バーに一人で行ける男はとってもクール。楽しみ方やマナーを伝授

2019.02.27

お酒が好きな大人のちょっとクールな時間の過ごし方の1つが、バーでの一人飲みです。カクテルを片手に一人で過ごしたり、隣りに居合わせた人との会話を楽しんだり、あるいは、女性との出会いもあるでしょう。バーでの楽しみ方やマナーを伝授します。

大人の男にはバーの一人飲みがおすすめ

大人の男性が一人で物思いにふけりながら、カクテルグラスを傾ける姿はなかなかクールなものです。

居酒屋で和気あいあいと飲むのも楽しいですが、ひっそりと、そしてゆったりとお酒と場の雰囲気を楽しめるバーの一人飲みについて紹介します。

自分だけの時間をゆったり過ごせる

バーでの一人飲みはまず何よりも『誰にも邪魔されずに自分のペースでお酒を楽しめるひととき』です。そこには時間に追われるわずらわしさも、人間関係のしがらみもありません。

ひたすらゆったりと、時にはバーテンダーやマスターのお酒談義に耳を傾けたり、洒落た会話をしたりなど、一人の時間をお酒とともに過ごせるのがバーというものです。

新しい出会いや情報収集の場に

バーには新しい出会いがあります。隣りに居合わせた人との会話が弾めば『共通の話題を見つけて情報交換』も楽しめます。

また『女性との出会いの可能性』もあるでしょう。ガツガツせずに「縁があれば」ぐらいのスタンスで、見知らぬ女性との対話を楽しみましょう。

いきなり声をかけにくくても、マスターやバーテンダーという緩衝材を介して、自然に話が盛り上げられるのも、バーの面白さの1つです。

気をつけたい一人バーのマナー

一人バーは自分だけの時間であると同時に、同じ場所・同じ時間を共有する人たちへの配慮を欠くことはしないようしましょう。

バーで一人で飲むときに、気をつけたいマナーを確認していきます。

飲みすぎはお店の迷惑に

バーは決して『むさぼり飲む場所』ではありません。穏やかで知的にお酒を楽しむ、大人の空間です。飲みすぎて場の雰囲気を損ねるようでは、大人の振る舞いとはいえません。

その場にいるお客さんにも迷惑なうえ、何よりもバーの品位を下げてしまう可能性があります。お店の人に迷惑がかかってしまうため、自分の適量を知っておくことがバーでの一人飲みには不可欠です。

スマホだけに時間を使わない

一人バーは基本的に『手持無沙汰を楽しむ時間』でもあります。少しでも空いた時間ができると、誰しもスマホを触ってしまいがちです。

悪いことではないのですが、そればかりになるとお洒落な過ごし方とはいえません。

一人飲みの時ぐらいはスマホをいじるのもほどほどにしておいて、頭をからっぽにしてグラスをボーっと見つめたり、バーテンダーの仕事ぶりを愛でたりする方がバーらしい過ごし方になるでしょう。

周りのお客さんへの迷惑行為は避ける

周りにも自分と同じく、お酒と時間と空間を味わいに来ている人たちがいることを忘れてはいけません。

『大きい音や声』は禁物で、『携帯電話で話す』などはもってのほかでしょう。

居酒屋では許されることでも、バーでは違います。あくまでも周りのお客さんへの配慮を忘れない人こそが、バーを楽しめる『大人の条件』を備えているのです。

バーでは大人の振る舞いを忘れずに

バーでの一人飲みは、男を磨きながら美味しいお酒とともに過ごせるひとときです。

『大人としての振る舞いがそのままマナーになる』そんな空間で、新しい出会いや洒落た会話を、マスターおすすめのカクテルを飲みながら楽しみましょう。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME