパイクに仕上がっています。

  • 商品名:ラグビーシューズ カカリSG
  • 価格:7,760円(税込)
  • Amazon:商品ページ

ASICS ラグビー スパイク TIGERRUG EX-JP 2

履いている人の足に合ってくるスパイクが、asicsの『ラグビー スパイク TIGERRUG EX-JP 2』です。足首部分に低反発フォームが搭載されています。そのため、使うたびに足にフィットしてきて、履き心地は抜群です。

取り替え式のスパイクですが、スタッドがコンビスタッドなので、どのポジションの選手でも使用できるモデルです。

  • 商品名:ラグビー スパイク TIGERRUG EX-JP 2
  • 価格:14,287円(税込)
  • Amazon:商品ページ

バックス向けのラグビースパイク

フォワード向けのスパイクの次は、バックス向けのスパイクについて見ていきます。フォワードとは違った性能が求められるため、スパイクの特徴もさまざまです。

どのようなスパイクがあるのか参考にしてみましょう。

adidas ラグビーシューズ マライス SG

フィット感重視で柔らかな素材を採用しているのが、adidasの『ラグビーシューズ マライス SG』です。取り替え式と固定式のスタッドがミックスされた、ハイブリットアウトソールの形状をしています。

そのため、安定性も高いというのが魅力の一つです。ボールをキックスする際のスポットを拡大しているため、キック時のボールコントロール性能も非常に高く、安定感のあるプレーをできます。

  • 商品名:ラグビーシューズ マライス SG
  • 価格:9,709円(税込)
  • Amazon:商品ページ

adidas ラグビーシューズ プレデターフレアー SG

縫い目とつなぎ目がないシームレス構造で作られているのが、adidasの『ラグビーシューズ プレデターフレアー SG』です。シームレス構造により、スパイクのフィット性が抜群の本作では、素材も超軽量のものが使われています。

そのため、スピード感ある走りが求められるバックスの選手にはぴったりのスパイクだと言えるでしょう。デザインも他のメーカーのスパイクに比べ斬新なので、人と被りたくない人でも満足できる一足に仕上がっています。

  • 商品名:ラグビーシューズ プレデターフレアー SG
  • 価格:17,280円(税込)
  • Amazon:商品ページ

MIZUNO ラグビーシューズ サムライスピード 2

MIZUNO独自の環境基準であるミズノグリーングレードをクリアしたスパイクが『ラグビーシューズ サムライスピード 2』です。

その魅力はスパイクの軽量性で、280gというスピードを重視したい選手にぴったりのスパイクになっています。定番モデルのため、ラグビーを始める初心者でも安心して使用できるモデルです。

  • 商品名:ラグビーシューズ サムライスピード 2
  • 価格:13,824円(税込)
  • Amazon:商品ページ

スパイクの特徴と自分にあうものを知ろう

ラグビーのスパイクには、さまざまな種類があり、それぞれ特徴が異なります。素材によってフィット感が違ったり、メーカーによっても機能性が異なったりします。

サッカーのスパイクで代用することも可能ですが、耐久性を考えるとラグビー用のスパイクを購入したほうがよいでしょう。

たくさんあるスパイクの中から自分にぴったりの一足を見つけて、プレーの質を上げていきましょう。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME